フィギュライブ!『13』

第13話「宝探しゲーム」

 

f:id:hgo687:20200409092158j:plain

鞠莉「Yeah! 今日は、宝探しゲームをするわよ!」

ダイヤ「ルールは簡単、私達がこの辺りのどこかに隠したお宝を1時間以内に探し当てれば勝ちですわ! もし見事に探し当てることができたら、そのお宝は差し上げます。」

f:id:hgo687:20200409092516j:plain

にこ「奥さん、今の話聞きましたか? 宝探しゲームですってよ?」

希「もちろん聞いたで。 あの金持ちボンボンの鞠莉お嬢様が隠したんやから、物凄いお宝に違いない…!!」

f:id:hgo687:20200409092725j:plain

にこ「…そうと決まれば、早速掘って掘って掘りまくるわよ!」

希「あいあいさー!」

ザクッザクッ…コン

f:id:hgo687:20200409093003j:plain

ドカ-ン!!

希「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

にこ「ぎゃーっ!?」

f:id:hgo687:20200409093240j:plain

鞠莉「あ…そうそう言い忘れていたんだけど、どこか1ヶ所だけBombを埋めた場所があるから気をつけてね。」

f:id:hgo687:20200409093443j:plain

にこ「は….早く言いなさいよ…。」 ピクピク

希「なんで、地雷なんか用意しとるんや…。」 ピクピク

f:id:hgo687:20200409093627j:plain

ダイヤ「…そう言えば、鞠莉さん。 今回千歌さんも呼んだはずなんですが、まだ来てないんでしょうか?」

鞠莉「あらホントね…。 …まあちかっちの事だし、もうすぐ来るんじゃないかしら?」

「おーい!」

f:id:hgo687:20200409093929j:plain

千歌「お待たせ! ちょっと準備に色々と手間取てしまって、遅れちゃった。」

f:id:hgo687:20200409094152j:plain

ダイヤ「ピギャーッ!! ち…千歌さん、一体これは何なんですの!?」

千歌「何って…、ミニショベルカーだよ? スコップじゃ地面を掘るのに時間がかかるだろうから、親戚のおじさんに借りてきたんだ。」

ダイヤ「借りてきたんだ…って、貴女重機の免許を持ってないでしょ! いけませんわ、鞠莉さんからも何か言ってあげてください!!」

f:id:hgo687:20200409094711j:plain

鞠莉「流石ちかっち、その発想は中々Crazyだわ! それとダイヤ、私達はFigureなんだから現実世界のルールは適用外よ?」

ダイヤ「鞠莉さんに聞いた私が馬鹿でした…。 …というか、さりげなくメタ発言はやめてください。」

f:id:hgo687:20200409095351j:plain

千歌「よーし! それじゃあ、早速やるぞー!!」

ダイヤ「もう、好きにしてください…。」

f:id:hgo687:20200409095528j:plain

希「なあ、千歌ちゃん。 ウチね、この辺りに宝が隠されてるって睨んどるんやけど…。」

千歌「え、本当!? 強運の持ち主の希さんが言うなら、きっと間違いないよね。」

f:id:hgo687:20200409095853j:plain

千歌「じゃあ、ここら一帯を掘っちゃおう。」

ウィ-ン

f:id:hgo687:20200409100126j:plain

ガガガガガ…ガッ

千歌「…あっ! 何かある、何かあるよここに!!」

f:id:hgo687:20200409100234j:plain

希「ウチの言った通りやね。 …千歌ちゃん、宝物を傷つけないように周りを掘るや!」

千歌「は…はい!」

にこ「ホント、あんたの感は冴えてるわねー。」

 

〜5分後〜

 

f:id:hgo687:20200409100806j:plain

キラキラキラキラ

にこ「す…凄い…!!」

千歌「これだけ箱が豪華なら、中身も豪華だよね!」

f:id:hgo687:20200409100909j:plain

鞠莉「あらら、もう見つかっちゃったのね…。」

f:id:hgo687:20200409101131j:plain

希「ドキドキしてきたなぁ…。」

千歌「開けるよ? …いざ、オープンザチェスト!」

f:id:hgo687:20200409101430j:plain

ギィィィィィ

希、にこ、千歌「「「!?」」」

にこ「な…何これ、本物の金貨!?」

希「凄すぎるやん…。 あのお嬢様、なんて物を宝探しゲームの景品にしてるんや…。」

f:id:hgo687:20200409101747j:plain

千歌「…って、よく見たらこれ、金色の紙に包まれたコイン型のチョコじゃん!」

にこ「あら本当ね。 …ま、どうせこういうオチだと思っていたわ。」

希「金インゴットみたいなやつの中には、コイン型のチョコが10個くらい入っとったよ。 多分やけど、この箱の中にコイン型のチョコは200個くらい入ってるんじゃないかな〜?」

f:id:hgo687:20200409102027j:plain

ダイヤ「…ところで鞠莉さん、あのコイン型のチョコレートは一体いくらしたんですか?」

鞠莉「そうねぇ…。 あまり正確な金額は覚えてないんだけど、1つ3000円くらいだったかしら?」

ダイヤ「…は?」

 

第13話、終わり。

敗吐がスクスタでガチャを引くようです

f:id:hgo687:20200404143708j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回俺は、ブログ主のアカウントを使ってスクスタでガチャを回すッスよ!w」

敗吐「なんでも、最近スクスタで無料10連チケットガチャが9枚も配布されたらしいッスw この9枚の無料ガチャチケを爆死させて、ストレス発散ついでにブログ主を困らせてやるッスよwww」

f:id:hgo687:20200404145017j:plain

敗吐「ルールは、URを1枚も出さずに10連ガチャチケを消費すること!w ちなみに、URが出てもハズレ扱いされている初期凛、初期希、初期千歌の3人だったら爆死扱いとするッスwww」

敗吐「この俺の運の悪さなら、ガチャチケ9枚とも全部爆死になること間違いないッスねwwwww」

 

f:id:hgo687:20200404145056p:plain

敗吐「それじゃあ、始めるッスよ!w …あ、ガチャチケの枚数が4枚になっているッスけど、この時は残りの5枚を受け取っていないだけだから、安心するッスw」

f:id:hgo687:20200404145503p:plain

敗吐「まずは、1回目ッス!w この様子だと、爆死確定ッスねーwww」

f:id:hgo687:20200404145644p:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ!w 1回目は、残念な結果に終わったッスwww」

敗吐「…でも、SRが4枚の時点で爆死とも言い切れないのが悔しいッスw」

f:id:hgo687:20200404145944p:plain

敗吐「それじゃあ、2回目ッス!w …って、もうURが出てしまっているッスよ!?w」

敗吐「ヤバいッス…これでハズレ枠の3人以外が当たったら、俺の爆死計画も水の泡になってしまうッス…。 頼むから、その3人の内誰かが当たってくれッス!w」

f:id:hgo687:20200404150306p:plain

かすみ『かすみんの想いは、誰にも負けませんっ』

敗吐「…は?w」

f:id:hgo687:20200404150423p:plain

敗吐「………。」

f:id:hgo687:20200404143550j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑爆死させることに失敗して、ショック死した。

f:id:hgo687:20200404162844p:plain

2回目の結果。

かすみちゃんのUR(フラワーシンフォニー)が出ました!

ニジガクのURは、これで3人になります。

 

敗吐がショック死したので、3回目以降は結果だけ載せておきます。

f:id:hgo687:20200404150713p:plain

3回目の結果。

何とも言えない微妙な結果に…。

f:id:hgo687:20200404150928p:plain

4回目の結果。

初期果南ちゃんのURが出ました!

ネット上のキャラランクでは、Sランク以上の強さと謳われているので、これは嬉しいですね。

f:id:hgo687:20200404151105p:plain

5回目の結果。

イベント「スペシャルスイーツを召し上がれ」の前編ガチャに登場した、ルビィちゃんのURが出ました!

このイベントガチャのURは、後編の歩夢ちゃんを引くためにスルーしていたので入手できて良かったです。

f:id:hgo687:20200404152012p:plain

6回目の結果。

千歌ちゃんのUR(レオスターブライト)が出ました。

地味に、君ここ衣装を獲得できる善子ちゃんのSRも入手しているという…。

f:id:hgo687:20200404152838p:plain

7回目の結果。

特に言うことはありません。

f:id:hgo687:20200404153106p:plain

8回目の結果。

ド ブ ラ イ ブ でした。

…まあ、ここまで良い結果ばかり続いていたので、これは仕方ない。

f:id:hgo687:20200404153558p:plain

9回目の結果。

初期希のURが出ました。

初期希はハズレキャラの一人と言われていますが、スタミナ値はかなり高いのでメイン作戦以外に入れるなら普通に強いです。

 

 

〜おまけ〜

f:id:hgo687:20200404155313p:plain

敗吐「…まだだ、まだ諦めないッス!w さっきは失敗したッスけど、今度はフェス限ガチャで石を消費して爆死させてやるッスよwww」

敗吐「どうやらブログ主は今回のフェス限ガチャは回さないらしいから、ラブカスターを無駄に消費させて爆死すれば、ブログ主が確実に困ること間違いないッスねwwwww」

f:id:hgo687:20200404160138j:plain

敗吐「あーこんな素晴らしい考えが思いつくなんて、俺ってば天才ッスか?w」

敗吐「…それじゃあ、行くッスよ!w さっきあんなにURが出たんだから、今回は絶対に出ないッスw」

 

…その結果。

f:id:hgo687:20200404160425p:plain

花丸『あなたと一緒だと、いつもよりおいしい気がするずら♪』

敗吐「…は?w」

f:id:hgo687:20200404160627p:plain

敗吐「…ちょ、ちょっと待てッス!w これって、今回追加されたフェス限URの花丸じゃないッスか!?w」

f:id:hgo687:20200404160805j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑またもや爆死に失敗したので、身体中のありとあらゆる細胞が爆発した。

f:id:hgo687:20200404160944p:plain

おまけの結果。

フェス限の花丸ちゃんと、SRのエマちゃんが出ました!

花丸ちゃんは全く眼中に無かったので、まさか当たるとは思わなかったです。

 

結論…キモフィギュア敗吐は他人のソシャゲのガチャを爆死させようとすると、逆に良い結果を残してしまう。

以上です。

敗吐の1週間

f:id:hgo687:20200331222140j:plain

月曜日は車に轢かれ〜

f:id:hgo687:20200331224809j:plain

火曜日は火だるまになり〜

f:id:hgo687:20200331224830j:plain

水曜日は海で難破〜

f:id:hgo687:20200331224856j:plain

木曜日は植物に喰われ〜

f:id:hgo687:20200331224925j:plain

金曜日は借金取りに追われ〜

f:id:hgo687:20200331224951j:plain

土曜日は階段で転び〜

f:id:hgo687:20200331223820j:plain

日曜日は普通に死んだ〜

 

テュリャテュリャテュリャ

テュリャテュリャテュリャリャ

これが敗吐の1週間!

 

 

f:id:hgo687:20200331225028j:plain

敗吐「…ま、全部エイプリル・フールの嘘なんッスけどねwww このサイキョーの俺が、こんな無様な生活を送るわけないッス!w」

f:id:hgo687:20200331225121j:plain

たぬきち「敗吐さん…3ヶ月前にリフォームしたゲームセンターのローンを、まだ1ベルたりとも払ってないだなもね? さっさと、ローンを払ってほしいだなも!」

敗吐「は?w そんな金、あるわけないじゃないッスか!w お前みたいな悪徳業者に払う金なんて、1ミリたりともありゃしないッスwww」

f:id:hgo687:20200331225424j:plain

たぬきち「…わかっただなも。 なら、足りない分は身体で払ってもらうだなも!」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

ズルズルズル…

 

 

…その後、敗吐の姿を見た者は誰一人としていないのであった。

以上です。

フィギュライブ!『12』

第12話「夜空は何でも知ってるの?」

 

f:id:hgo687:20200325230455j:plain

………。

f:id:hgo687:20200325230522j:plain

梨子「ああああああああああ!? 全然、寝れない!」

梨子「何で明日大事な用がある時に限って、眠れないのよ〜!!」

f:id:hgo687:20200325230718j:plain

パチッ

ことり「ど…どうしたの、梨子ちゃん? こんな夜中に大声出して。」

f:id:hgo687:20200325230813j:plain

梨子「ことりさん、助けてください! 明日壁ドンモノの同人誌即ば…ゲフンゲフン、個人的な用事で朝早く起きないといけないんですが、全然眠れないんです!」

ことり「そ、それは困ったねぇ…。 (多分そのベッドが1番の原因だと思うんだけど、そこには触れないでおこう…。)」

f:id:hgo687:20200325231102j:plain

ことり「…あ、そうだ! 寝ている時に、羊さんを数えるのはどうかな?」

梨子「あの、羊が1匹…羊が2匹…ってやつですか? …確かに、そういう手もありましたね。」

f:id:hgo687:20200325231715j:plain

梨子「物は試しですね、やってみます! ことりさん、おやすみなさい。」

ことり「おやすみ〜。」

 

〜ポワンポワンポワン〜

 

f:id:hgo687:20200325231923p:plain

羊が1匹…羊が2匹…羊が3匹…羊が4匹…羊が5匹…

f:id:hgo687:20200325232038p:plain

羊が6ぴ…

ヤギ「羊かと思った? 残念、山羊でしたw」

 

〜ポワンポワンポワン〜

 

f:id:hgo687:20200325232134j:plain

梨子「ヤギィィィィィィィィィィ!」

梨子「どうしてそこで、ヤギが出てくるの!? 私の安眠の邪魔をしないで!」

f:id:hgo687:20200325232335j:plain

ことり「あれれー、おっかしいなぁ…? 羊さんを数えれば、ぐっすり寝れるはずのに…。」

f:id:hgo687:20200325232906j:plain

梨子「ううっ、同人誌即売会がぁ…。」

ことり「なんとかして、梨子ちゃんを眠らせられないかなぁ?」

f:id:hgo687:20200325233031j:plain

鞠莉「…あら? 二人ともどうかしたの?」

ことり「あ、鞠莉ちゃんだ!」

梨子「鞠莉さん!?」

f:id:hgo687:20200325233203j:plain

梨子「鞠莉さん聞いてください、明日大事な用事があるのに全然寝れないんですよ! 羊まで数えたのに!!」

ことり「さっきからこの調子なんです。 鞠莉ちゃんお願い、羊さんに代わる方法で梨子ちゃんを眠らせてあげらませんかぁ?」

鞠莉「う、うーん…? ちょっと1つだけいい?」

f:id:hgo687:20200325233701j:plain

鞠莉「あのね、日本人は寝る時に羊を数えても眠れないのよ?」

ことり、梨子「「ええっ!?」」

鞠莉「そもそも、英語で羊を意味するSheepと寝るを意味するSleepの発音が似てるから、寝る時に羊を数えるようになったの。 普段英語を使わない日本人に、効果があるわけないでしょ?」

ことり「そ、そうだったんだ…。」

f:id:hgo687:20200325234626j:plain

梨子「え、じゃあ私はどうすればいいの!? このままじゃ、寝れないまま朝を迎えちゃうよ〜!!」

f:id:hgo687:20200325234823j:plain

鞠莉「仕方ないわねー、マリーがとっておきの方法で梨子を寝かせてあげるわ!」

梨子「ほ…本当ですか!?」

ことり「…なんだろう、嫌な予感が。」

f:id:hgo687:20200325234956j:plain

鞠莉「それじゃあ、早速始めるわよ!」

梨子「え…ボムへい?」

f:id:hgo687:20200325235455j:plain

鞠莉「Good night!」 ポイッ

梨子「…これってまさか。」

ことり「梨子ちゃん、逃げて!」

f:id:hgo687:20200325235628j:plain

ドカ-ン!!

梨子「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20200325235701j:plain

ドサッ

梨子「ううっ…。」 バタリ…

f:id:hgo687:20200325235735j:plain

鞠莉「これにて、一件落着デース!」

ことり「一件落着じゃないんだけどなぁ…。 …まあ、ある意味寝てるから別にいっか。」

 

第12話、終わり。

人喰いランドセル

※知らない人のために、人喰いランドセルの説明。

見た目はランドセルそのものだが実は人間を喰らう化け物であり、食べられた人間は異次元世界へと飛ばされて二度とこの世に戻れなくなってしまう…という都市伝説である。

 

f:id:hgo687:20200321212824j:plain

敗吐「はぁ…、タイクツな毎日が続くッスねーw なんか、面白い事でも起きないッスか?w」

f:id:hgo687:20200321213043j:plain

敗吐「…って、あ! こんなところにランドセルが落ちてるッス!w」

敗吐「面白そうだし、ちょっと拾ってみるッスよ!w」

f:id:hgo687:20200321213245j:plain

パカッ

敗吐「…え?w」

f:id:hgo687:20200321213338j:plain

ゴォォォォォォォォォ

敗吐「な、なんッスかコレ!? 物凄い力で、ランドセルの中に引っ張られるッスよ!w」

f:id:hgo687:20200321213448j:plain

ゴォォォォォォォォォ

敗吐「だ…誰か助けてくれッス!」

f:id:hgo687:20200321213533j:plain

ゴクン

ガチャッ

「…ククク。」

f:id:hgo687:20200321213620j:plain

「フフフ…ファーッハッハッハッハー! 馬鹿なハゲウサギめ、俺様が恐ろしい人喰いの妖怪だとも知らずに近づきおって。」

「…さて、こやつの生気を吸い取って俺様のエナジーに変換するとしよう。」

f:id:hgo687:20200321213933j:plain

「…うっ!? な…なんだこやつの生気、この世のものとは思えないほど不味すぎる…。」

敗吐「おい、ふざけるなッス!w 人を勝手に食べておいて、クソ不味いとか侮辱するのもいい加減にしろッスよ!?w」

「だ…駄目だ、俺様の体がもうもたない…。」

f:id:hgo687:20200321214203j:plain

ドカ-ン!!

「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20200321211930j:plain

………。

 

 

こうして、妖怪達の間ではハゲウサギ(敗吐)を食べてはいけないと後世に伝えられていくのであった。

 以上です。 

フィギュライブ!『11』

第11話「白熱のカートレース(後編)」

 

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20200312102726j:plain

最下位になったら他の人にジュースを奢ることになる、罰ゲーム付きのカートレース対決をやることになった。

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20200312103004j:plain

穂乃果「うわーん、どうしよう!? このままだと、穂乃果が最下位になっちゃうよー!!」

穂乃果「これがマリオカートだったら、キラーとかで逆転できるのに…!!」

f:id:hgo687:20200312103227j:plain

シュウウウウウウ

穂乃果「…え? なんか心なしか、カートのスピードが上がっているような…。」

f:id:hgo687:20200312103511j:plain

穂乃果「…いや、間違いない。 確実にカートが加速していってるよ!」

絵里「あれは、スリップストリーム! ライバルのカートの真後ろにくっ付いて空気抵抗を無くし加速するテクニックだけど、まさか穂乃果が使ってくるとはね…。」

f:id:hgo687:20200312103931j:plain

穂乃果「花陽ちゃん、おっさきー!」

花陽「ええっ、なんですかあの速さは!?」

f:id:hgo687:20200312104237j:plain

花陽「…って、いつの間にかもうあんなに引き離されちゃってる!」

f:id:hgo687:20200312104828j:plain

絵里「ようやく私もファイナルラップよ。 …だけどまずいわね、このままじゃ私がジュースを奢ることになってしまうわ…!!」

絵里「なんとしても、最下位から抜け出さないと…。」

f:id:hgo687:20200312105436j:plain

曜「もうそろそろ、コースも終盤。 圧倒的な差で独走しているし、事故ってタイムロスにならない為にも少しゆっくり走ろうかな?」

f:id:hgo687:20200312105641j:plain

凛「曜ちゃん、待つにゃー!!」

曜「うえっ、もう追いついて来てる!? …そうだ、追い上げシステムがあるんだった!」

曜「そうとなれば、アクセル全開ヨーソロー!」

f:id:hgo687:20200312115741j:plain

果南「んー、全然トップに追いつけない…。」

穂乃果「………。」

f:id:hgo687:20200312115839j:plain

シュウウウウウウウウ

穂乃果「来たっ、スリップストリーム発動!」

f:id:hgo687:20200312115934j:plain

ドカッ

果南「え…?」

f:id:hgo687:20200312120008j:plain

果南「ああああああああああ!?」

穂乃果「あ…勢いよくぶつかったせいで、果南ちゃんが犠牲に…。 …ま、レースだから仕方ないか。」

f:id:hgo687:20200312120215j:plain

花陽「あ、果南さんがクラッシュしましたよ!」

絵里「ナイスよ穂乃果! これで私達にも、最下位を逃れるチャンスができたわ。」

f:id:hgo687:20200312134727j:plain

曜「…このカーブを曲がれば、もう少しでゴールだ!」

凛「曜ちゃん、凛とどっちが先にゴールできるか競争だにゃ!」

曜「OK! 全速前進〜ヨーソロー!!」

f:id:hgo687:20200312135059j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

凛「お先にゃ!」

f:id:hgo687:20200312135233j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

曜「甘いっ!」

f:id:hgo687:20200312135332j:plain

凛「曜ちゃん、中々やるね…。」

曜「凛ちゃんもやるじゃん! …でも、これで最後だよ。」

f:id:hgo687:20200312135619j:plain

凛、曜「「1位は…もらったぁ!!」

f:id:hgo687:20200312135751j:plain

ビュ--------ン

穂乃果「いやっほーーーーー!!」

曜「え?」

凛「へ?」

f:id:hgo687:20200312135934j:plain

穂乃果「やったー、1位だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

f:id:hgo687:20200312140027j:plain

凛「にゃんにゃんにゃーん! 2位だにゃ!」

曜「3位か、悔しいなぁ…。」

f:id:hgo687:20200312140339j:plain

花陽「ああっ、もう3人もゴールしちゃいましたよ!?」

絵里「残るは私と花陽と果南の3人…。 ジュースを奢ってもらう為にも、絶対に負けられないわ!」

f:id:hgo687:20200312140532j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

果南「よし、ゴール!」

f:id:hgo687:20200312140641j:plain

果南「4位かぁ…。 1位になれなかったのは残念だったど、罰ゲームは回避できたから良しとするか。」

f:id:hgo687:20200312140850j:plain

絵里「…どうやら、罰ゲームを受けるのは私か花陽のどちらかのようね。」

花陽「ううっ、このままじゃ負けちゃうよぉ…。」

f:id:hgo687:20200312141431j:plain

シュウウウウウウウウ 花陽「…あ、スリップストリーム!」

f:id:hgo687:20200312141608j:plain

花陽「絵里ちゃん、お先に失礼しますね。」

絵里「えっ…うそ!?」

f:id:hgo687:20200312141757j:plain

花陽「やった、5位です! 最下位にならなくて、ホッとしました…。」

f:id:hgo687:20200312142035j:plain

絵里「そんなっ…。 私が最下位だなんて…。」

 

レースの結果。

1st 穂乃果

2nd 凛

3rd 曜

4th 果南

5th 花陽

6th 絵里

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20200312142326j:plain

穂乃果「…というわけで、約束通り最下位だった絵里ちゃんには、みんなの分のジュースを奢ってもらうよ!」

f:id:hgo687:20200312142435j:plain

絵里「あああああああ!! なんでこんな事に…。」

果南「なんで…って、自分がその罰ゲームを決めてきたんでしょ? せいぜい大人しく受け入れることだね。」

凛「言い出しっぺが罰ゲームを受けるなんて、哀れすぎるにゃ。」

f:id:hgo687:20200312142704j:plain

花陽「はぁー、何飲もうかな? 曜さんは決めてる?」

曜「うん、オレンジジュース!」

 

…こうして、絵里は他5人にジュースを奢ることになったのであった。

第11話、終わり。

フィギュライブ!『10』

第10話「白熱のカートレース(前編)」

 

f:id:hgo687:20200311230353j:plain

絵里「さあ、今日はみんなでカートレース対決をするわよ! 最下位だった人は、ジュース奢りね。」

f:id:hgo687:20200311230513j:plain

花陽「えぇっ、そんな藪から棒に…。」

穂乃果「ねえ、絵里ちゃん。 カートレースにかこつけて、本当はジュース奢ってほしいだけなんでしょ?」

f:id:hgo687:20200311230547j:plain

絵里「そそそ、ソンナコトナイワヨ?」

曜「…これは図星かな?」

凛「図星だにゃ。」

f:id:hgo687:20200311230610j:plain

果南「…まあまあ、みんな。 せっかくの機会だし、交流を深めるって意味で絵里ちゃんの提案に乗ってあげようよ!」

絵里「果南…。」 ウルウル…

f:id:hgo687:20200311230637j:plain

穂乃果「…うん、わかった。 わざわざ絵里ちゃんが企画を持ってきてくれたんだから、やらなきゃ損だもんね!」

凛「それじゃあ、レーススタートだにゃ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20200311231255j:plain

ブォンブオ-ン

・レースのルール

周回数は2ラップで、アイテム無しの実力勝負。

順位が低いと、1との距離に応じてスピードに補正がかかる。 (所謂、追い上げあり。)

最下位のレーサーは、他のレーサーにジュースを奢ること。

f:id:hgo687:20200311231440j:plain

穂乃果「…って、ちょっと待って! カートレースなのに、なんで果南ちゃんはバイクに乗ってるの!?」

果南「なんで…って、マリオカートだってバイクでレースが出来るんだよ? だから問題無いよね?」

穂乃果「いやいや、無茶苦茶すぎるよその理論!」

f:id:hgo687:20200311231927j:plain

絵里「二人とも、間もなく始まるわよ!」

ピッ…ピッ…ピッ…

f:id:hgo687:20200311232048j:plain

プ-ッ!

f:id:hgo687:20200311232140j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

f:id:hgo687:20200311232338j:plain

絵里「ふふふ、ついに始まったわね。 ゲームセンターのレースゲームで培った華麗なドラテクで、圧倒的な差をつけて独走してやるわ!」

f:id:hgo687:20200311232817j:plain

凛「かよちーん、頑張れー!!」

花陽「あ…うん、ありがとう!」

曜「あのー二人とも? 一応、君達もお互いに敵同士だからね?」

f:id:hgo687:20200311232946j:plain

穂乃果「よーし、アクセル全開!!」

穂乃果「…って、あれ!? そこカーブだったの!?」

f:id:hgo687:20200311233239j:plain

穂乃果「ハンドル切るの、忘れてたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

果南「早くも1名、脱落かなん?」

絵里「あらあら…これじゃあ、穂乃果がジュースの奢り決定ねw」

f:id:hgo687:20200311233626j:plain

花陽「穂乃果ちゃん、事故ったみたいですね…。 花陽はそうならないように、安全運転で行きますっ!」

f:id:hgo687:20200311233800j:plain

ドカッ

花陽「ふぇ…?」

f:id:hgo687:20200311233855j:plain

花陽「ぴゃあぁぁぁぁぁぁっ!?」

凛「あっ、かよちんゴメンにゃ!」

f:id:hgo687:20200311234006j:plain

曜「おやおや、まさか凛ちゃんが花陽ちゃんを蹴落とすとは…。 でもこれで、トップ争いをするライバルが減って楽になるでありますなぁw」

f:id:hgo687:20200311234932j:plain

花陽「ううっ、早くコースに戻らないと…。」

f:id:hgo687:20200311235021j:plain

ドカッ

花陽「へっ…?」

絵里「ちょっ!?」

f:id:hgo687:20200311235159j:plain

花陽「ぴゃあぁぁぁぁぁぁっ!?」

絵里「なんで私まで巻き添えなのよぉー(涙)」

f:id:hgo687:20200311235456j:plain

凛「あぁ…、かよちんには悪いことしちゃったにゃ…。 こうなったら、かよちんの意思を継いで代わりに凛が1位でゴールするにゃ!!」

f:id:hgo687:20200312000006j:plain

『警告、コース外! 警告、コース外!』

凛「えっ…? なになになに、どういう事!?」

f:id:hgo687:20200312000141j:plain

凛「…あ、道を間違えていたにゃ。 まあこの程度なら、直ぐに復帰できるもんね!」

f:id:hgo687:20200312001047j:plain

穂乃果「ふぅ…、やっとコースに復帰できたよ。」

穂乃果「…って、穂乃果今最下位じゃん!? 今月のお小遣い残り少ないのに、みんなにジュース奢りなんてやだよー!!」

f:id:hgo687:20200312001401j:plain

穂乃果「…あ、あれは絵里ちゃんと花陽ちゃん! 良かったぁ、まだ最下位を脱出するチャンスがあって。」

f:id:hgo687:20200312002306j:plain

果南「あっ、曜! もうすぐ2周目になるけど、今のトップ争いは私達だけだよね?」

曜「うん、そうみたいだね。」

果南「このレースってさ、正直な話最下位にならなければ何位でもいいわけなんだけど…。 やっぱり、できるなら1位でゴールしたいじゃん?」

f:id:hgo687:20200312002535j:plain

果南「てなわけで、曜…さようなら!」 ドカッ

曜「ちょっ、果南ちゃん!?」

f:id:hgo687:20200312003017j:plain

果南「わぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20200312003114j:plain

曜「果南ちゃん、二輪車で四輪車に挑んでくるのはいくらなんでも無謀すぎるよ…。」

f:id:hgo687:20200312003320j:plain

果南「くぅぅ…。 曜め、あとで覚えとけよ…。」

凛「(いや、今のはどう見ても果南ちゃんの自業自得な気がするけど…。)」

f:id:hgo687:20200312003504j:plain

曜「ヨーソロー、ファイナルラップであります!」

f:id:hgo687:20200312003614j:plain

花陽「ええっ!? 1位の曜ちゃん、もうファイナルラップに突入してるよ…。」

絵里「花陽、安心しなさい。 このレースは1位を獲っても何もメリットはないわ、最下位になった人が他の人にジュースを奢るってだけ。」

花陽「あっ、そう言えばそうでしたね。」

 

次回、レースの決着がついに決まる!

第10話、終わり。