拒否できない選択肢

f:id:hgo687:20191019222709j:plain

村長「おお、勇者よ! よくぞ来てくれた。」

マネキン「ゆ…勇者!? …それで、村長何用ですか?」

村長「じつは、君に頼みたいことがあるんだ。」

f:id:hgo687:20191019222849j:plain

村長「ご存知の通り、悪い魔王がこの世界を乗っ取ろうとしておる。 そこで、君にはその魔王を倒してきてほしいんだ。」

マネキン「…つまり、俺に魔王討伐しろと?」

村長「そうじゃ。 …それでは勇者よ、魔王討伐に行ってもらえるかな?」

f:id:hgo687:20191019223200j:plain

マネキン「えー、面倒くさいですよ。 それに、俺は勇者じゃありませんし…。」

村長「うーん、全然聞こえないのぉ。」

f:id:hgo687:20191019223448j:plain

村長「…それでは勇者よ、魔王討伐の旅に行ってもらえるかな?」

f:id:hgo687:20191019223627j:plain

マネキン「いや…だから、俺は勇者じゃないから魔王討伐に行けませんってば!! 本物の勇者に頼んでくださいよ!」

村長「うーん、全然聞こえないのぉ。」

f:id:hgo687:20191019223937j:plain

村長「…それでは勇者よ、魔王討伐の旅に行ってもらえるかな?」

f:id:hgo687:20191019224024j:plain

マネキン「ああ、もう! だーかーらー、それはできないって何度も言ってるじゃないですか!!」

村長「うーん、全然聞こえないのぉ。」

マネキン「(クソッ…、これはRPG作品特有の"はい"と答えるまで永久に会話が終わらないやつか! こうなったら…。)」

f:id:hgo687:20191019224411j:plain

マネキン「無限ループの元凶である村長を始末するまでだ! 喰らえ、村長!!」

ド-ン

f:id:hgo687:20191019224543j:plain

ドカ-ン!!

f:id:hgo687:20191019224610j:plain

ヒト「ああああああ、なんて事を…。」

アスナ「ちょっとあなた! 行きたくないからって、それは無いでしょ!?」

f:id:hgo687:20191019224809j:plain

マネキン「あーっはっはっは! これで、俺は無限ループから解放されたぞ!!」

マネキン「村長がいなくなれば、俺は魔王討伐の旅に行かなくて済むからな。 あー、スッキリしたぜ!」

f:id:hgo687:20191019225234j:plain

村長「…それでは勇者よ、魔王討伐の旅に行ってもらえるかな?」

マネキン「ええええええええええ!? (なんで、戦車の榴弾砲を受けても生きているんだよ!? …クソッ、もう諦めるしかない。)」

f:id:hgo687:20191019225348j:plain

マネキン「は…はい、喜んで魔王討伐の旅に行って参ります!」

村長「うむ、いい返事だ!」

f:id:hgo687:20191019225608j:plain

村長「それじゃあ、これはワシからの餞別だ。 大切に使ってくれよ!」

マネキンは、100Gとひのきのぼうを手に入れた!

マネキン「あ、ありがとうございます…。」

f:id:hgo687:20191019225844j:plain

村長「気をつけるんだぞー!!」

マネキン「あ…はい、魔王討伐に行ってきます。」

 

 

…こうしてマネキンは、魔王討伐への旅を無理矢理させられるのであった。

この物語の行く末は、神のみぞ知る…。

以上です。