フィギュアdeバトル Part8

f:id:hgo687:20211218215838j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回もまたフィギュアdeバトルの時間がやってきたッスよwww」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211218220003j:plain

今回のステージ…トミカ道路

ルール… PVP(参加者全員が自由に武器を持って戦い、力尽きたりエリアの外に出たら負け。 最後まで生き残っていたフィギュアの勝利となる。)

〜〜〜〜〜

f:id:hgo687:20211218220118j:plain

敗吐「今回の参加者は、俺と黄ドクロと高咲侑とウインドッス!w …それじゃあ、始めるッスよwww」

黄ドクロ「…あれ?ここのエリア外ってどこッスか?」

侑「横断歩道を越えたら。」

f:id:hgo687:20211218220557j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211218220838j:plain

敗吐「スタート!」

ガキン

ウインド「ふっ…。」

f:id:hgo687:20211218221434j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w せっかく俺が挨拶してやったと言うのに、それを防ぐとはどういう事ッスか!?w」

ウインド「ふん、貴様の行動などお見通しだ。」

f:id:hgo687:20211218221800j:plain

侑「やっぱりインチキしてきた…。 …でも、なんで雷鳴斬刀の追撃が発生しなかったんだろう?」

黄ドクロ「ああ、雷鳴斬刀同士がぶつかると特殊効果が発動しないように設定されてるんッスよ。」

侑「そうなんだ。」

f:id:hgo687:20211218222057j:plain

敗吐「もう怒ったッスよ!w このサイキョーの俺の本気を味合わせてやるッスwwwww」

ププ-

f:id:hgo687:20211218222450j:plain

ドカッ

敗吐「テンンンンンンンンン!!」

f:id:hgo687:20211218222549j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥン

侑「…なるほど、このステージは左右からミニカーが走ってきて、それに当たるとダメージを受けるんだね。」

f:id:hgo687:20211218222724j:plain

ウインド「…ちょうどいい、これで貴様にトドメを刺してやろう。」

敗吐「!」

f:id:hgo687:20211218222825j:plain

ウインド「せいっ!」

敗吐「おっと。」 ゴロン

ザクッ

f:id:hgo687:20211218222941j:plain

敗吐「馬鹿でちゅねぇーwww 忘れたんッスか、この俺の生命力はゴキブリ並みッスよ?w」

ウインド「クソ…。」

f:id:hgo687:20211218223055j:plain

黄ドクロ「兄貴…それ、自虐ッスよ…。」

侑「てぇい!」

ドカ

f:id:hgo687:20211218223153j:plain

黄ドクロ「ぐはっ!」

ウインド「おお?」

f:id:hgo687:20211218223304j:plain

黄ドクロ「よくもやってくれたッスね!? ドクロ流奥義、片手薙ぎ払い!」

侑「ふっふーん、傘ガード!」

f:id:hgo687:20211218223437j:plain

ウインド「あの傘、なかなか高性能だな…。」

敗吐「おっと、よそ見は禁物ッスよ?w」

ザシュ

f:id:hgo687:20211218224254j:plain

ピシャ-ン

ウインド「ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

敗吐「バーカバーカ、俺に逆らうからこうなるんッス!w」

f:id:hgo687:20211218224434j:plain

ププ-

f:id:hgo687:20211218224508j:plain

侑「うわぁ!」

黄ドクロ「おっと、危ないッスね。」

f:id:hgo687:20211218224549j:plain

敗吐「何ッスか?w こんな車なんか、こうしてやるッス!w」 ゲシゲシゲシ

f:id:hgo687:20211218224639j:plain

ガチャ

ゴロンダ「おい、ゴラァ!! 俺様の愛車に何してくれてんじゃワレェ!」

敗吐「そんなのストレス発散に決まってるじゃないッスかw」

f:id:hgo687:20211218224737j:plain

ゴロンダ「んだとテメェ!? …テメェにはきっちり弁償してもらうからちょっとツラ貸せや。」 ガシッ

敗吐「おい、何をするッス!?」

f:id:hgo687:20211218225018j:plain

ガチャッ

ブロロロロロロ…

f:id:hgo687:20211218225102j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

敗吐、脱落…

f:id:hgo687:20211218225213j:plain

………。

侑「さ、再開しようか?」

ウインド「ああ、そうだな。」

f:id:hgo687:20211218225310j:plain

ププ-

ウインド「今度はバスか…。」

f:id:hgo687:20211218225412j:plain

ウインド「…ん? 黄ドクロは何をするつもりだ?」

黄ドクロ「ドクロ流奥義…」

f:id:hgo687:20211218225515j:plain

黄ドクロ「直進突き!!」

スパ-ン

侑「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20211218225625j:plain

ドカッ

f:id:hgo687:20211218225712j:plain

侑「あああああああ、押される〜!!」

高咲侑、脱落…

f:id:hgo687:20211218225940j:plain

ウインド「…どうやら、私と黄ドクロの一騎打ちのようだな。」

黄ドクロ「そうみたいッスね…。 でも、同期だからって容赦はしないッスよ!」

ププ-

f:id:hgo687:20211218230112j:plain

ドカッ

黄ドクロ「ぐはっ!?」

f:id:hgo687:20211218230155j:plain

ウインド「! 今がチャンスだな。」

f:id:hgo687:20211218230238j:plain

ウインド「雷鳴突き!」

グサッ

f:id:hgo687:20211218230627j:plain

ピシャ-ン

黄ドクロ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20211218231001j:plain

黄ドクロ「もうダメ…。」

黄ドクロ、脱落…

f:id:hgo687:20211218231055j:plain

勝者、ウインド!

 

Part8終わり。

フィギュアdeバトル Part7

f:id:hgo687:20211214115113j:plain

黄ドクロ「画面の前のみんな! 今日もフィギュアdeバトルの時間ッスよ!」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211214115204j:plain

今回のステージ…いろいろダイザ

ルール… サバイバル(襲いかかってくる敵や仕掛けをかわし、最後まで生き残っていたフィギュアの勝利。 このルールでは、武器の持ち込み不可。)

〜〜〜〜〜

f:id:hgo687:20211214115350j:plain

黄ドクロ「今回のメンバーは、俺っちと高咲侑ちゃん、ウインドに村人さんッス。 それじゃあ、開始するッスよ!!」

侑「これ、2022年初の試合じゃん! 頑張るぞー!!」

村人「威勢がいいのぉ〜…ま、勝つのはワシなんじゃがな。」

ウインド「いや、今年の初勝利は私が頂く!」

f:id:hgo687:20211214115821j:plain

黄ドクロ「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211214115851j:plain

黄ドクロ「スタート!」

侑「いよいよ始まったね! …って、あれ?」

村人「どうしたんじゃ?」

f:id:hgo687:20211214115943j:plain

侑「あのー、敗吐君の姿が見当たらないんだけど…。」

黄ドクロ「ああ…敗吐の兄貴なら、餅をたらふく食べて喉に詰まらせて病院送りになったから不参加ッス。」

侑「ええ…何やってるのさ…。」

f:id:hgo687:20211214120206j:plain

ウインド「ちょっと待て、あいつ主人公じゃなかったのか!? それなのに、餅食べて不参加ってのは…。」

村人「まあまあ、たまにはあのバカウサギがいない真面目な試合を楽しむのもいいじゃろ?」

ウインド「そ…そうだな。」

f:id:hgo687:20211214120924j:plain

ウインド「…しかしこのマップ、どんなギミックがあるか検討もつかないな。」

侑「私が思うに、色に関係する何かがありそうな気がする…。」

f:id:hgo687:20211214121113j:plain

村人「…ん? なんじゃあのランプは!」

黄ドクロ「今は紫色ッスね…。」

f:id:hgo687:20211214121514j:plain

ピカッ

黄ドクロ「赤色に変わったッス!」

f:id:hgo687:20211214121559j:plain

村人「これはつまり、赤色の台座に行けとう事じゃな!」

黄ドクロ「赤色へいそげー!!」

ウインド「お…おいお前たち、いくらなんでも軽率じゃないか!? もしかしたら、赤色が危険な可能性もあるんだぞ!」

3…2…1…

f:id:hgo687:20211214121900j:plain

0

ピシャ-ン

ウインド「ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

ウインド、脱落…

f:id:hgo687:20211214135330j:plain

侑「どうやらこれは、ランプの色と同じ色の台座に乗らないと即死するギミックみたいだね。」

黄ドクロ「なるほど…マリパのいろいろキノコ的なやつなんッスね!」

村人「咄嗟に赤に移動したが…セーフだったんじゃな。」

f:id:hgo687:20211214140251j:plain

村人「さて、次の色は…。」

ピカッ

f:id:hgo687:20211214140408j:plain

黄ドクロ「俺のカラーッス! 急げー!!」

3…2…1…

f:id:hgo687:20211214140627j:plain

0

………。

侑「やっぱり…生き残っている人全員が指示された色の台座に乗ってると、何も起こらないみたい。」

村人「なんだ、楽勝じゃな。」

f:id:hgo687:20211214141150j:plain

黄ドクロ「いやー、楽しくなってきたッスね!! …次の色は何色ッスか?」

f:id:hgo687:20211214141317j:plain

ピカッ

村人「緑…じゃな!」

f:id:hgo687:20211214141353j:plain

侑「緑、みどりっと。」

黄ドクロ「ラッキー、すぐ近くに緑の台座があるッス!」

f:id:hgo687:20211214141449j:plain

ガン

黄ドクロ「…ってあれ!? この台座、バリアがあって入らないッス!」

村人「ふむ…どうやら1つの台座につきフィギュア1体しか入れない、所謂イス取りゲームの要素もあるようじゃな。」

黄ドクロ「そんなぁ…。」

f:id:hgo687:20211214142030j:plain

黄ドクロ「いやでも、あそこにある緑の台座にいければワンチャン…!!」

3…2…1…

f:id:hgo687:20211214142821j:plain

ピシャ-ン

黄ドクロ「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

村人「間に合わなかったのぉ。」

黄ドクロ、脱落…

f:id:hgo687:20211214142954j:plain

村人「…さて、残るはワシとお前さん。 1対1の勝負じゃな!」

侑「臨むところだYO!」

f:id:hgo687:20211214143118j:plain

ピカッ

侑「次は、赤の台座か。」

f:id:hgo687:20211214143214j:plain

侑「確かこの近くに…。」

村人「残念じゃが、この台座はワシが既にもらっておる。」

f:id:hgo687:20211214143328j:plain

侑「だったら、あそこの台座に行けば…!!」

村人「間に合うかのぉ〜?」

3…2…1…

f:id:hgo687:20211214143517j:plain

侑「こうなったら…愛ちゃん直伝のスライディング!」 ズサ-

0

f:id:hgo687:20211214143643j:plain

侑「どんなもんさ!」

村人「うむ、見事じゃ。」

f:id:hgo687:20211214143854j:plain

ピカッ

侑「今度は…また緑色、青色が全然来ないね。」

f:id:hgo687:20211214143950j:plain

村人「よし、ここの緑は確保したぞい。」

侑「ああっ…一足遅かった!」

f:id:hgo687:20211214144347j:plain

侑「じゃあ、こっちの台座に行けば…!!」

シュン

村人「おっと、そうはいかの金メッキ。」

侑「!?」

f:id:hgo687:20211214144709j:plain

侑「なら今度はこっちに…」

シュン

村人「行けるとでも思ったかのぉ〜?」

3…2…1…

f:id:hgo687:20211214145046j:plain

0

ピシャ-ン

侑「ぎゃあぁぁぁぁぁぁっ!?」

高咲侑、脱落…

f:id:hgo687:20211214145143j:plain

勝者、村人!

 

Part7、終わり。

新年の挨拶(2022)

f:id:hgo687:20211227162737j:plain

黄ドクロ「皆さん、あけましておめでとうございます。」

敗吐「今年もよろしくお願いするッスよwwwww」

f:id:hgo687:20211227162931j:plain

敗吐「…というわけで、これで新年の挨拶は終わりッス!w 画面の前のお前らも楽しい正月を過ごしてくれッス!w」

 

終わり。

 

 

 

f:id:hgo687:20211227163044j:plain

マネキン「ちょっと待って。 これで終わるのも良いんだけど、な〜んかちょっとインパクトに欠けるんだよね〜。」

マネキン「…そんなわけで、敗吐君キミには花火になってもらうよ?」

敗吐「は? お前、頭おかしくなったんッスか?w」

f:id:hgo687:20211227163251j:plain

マネキン「ポチっとな。」

カチッ

f:id:hgo687:20211227163325j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「チョオオオオオオオオオ!!」

黄ドクロ「あっ…兄貴!?」

f:id:hgo687:20211227163423j:plain

ヒュ-…

f:id:hgo687:20211227164908j:plain

パ----ン!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

マネキン「た〜まや〜!」

f:id:hgo687:20211227164928j:plain

マネキン「これだよ、これ! やっぱ、新年は敗吐を爆発させてパーっと盛り上げないとね。」

 

以上です。

フィギュアdeバトル Part6(年末特別編)

f:id:hgo687:20211210230320p:plain

敗吐「おい、お前ら!w なんと今回のフィギュアdeバトルは、年末スペシャルッスよwwwww」

敗吐「サイコーにスペシャルなゲストも参戦するから、楽しみにしてるッスwww」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211210230508j:plain

今回のステージ…箱の中

ルール…チームPVP(基本的なルールはPVPと同じだが、2対2に分かれて行う。 最後まで生き残ったフィギュアがいるチームの勝ち。)

〜〜〜〜〜

f:id:hgo687:20211210231032j:plain

敗吐「今回の参加者は、俺と高咲侑とウインド。 …そして、スペシャルゲストとしてBandMewtwo(id: bandmewtwoyuyuko)さんのところの俺のオリジナルッス!w」

侑「年末スペシャルかぁ…、ワクワクするなぁ!!」

ウインド「ゲストまで呼ぶとは…実に豪勢だな。」

f:id:hgo687:20211210231642j:plain

敗吐「そしてチーム分けは、俺とオリジナルVS侑とウインドッス!w」

オリジナル敗吐「おい!wお前らぁ!!!w 今からジブンとキモフィギュアのサイキョーコンビであの女どもを瞬殺するから、よく見とけッスよ?w」

敗吐「それじゃあ、始めるッスよ!w」

f:id:hgo687:20211210232153j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211210221536j:plain

敗吐「スタート!」

オリジナル敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

オリジナル敗吐、脱落…

f:id:hgo687:20211210234708j:plain

敗吐「おい、何勝手にやられてるんッスか!w」

f:id:hgo687:20211210234835j:plain

侑「な、何が起こったの…?」

ウインド「そういえば聞いた事がある、オリジナルの敗吐は開始の合図と同時に謎の死を遂げる…と。 酷い時には、開始前に謎の死を遂げる事もあるらしい。」

侑「ええ…。」

f:id:hgo687:20211210234855j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w そんな変なところまでわざわざ再現する必要ないだろッス!!w」

ウインド「確かに、それには私も同意だ。」

f:id:hgo687:20211210234919j:plain

敗吐「こうなったら、このサイキョーの俺だけでお前ら2人を倒してやるッス!w  手加減なんていらないッスよ、かかってこいッス!!w」

f:id:hgo687:20211210234942j:plain

侑「じゃ、遠慮なく♪」

バシャァァァァァァァァ

敗吐「熱ィィィィィィィィ!?」

ウインド「スナイピング!」 ズドォ-ン

f:id:hgo687:20211210235003j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

敗吐、脱落…

f:id:hgo687:20211210235057j:plain

侑「私達の圧勝だったね! …でも年末スペシャルなのに、こんなのでいいのかな?」

ウインド「別にいいんじゃないか?」

f:id:hgo687:20211210235245j:plain

勝者、侑&ウインド!

 

Part6終わり。

皆さん、よいお年を!

フィギュアdeバトル Part5

f:id:hgo687:20211208100819j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回もフィギュアdeバトルの時間が始まるッスよwww」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211208101220j:plain

今回のステージ…いつもの場所

ルール… PVP(参加者全員が自由に武器を持って戦い、力尽きたりエリアの外に出たら負け。 最後まで生き残っていたフィギュアの勝利となる。)

〜〜〜〜〜

f:id:hgo687:20211208101540j:plain

敗吐「今回の参加者は、俺と黄ドクロと高咲侑とウインドッス!w …それじゃあ、始めるッスよwww」

黄ドクロ「よし、今回こそはドクロ流奥義の真髄を見せてやるッス!」

侑「なんか、双剣になってからキャラが変わった気が…。」

ウインド「これがフィギュアdeバトルか、緊張するな。」

f:id:hgo687:20211208101935j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211208102003j:plain

敗吐「スタート!」

ボゴォ

ウインド「へ?」

f:id:hgo687:20211208102047j:plain

ビタ-ン

ウインド「ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20211208102203j:plain

侑「まーた、開始と同時にズルしてるよ…。」

黄ドクロ「前回、前々回はやらなかったから心を入れ替えたのかと思ったら…兄貴、失望したッスよ!」

f:id:hgo687:20211208102418j:plain

敗吐「心を入れ替えた?…バカッスねー、前回、前々回やらなかったのはメリットが無かったからッスw とりあえず、新人にはこの洗礼を受けてもらわないとッスねwww」

黄ドクロ「兄貴、ウインドは新人じゃなくて俺と同期ッスよ!?」

敗吐「そんな細かい事はどうでもいいッスw」

f:id:hgo687:20211208102847j:plain

侑「じゃあ、私からも洗礼してあげるね♪」

バシャァァァァァァァァ

敗吐「あっちちちちちちちちちち!?」

f:id:hgo687:20211208103050j:plain

ウインド「あの熱湯でハゲウサギの全身がびしょ濡れだな…。」

ウインド「! これは、いいコンボになりそうだ。」

f:id:hgo687:20211208103503j:plain

ウインド「…ハゲウサギ、貴様のようなイカサマ野郎は断罪を受けよ! 雷鳴斬!!」

ザシュ

f:id:hgo687:20211208103643j:plain

ピシャ-ン

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20211221165927j:plain

敗吐「シビビビビビビビレレレレレレレレレ!?」

黄ドクロ「か、感電なんてエグいッスよ…。」

敗吐、脱落…

f:id:hgo687:20211208103850j:plain

ウインド「ふむ、これであの邪魔な奴もいなくなったな。 …さあ、再開といこうじゃないか!」

f:id:hgo687:20211208104202j:plain

黄ドクロ「よーし、じゃあ行かせてもらうッス!」

侑「ん?」

f:id:hgo687:20211208104254j:plain

黄ドクロ「とりゃあ!」

侑「おっと、傘ガード。」

f:id:hgo687:20211208104402j:plain

ウインド「はあっ!」

スパッ

f:id:hgo687:20211208104444j:plain

ピシャ-ン

黄ドクロ「ぎゃー!!」

f:id:hgo687:20211208104542j:plain

侑「チャーンス!」

バシャァァァァァァァァ

ウインド「ふん、そんな攻撃など効かぬ!」

f:id:hgo687:20211208104646j:plain

侑「ふっふっふ、それはどうかな? このままお湯を浴びせ続ければ、熱で盾が機能しなくなるはずだよ。」

黄ドクロ「ああそういえば、ウインドの盾って熱には弱かったッスね。」

f:id:hgo687:20211208104951j:plain

ウインド「ならば、それまでに貴様を倒すまで!!」

ダッ

f:id:hgo687:20211208105526j:plain

ウインド「せいっ!」

侑「よっと。」

f:id:hgo687:20211208105654j:plain

ピシャ-ン

侑「ぎゃふん!」

f:id:hgo687:20211208105916j:plain

ウインド「とう!」

黄ドクロ「(! まさか、侑ちゃんに追撃ッスか?)」

f:id:hgo687:20211208110439j:plain

侑「ううう…。 やっぱり、雷の追撃が厄介…。」

f:id:hgo687:20211208110605j:plain

ウインド「これで…トドメだぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

侑「まずいっ、この攻撃は防ぎきれないかも…。」

黄ドクロ「…今だ!」

f:id:hgo687:20211208110748j:plain

侑、ウインド「「へ?」」

黄ドクロ「ドクロ流奥義…」

f:id:hgo687:20211208110840j:plain

黄ドクロ「平行切り!」

シュバッ

侑「わぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ウインド「ふぐぅぅぅぅぅぅぅ!!」

f:id:hgo687:20211208111030j:plain

ウインド「油断は…禁物…だな。」

侑「負けちゃったかぁ…。 でも楽しい勝負だったー!!」

高咲侑、ウインド、脱落…

f:id:hgo687:20211208111225j:plain

勝者、黄ドクロ!

 

Part5終わり。

フィギュアdeバトル Part4

f:id:hgo687:20211205234622j:plain

敗吐「おい、お前ら!w フィギュアdeバトルの時間がやってきたッスよwww」

敗吐「今までは散々な結果だったッスが、今回こそは結果を残してやるッスwwwww」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211205234832j:plain

今回のステージ…いつもの場所

ルール…旗取り合戦(ステージ上にランダムに現れる旗を取り合い、先に2本の旗を奪取したフィギュアの勝ちとなる。) 

〜〜〜〜〜 

f:id:hgo687:20211205235029j:plain

敗吐「今回の参加者は、俺と黄ドクロと高咲侑と村人(マインクラフト)ッス!w …それじゃあ、始めるッスよwww」

黄ドクロ「今回は武器を新調してきたから、絶対に勝ってやるッス!」

侑「奇遇だね、実は私もなんだ。」

村人「初参加じゃが…うーん楽しみじゃ。」

f:id:hgo687:20211205235746j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211206000353j:plain

敗吐「スタート!」

侑「どこに旗が現れるんだろ…?」

f:id:hgo687:20211206000435j:plain

旗が出現した!

f:id:hgo687:20211206000503j:plain

侑「あっ、私が一番近いや! おっ先〜。」

f:id:hgo687:20211206000621j:plain

黄ドクロ「そうはさせないッスよ!」

ザシュ

f:id:hgo687:20211206000734j:plain

侑「ぎゃあ!」

黄ドクロ「よし、今の内に取りに行くッス!」

f:id:hgo687:20211206000838j:plain

敗吐「そう簡単に取りに行かせると思うッスか?w ハイパーサイキョーパーンチ!」

ボゴォ

f:id:hgo687:20211206000953j:plain

ビタ-ン

黄ドクロ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

f:id:hgo687:20211206001049j:plain

敗吐「見たッスか、シルフィーグローブの力を!w このグローブは、殴った相手を遠くに吹き飛ばすサイキョーの武器ッスwww」

f:id:hgo687:20211206001320j:plain

敗吐「…さて、旗は俺のものッスねw」

村人「誰か忘れちゃおらんかのぉ。」

f:id:hgo687:20211206001409j:plain

敗吐「何ッスか?w ジジイごときが、このサイキョーの俺に勝負を挑もうなんて100年早いッスよ?w」

村人「なんじゃ、ワシと戦うのが怖いのか?」

f:id:hgo687:20211206001617j:plain

侑「(…よし、気づかれてないみたい。)」

敗吐「はぁ? お前みたいな老ぼれなんか、このパンチで一捻りッスよwww」

f:id:hgo687:20211206001910j:plain

スッ

敗吐「き…消えた!?」

f:id:hgo687:20211206002007j:plain

村人「天空地獄頭突き!!」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20211206002058j:plain

侑「やった、1本目ゲット♪」

f:id:hgo687:20211206002142j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w お前のせいで漁夫られたじゃないッスか!w」

村人「ふん、お前に取られるよりはマシじゃ。」

f:id:hgo687:20211206014118j:plain

旗が出現した!

f:id:hgo687:20211206014148j:plain

村人「おっ、次の場所はワシが一番近いな! どれ、行くとするかのぉ。」

敗吐「おっとジジイ、そう簡単には行かせないッスよ!w」

f:id:hgo687:20211206014227j:plain

侑「そうはさせないよ、熱湯シャワー!!」

バシャァァァァァァァァ

敗吐「熱ィィィィィィィィ!?」

f:id:hgo687:20211206014316j:plain

村人「あの娘、ワシじゃなくて敗吐を狙うとはわかっておる! …さてと、旗を貰うとするかのぉ。」

f:id:hgo687:20211206014345j:plain

黄ドクロ「待つッス、旗は俺がいただくッス! ドクロ流奥義、落武者交差斬り!!」

f:id:hgo687:20211206014412j:plain

村人「おっと!」 サッ

黄ドクロ「ぐっ、外したッスか…。」

f:id:hgo687:20211206014449j:plain

村人「ふぉっふぉっふぉっ、この旗はワシのものじゃ!」

f:id:hgo687:20211206014523j:plain

敗吐「おい黄ドクロ、何やってるんッスか!w あんなクソジジイに負けるとか恥ッスよw」

黄ドクロ「それは、兄貴も同じじゃないッスか!」

f:id:hgo687:20211206014658j:plain

旗が出現した!

f:id:hgo687:20211206014726j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョッw 今度は俺のすぐ近くに現れたッスね、やっぱ日頃の行いがいいからッス!w」

f:id:hgo687:20211206014752j:plain

黄ドクロ「ドクロ流奥義、片手薙ぎ払い!」

ザシュ

f:id:hgo687:20211206014821j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

黄ドクロ「兄貴、悪く思わないでくださいッスよ。」

f:id:hgo687:20211206014858j:plain

侑「本日2回目の熱湯シャワー!」

バシャァァァァァァァァ

黄ドクロ「あちゃちゃちゃちゃちゃ!?」

f:id:hgo687:20211206014927j:plain

侑「ふっふっふ…2人とも悪いね、今回も私が勝利をいただいていくよ。 …ところで、あのお爺さんは何処に行ったんだろう…?」

f:id:hgo687:20211206014951j:plain

村人「ワシならここじゃよ。」

ドカッ

f:id:hgo687:20211206015017j:plain

侑「ぎゃふん!」

村人「悪いのぉ、これでワシの勝利じゃ!」

f:id:hgo687:20211206015218j:plain

黄ドクロ「あつつ…はっ、兄貴! あの爺さんが旗を取っちゃうッスよ!?」

敗吐「おい待て、取るんじゃないッス!w」

f:id:hgo687:20211206015241j:plain

村人「よぉし、2本目獲得じゃ!」

村人…旗2本奪取成功!

f:id:hgo687:20211206015303j:plain

勝者、村人!

 

Part4終わり。

フィギュアdeバトル Part3

f:id:hgo687:20211202212230j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回もフィギュアdeバトルをやっていく…」

f:id:hgo687:20211202212302j:plain

???「アーッハッハッハ! 残念だけど、このシリーズは今回で最終回だよww」

敗吐「…誰ッスか!?w」

f:id:hgo687:20211202212339j:plain

ニセルド「ボクだよ、ボク。」

敗吐「お前は、カオルイ(id:luigi-198)さんのところのニセルドっ!? それよりも最終回ってどういう事ッスか、まさか…作者の奴めんどくさくなって終わらせるつもりじゃ…。」

f:id:hgo687:20211202212449j:plain

ニセルド「ハハハ、最終回というのはボクがこの手で終わらせるって意味だからだよw もしボクがこの試合で勝ったら、このブログをボクがもらう。」

ニセルド「…そしてこの世界の全フィギュアを洗脳し、ボクが王として君臨する楽園<パラダイス>を創り上げるのさw」

f:id:hgo687:20211202212523j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w 他のフィギュア達がどうなろうが知ったこっちゃないッスが、このサイキョーの俺を差し置いて王になるなんて許さないッスよ!w」

敗吐「ニセルド、勝負ッス!w」

ニセルド「ハハハ、口先ばかりのキミがボクに勝てるかな?」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。 

f:id:hgo687:20211202212637j:plain

今回のステージ…とある王国

ルール…サバイバル(襲いかかってくる敵や仕掛けをかわし、最後まで生き残っていたフィギュアの勝利。 このルールでは、武器の持ち込み不可。)

〜〜〜〜〜 

f:id:hgo687:20211202213214j:plain

敗吐「今回の参加者は、俺と黄ドクロと高咲侑とゲストの薄汚れたニセルドッス!w …それじゃあ、始めるッスよwww」

ニセルド「誰が薄汚れただって? それはキミなんじゃないかなww」

侑「この2人、煽りあってるよ…。」

黄ドクロ「ふー、今回は兄貴の横じゃなくて良かったッス。」

f:id:hgo687:20211202213836j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211202213938j:plain

敗吐「スタート!」

ニセルド「…うん、どうやらこのステージは某配管工のゲームを模したステージっぽいねw」

侑「えっ…って事は、私達はマリオの気分を味わえるんだ!? いいないいな〜。」

f:id:hgo687:20211202214840j:plain

敗吐「お前ら、そうやって浮かれてショボ死だけは絶対にするなッスよ?w」

ドカ

f:id:hgo687:20211202214948j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

黄ドクロ「言ったそばから、兄貴がショボ死してるじゃないッスか!」

敗吐、脱落…

f:id:hgo687:20211202215038j:plain

ニセルド「アーッハッハッハ! 敗吐君、キミに相応しい無様な最後だねw これでもう、このブログはボクのものだ!」

f:id:hgo687:20211202215226j:plain

クリボー「うるせぇ! 邪魔だ、どけ!!」

グシャ

ニセルド「アッロォォォォォォォォ!!」

ニセルド、脱落…

f:id:hgo687:20211202215328j:plain

侑「二人ともやられるの早くない!?」

黄ドクロ「ニセルドがやられたから最終回になるのは免れたけど、これは酷すぎるッス…。」

f:id:hgo687:20211202215631j:plain

クリボー「おうおうおう、まだ二人も残っていたか! お前らもさっきの2人と同じ目に遭わせてやんよ。」

f:id:hgo687:20211202215802j:plain

侑「そうはいかないよ、ジャーンプ!」

クリボー「何っ!?」

f:id:hgo687:20211202215855j:plain

フミッ

クリボー「ぎゃー!!」

f:id:hgo687:20211202220139j:plain

侑「ふふん、どんなもんさ!」

黄ドクロ「おお、良いッスねー。」

f:id:hgo687:20211202220212j:plain

黄ドクロ「….それじゃあ、俺も!」

タッタッタッタッタッ…

侑「ん?」

f:id:hgo687:20211202220315j:plain

黄ドクロ「とう!」

ボコン

f:id:hgo687:20211202220432j:plain

ドゥルドゥル

黄ドクロ「キノコ出たッスー!!」

侑「うわ、ホントだ! あれを取ったら、一度だけ敵や仕掛けに当たってもセーフになるのかな?」

f:id:hgo687:20211202220559j:plain

黄ドクロ「…って、あっ! そうこうしている内にキノコが先に行っちゃうッス!!」

侑「そこまで再現されているんだ。」

f:id:hgo687:20211202220916j:plain

黄ドクロ「待てー!!」

ダッダッダッダッダッ…

f:id:hgo687:20211202220950j:plain

………。

黄ドクロ「この中に、キノコが入っていったッスよね…。 よし、勇気を出して取りに行くッス!」

f:id:hgo687:20211202221152j:plain

黄ドクロ「それっ!」

侑「ちょっと待って…って遅かった! そのドカン、何か嫌な予感がするんだけど…。」

f:id:hgo687:20211202221358j:plain

ガブッ

黄ドクロ「ぎゃあぁぁぁぁぁぁ!? パックンフラワーだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

侑「やっぱり…。」

黄ドクロ、脱落…

f:id:hgo687:20211202221835j:plain

勝者、高咲侑!

 

Part3終わり。