無用の長物

f:id:hgo687:20191203151725j:plain

敗吐「ついに…ついに、完成したッスよ!w」

f:id:hgo687:20191203151804j:plain

敗吐「この最新型のサイキョーなマシンがあれば、世界征服も夢じゃないッスwww」

黄ドクロ「敗吐の兄貴、やりましたねぇ!」

赤ドクロ「確かに一見すると凄そうなマシンだが、まともな攻撃はできるのか? いつも上辺だけで中身がしっかりしてないから、その点が不安だな…。」

f:id:hgo687:20191203152204j:plain

敗吐「大丈夫ッスよ!w 今回はマジでサイキョーな機能が付いているから、いつもみたいに簡単にはやられないッスw」

赤ドクロ「本当か…?」

f:id:hgo687:20191203152524j:plain

敗吐「そんなに疑うんだったら、このマシンのサイキョーな部分を見せてやるッス!w まずはこれ、"ハイパークレーン"ッス!w」

ガシッ

f:id:hgo687:20191203152734j:plain

ブン

ドサッ

敗吐「…このように、人や物を掴んで放り投げることができるッスよwww」

f:id:hgo687:20191203152848j:plain

黄ドクロ「敗吐の兄貴、パない攻撃ッスね!」

敗吐「そうだろうッス?w」

赤ドクロ「うーん…。 でもこれだけじゃ、遠距離から攻撃する相手に手も足も出ないんじゃないか?」

f:id:hgo687:20191203153140j:plain

敗吐「確かにこのクレーンだけだと、遠距離技を使う相手から一方的にやられるだけッスねw …しかしこのマシンには、遠距離相手にも戦えるようにサイキョーな機能が他にも備わっているッスよ!w」

赤ドクロ「それなら、安心だ。」

f:id:hgo687:20191203153412j:plain

敗吐「今それを見せてやるから、お前達はちょっとどいてろッスw」

黄ドクロ「了解!」

赤ドクロ「な…何をする気だ!?」

f:id:hgo687:20191203153627j:plain

敗吐「ロケットパンチ、発射ッス!w」

f:id:hgo687:20191203153740j:plain

バシュ-ン

黄ドクロ「わーっ、飛んだ飛んだ!」

赤ドクロ「ふむ…。 これなら、遠距離相手にも死角はないな。」

f:id:hgo687:20191203153920j:plain

赤ドクロ「…しかし、敗吐よ。 これだけで世界征服するっていうのは、ちと早すぎじゃないか?」

敗吐「…そう言われると思っていたッスw だったら、このマシンに備わっている一番サイキョーな機能を見せてやるッスよ!w」

赤ドクロ「一番サイキョーな機能だと…!?」

f:id:hgo687:20191203154233j:plain

敗吐「そう、一番サイキョーな機能ッスよw」 ポチッ

f:id:hgo687:20191203154352j:plain

黄ドクロ「敗吐の兄貴、今のボタンにはどんな機能があるんですか?」

敗吐「今のボタンは、押すとこのマシンが自爆するように設定されているッス!w」

赤ドクロ「自爆機能!? …今、押したよな?」

f:id:hgo687:20191203154705j:plain

………。

敗吐「ああああああああああああああああああああああああああ!? やばいッス、ついうっかり押してしまったッス!!w」

f:id:hgo687:20191203154819j:plain

『爆発5秒前、4…3…2…1…』

赤ドクロ「マズい、伏せろ!」

黄ドクロ「うわっ!?」

f:id:hgo687:20191203154926j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20191203155011j:plain

黄ドクロ「そ…そんなっ!? 敗吐の兄貴が…。」

赤ドクロ「自爆機能なんて、いらない機能を作るからこうなるんだ。 …自業自得だな。」

 

 

…こうして、敗吐の世界征服は準備段階で幕を下ろすのであった。

以上です。