ゆっくりまんじゅう

f:id:hgo687:20191114133128j:plain

穂乃果「うわーん! せっかくお父さんに実家の和菓子屋で売る新商品のアイデアを任されたのに、全然思い浮かばないよー!!」

穂乃果「どどどどうしようー!?」

f:id:hgo687:20191114134053j:plain

でいぶ「おいっ、そこのくそにんげん!!」

でいぶ「このいだいなるでいぶさまにあまあまをわたして、さっさとしんでね! いますぐでいいよ!」

f:id:hgo687:20191114134259j:plain

穂乃果「あーもう、最悪だよ。 なんでこんな時に限って、ゆっくりに絡まれるのかなぁ…。」

でいぶ「ゆうん? くそにんげんは、でいぶさまのことばがりかいできないのかなぁぁぁぁぁぁ?」

穂乃果「…ん、ゆっくり? (いや、待てよ…。 確かゆっくりって、お饅頭だったよね?)」

f:id:hgo687:20191114134731j:plain

穂乃果「あっ、これだ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20191114135046j:plain

穂乃果「…という経緯があって出来たのが、この一口サイズのお饅頭だよ!」

f:id:hgo687:20191114135243j:plain

花陽「はわぁー、これが穂乃果ちゃんお手製の饅頭なんですね! …あ、結構ぷにぷにしてる。」

ダイヤ「…しかし、ゆっくりから新商品のアイデアを思いつくとは、ぶっ飛んでますわね。」

穂乃果「あはは…。 にこちゃん達にも同じことを言われたよ…。」

f:id:hgo687:20191114135606j:plain

饅頭(でいぶ)「(ゆぎぎ…。 でいぶざまをごんなめにあわぜだあのぐぞばばあは、ぜったいにごろじてやるぅぅぅぅぅぅぅぅ。)」

f:id:hgo687:20191114135808j:plain

海未「…ふむ、及第点ですね。 まあ、穂乃果にしては、頑張った方だと思いますよ?」

穂乃果「えっ、海未ちゃんの評価厳しくない?」

海未「当たり前でしょう! これを人前に出すかもしれないのですから。」

f:id:hgo687:20191114140127j:plain

果南「…と言いながら、既に6個も食べているのはどこの誰かなん?」

梨子「えっ…、もう6個も食べたんですか!?」

f:id:hgo687:20191114140256j:plain

穂乃果「おやおや…? あれだけ酷評しておきながらこの中で一番食べてるなんて、さては海未ちゃん、穂乃果の事が好きなんでしょw」 ニヤニヤ

海未「わわわわわわ私が穂乃果の事をすすすすすすすすすす好きだなんて、ありありあり得ませんよ!?」

f:id:hgo687:20191114140758j:plain

梨子「わかりやすい反応ですね。」

果南「はぁ…。 なんか、Aqours(ウチ)の曜を見ているみたいだわ…。」

f:id:hgo687:20191114140938j:plain

ダイヤ「…ところで花陽さん、その饅頭は食べないのですか?」

花陽「はっ、そうでした! 忘れていました!」

f:id:hgo687:20191114141105j:plain

花陽「いっただきまーす。」 パクッ

モグモグ…

饅頭(でいぶ)「(ゆんやぁぁぁぁぁぁぁっ!!)」

穂乃果「どう…かな…?」

f:id:hgo687:20191114141246j:plain

花陽「穂乃果ちゃんこれ、もちもちしてて美味しいです! これなら、絶対に売れますよ!」

穂乃果「本当!? 良かったぁ!」

 

その後このゲスゆっくりを使った饅頭はバカ売れし、社会現象を巻き起こすのであった…。

それが影響したせいか、街や野山のゲスゆっくり達は乱獲され、野良や野生からゲスゆっくりは瞬く間に絶滅しましたとさ。

以上です。