マスコットキャラ

f:id:hgo687:20210727150405j:plain

敗吐「おいお前ら、これを見ろッス!w このサイキョーの俺の人気を上げる為に、俺を模したマスコットキャラを作ったッスよw」

敗吐「…その名も、『最強星人 ばいとくん』!! こんな可愛いキャラを作ったから、この俺の人気もうなぎのぼり間違いないッスねーwwwww」

f:id:hgo687:20210727150805j:plain

黄ドクロ「おおっ! 兄貴のマスコットキャラ、凄く良いッスね!」

鞠莉「Wow! 敗吐にしては考えたじゃない!」

f:id:hgo687:20210727151148j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww そうッスよね、この天才でサイキョーの俺が考えたんだから、爆売れする事は約束されたも同然ッス!w」

f:id:hgo687:20210727151455j:plain

千歌「本当にそうかなぁ…? むしろ、全く売れないと思うんだけど…。」

f:id:hgo687:20210727151600j:plain

敗吐「は? 何を根拠に売れないと決めつけてるんッスか?w」

千歌「いやだって…敗吐なんて全く需要ないじゃん。」

f:id:hgo687:20210727151708j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w この俺が需要ないとか、喧嘩を売ってるんッスか?w」

黄ドクロ「兄貴、落ち着いてくださいッス! 紛う事なき事実なんッスから…。」

f:id:hgo687:20210727151909j:plain

鞠莉「そんなに言うんだったら、実際に確かめてみまショウよ! ここを通りかかるフィギュアに尋ねて、欲しいかどうかって。」

f:id:hgo687:20210727152011j:plain

敗吐「…そうッスねwww これで俺の意見が正しいって事を証明できるッス!w」

黄ドクロ「はぁ、兄貴はまた調子に乗って…。」

千歌「こりゃ、だめだ。」

f:id:hgo687:20210727152432j:plain

ドシンドシン

敗吐「おっ、早速誰か来たッス!w」

f:id:hgo687:20210727152517j:plain

敗吐「おい、そこのお前!w この天才でサイキョーの俺が作ったマスコットキャラの『最強星人 ばいとくん』、可愛いだろッス?w」

敗吐「今なら、1万円で特別に譲ってやってもいいッスよ!w」

f:id:hgo687:20210727152836j:plain

クッパ「なんだと!?」

f:id:hgo687:20210727152904j:plain

クッパ「…こんな弱くてみずほらしいマスコットキャラなど、無料<タダ>でもいらんわ!」

ゴオォォォォォ

ばいとくん「テテンチョーーーーーーーーーーw」

f:id:hgo687:20210727153155j:plain

メラメラメラ

敗吐「ああーっ!! この天才でサイキョーの俺が作り上げた、可愛いマスコットキャラがー!!」

f:id:hgo687:20210727153256j:plain

クッパ「フン、ワガハイは気分が悪いから帰る!!」

ドシンドシンドシン

f:id:hgo687:20210727153356j:plain

千歌「ぷっ…くくく、だから言ったのにwww」

黄ドクロ「あちゃー、やっぱこうなるッスよねー。」

鞠莉「でもこれで、どっちの言い分が正しかったかわかったハズよ。」

 

 

…こうして、敗吐の作ったマスコットキャラのばいとくんは、消し炭になるのであった。

以上です。

射撃バトル

f:id:hgo687:20210720150021j:plain

「やぁ、画面の前のみんな! ボクは的…だけどただの的じゃない、超頑丈な的さ!」

「このボクを撃ち抜ける人がいたら、ぜひともお相手願いたいものだね。」

f:id:hgo687:20210720150444p:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョ、的のくせに調子に乗るのもそこまでッスよ!w なぜなら、このサイキョーの俺がお前を粉砕してやるッスからねwwwww」

f:id:hgo687:20210720150638j:plain

敗吐「さあ、覚悟しろッス!w」

黄ドクロ「兄貴〜、やっちゃってくださいッス。」

f:id:hgo687:20210720150852j:plain

「お笑いハゲウサギが、このボクに勝てるかな?」

敗吐「攻撃もできないザコのお前に、負けるわけないじゃないッスかwww」

f:id:hgo687:20210720151143j:plain

黄ドクロ「兄貴、カウントダウン始めるッスよ!」

敗吐「おう!」

黄ドクロ「発射よーい! 3…2…1…」

f:id:hgo687:20210720151307j:plain

黄ドクロ「撃てー!!」

カチッ

f:id:hgo687:20210720151455j:plain

ドン

f:id:hgo687:20210720151521j:plain

黄ドクロ「ええええええええええええ!? そっちが発射されるんッスか!?」

f:id:hgo687:20210720151604j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ、驚いたッスか?w まさか、ロケット弾じゃなくて頭が発射されるなんて誰も夢にも思わないッス。」

敗吐「ちなみに、この技は自分の頭をロケットにして飛ばし、俺自身のパワーをそのままダメージとして与える技ッス!w ロケットパンチならぬ、ロケットヘッドバットってところッスかね?w」

f:id:hgo687:20210720152233j:plain

「うわぁ、きた!」

敗吐「…さあ、このサイキョーの俺の頭突きを喰らって粉々になるがいいッス!w」

f:id:hgo687:20210720152344j:plain

ドカ-ン!!

f:id:hgo687:20210720152436j:plain

………。

「…あれ? なんともない。」

f:id:hgo687:20210720152516j:plain

黄ドクロ「そうか、兄貴のパワーは0…よって、与えるダメージも0ってわけッスか…。 ううっ、兄貴…自分のパワーくらい把握しておいてくださいよ…。」

 

 

こうして、敗吐はただただ無意味な自滅をするのであった…。

以上です。

なんだこれwww

新しい敗吐の亜種を作ろうと思い、数日前色々と試行錯誤し敗吐のフィギュアのパーツを組み替えて改造した。

その結果…

 

f:id:hgo687:20210712233326j:plain

こんな意味不明なフィギュアが誕生したのである。

元々はドラゴン(日本や中国の龍っぽいもの)を作ろうとしましたが、思うようにフィギュアが立たないので西洋のドラゴンっぽくしようと胴体をつけたらこんなんなりましたw

見た目がキリンっぽいので、バラフ(敗吐+ジラフ)って名前で呼ぼうかと思います。

 

…まあ、今後使う事はないでしょうけどw

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20210712234506j:plain

バラフ「…というわけで、今回はこのジブンが主役ッスよーwwwww」

f:id:hgo687:20210712234608j:plain

黄ドクロ「うひゃぁ! 兄貴、どうしたんッスかその首の長さは!?」

f:id:hgo687:20210712234657j:plain

バラフ「テーンチョッチョッチョwww これはこのサイキョーのジブンが、ケモノの遥か高次元をゆくネオケモノに進化した証ッスよ!w」

黄ドクロ「そ、そうなんッスね。」

花陽「あわわ…。 でもこれ、"ケモノ"って言うより"バケモノ"じゃないですか!?」

f:id:hgo687:20210712234959j:plain

バラフ「バケモノ?…ノンノン、ネオケモノ。 …まあ、このジブンはサイキョーの存在ッスから、バケモノでもあながち間違いじゃないッスけどねーwww」

バラフ「ネオケモノに進化したジブンは、ありとあらゆる生物が襲いかかってきても絶対に負けないッス!w」

「にゃーん!」

f:id:hgo687:20210712235335j:plain

バラフ「…ん?」

「にゃぁー。」 スリスリ

f:id:hgo687:20210712232917j:plain

バラフ「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 猫科の動物は苦手なんッスよー!!」

バタリ…

f:id:hgo687:20210712235649j:plain

黄ドクロ「おーい、兄貴。 …あ、だめだこりゃ。」

花陽「こんなに可愛いネコちゃんを見てショック死するなんて、ありえないですよ!」

 

 

こうして、ケモノを超えたネオケモノは絶滅するのであった…。

以上です。

汚物は消毒だー!!

f:id:hgo687:20210707093643j:plain

ズダダダダダダ

f:id:hgo687:20210707093724j:plain

「グァァ…。」

f:id:hgo687:20210707093819j:plain

「グオォ。」

「オォーン。」

「グシャー!」

f:id:hgo687:20210707093941j:plain

黄ドクロ「ハァハァ…。 あのマネキンゾンビ達、次から次へと湧いてくるッス。」

千歌「何体倒してもキリがない…。」

f:id:hgo687:20210707094240j:plain

曜「千歌ちゃん大変! 弾薬がこのマガジンの分で最後だよ!」

千歌「うそっ…どうしよう。」

f:id:hgo687:20210707094453j:plain

黄ドクロ「どりゃ!」

「グワァー。」

黄ドクロ「くぅ…俺が頑張ってあの2人の銃の弾薬の消費を抑えないと、この先の戦いが厳しくなるかもしれないッス…。」

f:id:hgo687:20210707094928j:plain

???「どうやらお困りのようッスね?w なら、このサイキョーの俺が助太刀してやるッス!w」

黄ドクロ「こ…この声は!?」

f:id:hgo687:20210707095209j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww」

黄ドクロ「敗吐の兄貴!!」

敗吐「おいお前ら、このサイキョーの俺が来たからには安心しろッスw このフレイムスロウワーで汚物共を消毒してやるッスからねwww」

f:id:hgo687:20210707095540j:plain

千歌「なんか、敗吐にしては珍しくカッコいいね! …ところで、フレイムスロウワーって何?」

曜「火炎放射器の事だよ、千歌ちゃん。」

f:id:hgo687:20210707100028j:plain

「「「「「「「グワァー!!」」」」」」」

敗吐「ゾンビ共がこのサイキョーの俺に勝とうなんて100億年早いッスwww それじゃ、このフレイムスロウワーの実力をとくと見せつけてやるッスよ!w」

f:id:hgo687:20210707100333j:plain

敗吐「汚物は消毒ッス! ヒャッハー!!」

ゴォォォォォォォォ

f:id:hgo687:20210707100534j:plain

「ガァァ…。」

「グァァ…。」

「ギシャー…。」

f:id:hgo687:20210707100718j:plain

黄ドクロ「兄貴凄いッスよー!! ゾンビ達が一網打尽ッス!」

千歌「敗吐にしては結構やるじゃん! …って、あれ?」

f:id:hgo687:20210707100949j:plain

メラメラメラ

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

黄ドクロ「あ、兄貴に引火してるぅ!?」

f:id:hgo687:20210707101101j:plain

曜「あらら、結局こういうオチになるでありますか。」

 

 

こうして、敗吐は香ばしく焼けたのであった。

以上です。

怪奇な視線

f:id:hgo687:20210630142715j:plain

マネキン『皆さん、こんにちは!』

マネキン『突然ですが、皆さんは周りに自分しかいないのに視線を感じることってあるでしょうか?』

f:id:hgo687:20210630142841j:plain

マネキン『自分一人なのに、誰かから見られている気がする…。 もしそんな状況だった場合、背後には特に気をつけてください。』

f:id:hgo687:20210630143025j:plain

マネキン『そこにはなんと、忌々しきハゲウサギがこちらを睨んでいますから…。』

キャアァァァァァァァ

マネキン『しかも、もし気に入られてしまった場合…』

f:id:hgo687:20210630143132j:plain

敗吐「おい、そこの可愛いお嬢さんw この俺と付き合って…いや、結婚しろッス!w」

ことり「あ…あのー、いきなりそんな事をいわれても…。」

敗吐「なんでッスか?w このサイキョーの俺と結婚できるなんて、チョー栄誉な事なんッスよ?w」

ことり「いえ、結構です…。」

f:id:hgo687:20210630143434j:plain

敗吐「うるせぇッス!w 四の五の言わずに、さっさと俺と結婚しやがれッス!w」

ガシッ

ことり「きゃっ、やめてください!  離して!」

マネキン『異次元に連れていかれて、二度とこの世に戻ってくることはないでしょう…。』

f:id:hgo687:20210630143851j:plain

チャカッ

f:id:hgo687:20210630143931j:plain

敗吐「ん? 突然何ッスかお前は!」

海未「私の大切な幼馴染みに手を出そうとしましたね? 死ぬ覚悟はよろしいでしょうか?」

マネキン『あ…あれ? 台本と違う…。』

f:id:hgo687:20210630144113j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww 今回この俺は異世界から来た怪物って設定なんッスよ?w」

敗吐「たかだか拳銃如きじゃ、このサイキョーの俺は倒せないッス!w せめて、連射できる銃じゃないとッスねぇ…w」

ことり「せ、設定って…(笑)」

f:id:hgo687:20210630144931j:plain

海未「いいでしょう! なら、お望み通りにしてあげます。」

敗吐「は、何やってるんッスか?w マガジンを変えて装弾数を増やしても意味はないッスよwww」

f:id:hgo687:20210630145135j:plain

海未「私が持っている銃はグロック18C、グロック17をフルオートで撃てるように改装された銃です。 そしてこのマガジンは33連装…この意味がわかりますね?」

敗吐「それがどうしたっていうんッスk…はっ!?」

海未「わかりましたか、33個の弾丸を連射できると言うことを。 ことり、伏せてください!!」

ことり「あ、うん!」

f:id:hgo687:20210630145639j:plain

海未「悪は…成敗です!」 ズバババババババババ

敗吐「イテテテテテテテテテテテテテテテテテ…」

f:id:hgo687:20210630141459j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

バタリ…

f:id:hgo687:20210630145835j:plain

海未「…ことり、大丈夫でしたか!?」

ことり「うん、全然平気! 海未ちゃん、ことりを助けてくれてありがとう♪」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20210630150030j:plain

マネキン『こ…コホン! 元の台本と少しズレてしまいましたが、皆さんはくれぐれも気をつけてくださいね?』

マネキン『もしかしたら、次は…

 

あなたの番かもしれませんから。』

以上です。

触らぬ神にたたりなし?

※今回の話は、前回の「Fireworks」の後日談となっております。

 

f:id:hgo687:20210623155023j:plain

敗吐「いやー、疲れたッス。 なにせ、前回子供キノピオに花火を見せようと頑張ったからッスからねーw」

黄ドクロ「兄貴、あれは感激でしたよ! きっと、キノピオ君の大切な思い出になった事でしょうッス。」

敗吐「…ま、風呂入ってあとは寝るだけッスね。」

f:id:hgo687:20210623155658j:plain

敗吐「…ん? これは、抹茶の団子ッスか?」

f:id:hgo687:20210623155759p:plain

敗吐「…そうか、わかったッス!w 前回チョーいい事をしたッスから、そのお礼に神様がこのサイキョーの俺にプレゼントをしてくれたッスねwwwww」

黄ドクロ「あ、兄貴!? それ絶対違うと思いますけど…。 (…というかこの画像、カオルイさんとBandさんの作ったコラ画像ッスよね…。)」

f:id:hgo687:20210623160139j:plain

敗吐「それじゃあ、いただきまーッス!w」

黄ドクロ「兄貴、流石に他の人のかもしれないから、食べるのはまずいッス!」

敗吐「大丈夫、大丈夫!」

f:id:hgo687:20210623160346j:plain

パクッ…モグモグ…

敗吐「…あれ?抹茶の味がしないッスね…。 それになんだか苦味が凄く強いし…もしかしてこれ、草団子ッスか?w」

f:id:hgo687:20210623160520j:plain

穂乃果「あーっ! もしかしてその団子、食べちゃたの!?」

f:id:hgo687:20210623160656j:plain

敗吐「食べたッスよ、もしかしてお前のだったッスか?w でも俺は悪くないッス、こんなところに出してたお前が悪いッスからねwww」

穂乃果「いや、所有権とかどうでもいいの!! その団子、カビが生えて腐ってたやつだから捨てようと思ってたの。」

敗吐「…は?」

f:id:hgo687:20210623160956j:plain

海未「つかぬ事をお伺いしますが、体調は大丈夫ですか?」

敗吐「…あれ、なんだかお腹が痛くなってきt」

f:id:hgo687:20210623154234j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20210623161508j:plain

黄ドクロ「兄貴…だから、食べちゃダメって言ったのに…。」

f:id:hgo687:20210623161546j:plain

海未「穂乃果も穂乃果ですよ!! 今回敗吐が犠牲者だったからよかったものの、もし他の人に危害があったらどう責任を取るつもりですか! …だいたい穂乃果は昔からこういう不注意が多いんですから、少しは気をつけていただかないと…。」 クドクド

穂乃果「うわーん、ごめんなさーい!! 穂乃果が悪かったから、お説教だけは勘弁して〜!!」

 

 

結論…賞味、消費期限のわからない食べ物は、手を付けないようにしよう!

以上です。

Fireworks

f:id:hgo687:20210615223653j:plain

キノピオ「パパー! 花火がみたいよー、うちあげ花火!!」

キノピオ「こら息子よ、わがまま言うんじゃありません。」

キノピオ「やだー、花火花火!!」 ジタバタ

f:id:hgo687:20210615223852j:plain

キノピオ「…はぁ。 ルイージさんすみません、どうにか息子の願いを叶えてあげられないでしょうか?」

ルイージ「えっ、急にそんな事を言われても…。」

キノピオ「ですよね…。」

f:id:hgo687:20210615224024j:plain

???「おい、ちょっと待てッス! その願い、このサイキョーの俺が叶えてやろうッスか?w」

キノピオ「あ…あなたは!?」

f:id:hgo687:20210615224137j:plain

敗吐「みんなのアイドル、敗吐ッスwww 今回俺は、花火職人役を演じることになってるッスw」

黄ドクロ「あ、もちろん俺もいるッスよ!」

f:id:hgo687:20210615224313j:plain

キノピオ「あの…願いを叶えてくれるって本当ですか!?」

敗吐「もちろんッスよ!w 俺はショタやロリに優しいッスからね、当然料金なんかもいらないッスw」

f:id:hgo687:20210615224651j:plain

キノピオ「おじさん、ほんとうに花火をみせてくれるの?」

敗吐「本当ッス、だから楽しみに待っててくれるッスか?」

キノピオ「うん! おじさん、ありがとー!!」

f:id:hgo687:20210615224837j:plain

敗吐「じゃ、そういう事で俺達は今から準備してくるッス!w 夜8時になったら南の方向に花火が打ち上がると思うから、ここで待っててくれッスよ!w」

キノピオ「わかった。」

キノピオ「色々とありがとうございました!」

ブゥゥゥゥゥゥゥゥン

f:id:hgo687:20210615225329j:plain

ルイージ「二人とも、なんとかなって良かったね!」

キノピオ「いやー、あんな親切な方がいるなんて…本当に感謝してもしきれないですよ。」

 

〜7時間後〜

 

f:id:hgo687:20210615225603j:plain

ルイージ「…もうそろそろで上がるみたいだよ。」

キノピオ「わー、楽しみ!」

f:id:hgo687:20210615225900j:plain

黄ドクロ「兄貴、そろそろ時間ッスよ!」

f:id:hgo687:20210615230048j:plain

敗吐「了解ッス! それじゃあ、カウントダウン開始!w」

黄ドクロ「5…4…3…2…1…」

f:id:hgo687:20210615230133j:plain

敗吐「ファイアッス!」

カチッ

f:id:hgo687:20210615230217j:plain

ヒュ-…

ルイージ「おっ、きたきた!」

f:id:hgo687:20210615230336j:plain

ドッカ-ン

キノピオ「たまや〜。」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑花火とともに打ち上げられたw

f:id:hgo687:20210615230506j:plain

キノピオ「(敗吐のおじさん、ほんとうにありがとう! ボクこの思い出、いっしょうわすれないよ。)」

 

f:id:hgo687:20210615230655j:plain

黄ドクロ「兄貴〜、花火と一緒に飛ばされないでくださいッスよ」

敗吐「トホホー。 花火なんて、もうこりごりッスー!!」

 

…こうして、敗吐は夏の思い出の1ページを作ることに成功したのであった。

以上です。