他人の空似

f:id:hgo687:20191206144032j:plain

梨子「千歌ちゃん、いい加減にしてよ!!」

f:id:hgo687:20191206144114j:plain

梨子「毎回毎回『歌詞は期限までに出しておいてね』…って口うるさく言ってるのに、なんで今回も期限までに出さなかったの!?」

千歌「いつもはそうだけどさ、今回ばかりはそっちが悪いじゃん! 今回の曲はカッコいい系で行くって決めてたのに、梨子ちゃんがポワポワした曲じゃないと嫌だってだだをこねたから、1から作り直しになったんだよ!?」

梨子「で…でも、4日はあったんだよ! 4日あれば充分じゃない!!」

f:id:hgo687:20191206144736j:plain

真姫「普段仲のいいあの二人が口喧嘩するなんて、珍しいわね…。 止めなくていいのかしら…?」

花丸「あれはいつものことずら。 だから、マル達が介入しなくても勝手に終わるずら。」

真姫「ふーん…。」

f:id:hgo687:20191206145141j:plain

千歌「じ…じゃあ、どっちが悪いかここは曜ちゃんに決めてもらおうよ! 曜ちゃんなら、こーへいな立場で判断してくれるからさ。」

梨子「ええ、臨むところよ!」

f:id:hgo687:20191206145322j:plain

千歌「ねえ、曜ちゃん…さっきの話でどっちが悪いと思う? もちろん、梨子ちゃんだよね!?」

梨子「いいえ、違います! 曜ちゃんならわかるわよね、提出期限を守らなかった千歌ちゃんの方が悪いって。」

花陽「えっ、あの…。 私、曜ちゃんじゃなくて、小泉花陽ですけど…。」

f:id:hgo687:20191206145742j:plain

千歌、梨子「「…えっ?」」

f:id:hgo687:20191206145816j:plain

ダイヤ「ぶっぶー、ですわ!」

f:id:hgo687:20191206145859j:plain

ダイヤ「貴女方、スクールアイドルでしょう!? 尊敬するμ'sのメンバーと、同じ仲間であるAqoursのメンバーを見間違えるとは、スクールアイドルの風上にも置けませんわぁ!!」

千歌「ご…ごめんなさい…。」

梨子「す…すみません…。」

f:id:hgo687:20191206150253j:plain

ダイヤ「申し訳ありませんね、花陽さん。 ウチのメンバーが、大変お見苦しいところを見せてしまって…。」

曜「………。」

f:id:hgo687:20191206150410j:plain

曜「私は花陽さんじゃなくて、曜だよ! あれだけ二人に偉そうな事を言っておいて、ダイヤちゃんだって間違ってるじゃん!!」

ドゴォッ

ダイヤ「ぴぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20191206151958j:plain

にこ「…どいつもこいつも花陽と曜を見分ける事が出来ないなんて、馬鹿ばっかりじゃないw」

凛「全くだにゃ! かよちんに失礼すぎるにゃ!」

f:id:hgo687:20191206152342j:plain

凛「ねー、果林ちゃん?」

果南「果南だよ、か・な・ん! 名前は似てるけど、ニジガクの朝香果林ちゃんじゃないから!!」

果南「…というか、凛ちゃんこそ私に対して失礼すぎるじゃないか!」

 

以上です。