バナナの皮

f:id:hgo687:20191018142705j:plain

千歌「海未師匠! 今日は今まであなたに教わってきたことを生かして、師匠を超えてみせます!」

f:id:hgo687:20191018142814j:plain

海未「いいでしょう。 ならば、私を殺すつもりで本気でかかってきなさい!」

f:id:hgo687:20191018143001j:plain

ヒト「ショーかなんかをやっているかと思ったら、まさかガチの対決ですか!?」

マリオ「そうみたいだね…。 二人とも、いつになく真剣だし。」

敗吐「うめぇ、うめぇ!w このバナナ、めっちゃ美味いッスwww」 バクバクバク

f:id:hgo687:20191018143218j:plain

千歌「行きますよ! たぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

ヒト「す…凄い…!! 剣を振る速度が速すぎて、全然見えない…。」

f:id:hgo687:20191018143407j:plain

敗吐「あ、もう中身が無くなってしまったッス…w なら、この皮はそこら辺にポイするッスよ!w」 ポイッ

f:id:hgo687:20191018143711j:plain

ペチャッ

ツルッ

千歌「へ?」

f:id:hgo687:20191018143833j:plain

千歌「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

ドテ-ン

敗吐「こいつ、バナナの皮ごときで滑りやがったッスよwww 無様ッスねーwwwww」

f:id:hgo687:20191018144008j:plain

千歌「ううううう…。 痛い…。」

スッ

海未「チェックメイトですよ、千歌。」

f:id:hgo687:20191018144102j:plain

海未「…全く、バナナ皮で滑って転ぶとは情けないですね。 しかも、その拍子に肩の部分の衣装が破れているではありませんか…。」

千歌「あっ、ホントだ…。 師匠すみません、私の修行不足でした。」

海未「…まあ、次は頑張ってくださいよ?」

千歌「はい…。」

f:id:hgo687:20191018144450j:plain

マリオ「…なんか、あっけなく終わったね。」

ヒト「もう少しいい感じの試合が見れると思いましたけどねぇ…。」

敗吐「ま、普通こんなもんッスよ!w …それじゃあ、俺はここで帰ることにするッスw」

f:id:hgo687:20191018144817j:plain

敗吐「お前らも帰る時は気をつけろッスよーw」

マリオ「敗吐君、足元!」

ツルッ

敗吐「…え?」

f:id:hgo687:20191018145047j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

バビュ-----ン!!

f:id:hgo687:20191018145131j:plain

ヒト「ええええええええええ!?」

マリオ「自分が気をつけなくてどうするの!」

海未「…ん? 確かあっちの方には、TNTがあったような気が…。」

f:id:hgo687:20191018145350j:plain

マリオ「まずい、止めなくちゃ!」

ビュ------ン!!

海未「だ…駄目です、もう間に合いません!」

f:id:hgo687:20191018145458j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20191018150018j:plain

マリオ「…敗吐君、大丈夫かい?」

ヒト「し…死んでる…。 …まあ、いつものことだから騒ぐ程のことではないですね。」

 

 

…こうして敗吐はまぬけな死に方をした人物として、未来永劫ネット上で語り継がれるのであった。

以上です。