炎の料理人

f:id:hgo687:20191014144148j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 突然だけど、男らしい料理と言ったら何を思い浮かべるッスか?w」

敗吐「…俺が個人的に思う男らしい料理と言ったら、やっぱ炒飯ッスwww」

f:id:hgo687:20191014144419j:plain

敗吐「…というわけで、今回は俺が改造したコンロの最大火力で具材を炒めて、世界一美味しい炒飯を作るッスよ!w」

敗吐「それじゃあ、スイッチオン!w」

f:id:hgo687:20191014144658j:plain

ゴォォォォォォォォォォ

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

〜1分後〜

 

f:id:hgo687:20191014144805j:plain

リンク「おい! 今さっき誰かの叫び声が聞こえたが、大丈夫か!?」

f:id:hgo687:20191014144853j:plain

敗吐「あ、多分その叫び声は俺ッス!w コンロの火力を上げすぎてちょっとえらい目に遭ったッスが、まあ見ての通り大丈夫ッスよ!w」

リンク「いやいやいや、大丈夫じゃないだろ!」

f:id:hgo687:20191014145124j:plain

敗吐「そんなことより、さっき炒飯を作ったから食べてくれないッスか?w」

リンク「チャーハンよりも、自分の身体のことを心配しろよ!?」

 

以上です。