ゾンビ・エスケープ

f:id:hgo687:20200714082050j:plain

穂乃果「へぇー、これがリアル体感型のゾンビシューティングゲームかぁ…。 VRの世界だけど、まるで現実の世界にいるみたいだね!」

f:id:hgo687:20200714082239j:plain

曜「うわっ、銃もリアル!! 本当に凄いね、このVRゲーム。」

鞠莉「でしょー? 小原グループの技術力を持ってすれば、こんなことBreakfast前デース!」

f:id:hgo687:20200714082702j:plain

海未「…ふむ。 皆さんが持っている銃は…穂乃果がFA-MAS、曜がクリスヴェクター、鞠莉がM16で私がベレッタ92…ですね。」

f:id:hgo687:20200714083712j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ!w」

敗吐「おい、お前ら!w たかだかゾンビゲームで銃を使うとか、軟弱者ッスねwwwww」

f:id:hgo687:20200714084259j:plain

穂乃果「あ! 過去にゴミとして捨てられたのに、ゴキブリのようにしつこく戻ってきた敗吐君だ。」

敗吐「事実だけど、ゴキブリは余計ッス!w」

海未「…また貴方ですか。」

f:id:hgo687:20200714084649j:plain

敗吐「お前ら、本当にクソザコの素人ッスねwww 俺みたいなサイキョーのプロになると、ゾンビ如き素手で充分ッス!w」

f:id:hgo687:20200714085249j:plain

穂乃果「え…いやいや、さすがに素手は危ないよ! それに、銃でゾンビを倒すのがゾンビゲームの醍醐味じゃないの!?」

海未「穂乃果、人の話を聞かない彼に何を言っても無駄です。 無視しましょう。」

f:id:hgo687:20200714085505j:plain

敗吐「はいはい、俺のこと好きに無視しておくがいいッスよw 俺だって、負け犬の戯言を聞いている暇はないッスからねw」

敗吐「…じゃそういうことで、アディオーッス!w」

f:id:hgo687:20200714085717j:plain

曜「行っちゃったね…。」

曜「…ところで鞠莉ちゃん。 このVRゾンビゲームって、素手でゾンビを殴ると何発で倒せるんだっけ?」

鞠莉「えーっと、12発ね。 蹴りだと8発だけど、どちらにせよキルタイムが遅いから銃を使った方が圧倒的に良いわ!」

f:id:hgo687:20200714090022j:plain

穂乃果「…なんだろう、凄く嫌な予感が。」

「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

穂乃果「やっぱり…。」

f:id:hgo687:20200714090611j:plain

曜「ちょっと、様子を見に行ってみよう!」

鞠莉「突撃デース!」

f:id:hgo687:20200714090724j:plain

タッタッタッ…

曜「…ん、あれは。」

f:id:hgo687:20200714090803j:plain

「ウァァァァァァァァァ…。」

穂乃果「敗吐君がマネキンゾンビに襲われてる!!」

f:id:hgo687:20200714090932j:plain

曜「とりあえず、倒さなきゃ! ヨーソロー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20200714091119j:plain

「グガッ…。」 バタリ…

f:id:hgo687:20200714091158j:plain

鞠莉「曜、Niceよ! …しかし、雑魚ゾンビ1体すら倒せないなんて、情けないわねぇーw」

f:id:hgo687:20200714091543j:plain

海未「全くです…。 あれだけ大口叩いておきながらこのザマとは、恥ずかしくないんですかね?」

穂乃果「まあまあ…仕方ないよ、これも敗吐君の宿命なんだから。」

f:id:hgo687:20200714092319j:plain

曜「ところで、コレどうする? 蘇生させた方がいいかな…?」

穂乃果「うーん、どうしよっか?」

海未「流石にこのままにしておくのは良心が痛みますし、不本意ですが蘇生する事にしましょう。」

f:id:hgo687:20200714092815j:plain

曜「じゃあ、(蘇生)やるね。」

蘇生中…

f:id:hgo687:20200714092902j:plain

敗吐「俺、復活ーッス!w」

曜「わわっ!?」

敗吐「お前ら、俺を復活させるとは見どころがあるッスねーw お礼に俺の下僕にしてやるッスよ?w」

f:id:hgo687:20200714093212j:plain

海未「…なるほど、どうやら死にたいようですね?」

f:id:hgo687:20200714093343j:plain

敗吐「ジョークッスよ、ジョーク。 助けてくれた相手に、本気でそんな事思うわけないじゃないッスかw」

海未「………。」

敗吐「お…俺が悪かったッス! もう反抗的な態度も偉そうな態度も取らないッスから、仲間に入れてほしいッス!!」

f:id:hgo687:20200714094358j:plain

穂乃果「…どうする?」

鞠莉「まあ、いいんじゃない…? 足手まといになりそうだけど、最悪おとりにでもすればいいし。」

敗吐「マジッスか!? 俺を仲間に入れてくれるんッスね!w」

f:id:hgo687:20200714094558j:plain

敗吐が仲間になった!

敗吐「…ってことで、これからヨロシクッス!w 泥舟に乗ったつもりで安心してくれッスよwww」

曜「え…泥舟って、全く安心できないんだけど…。」

 

 

…こうして、4人とクソザコ1匹のゾンビゲームが始まるのであった。

続く…かどうかはわからない。

ブロガーバトン!

今回はタブチマン (id:tabutiman2929)さんより、最近はてなブログで流行っているブロガーバトンをいただきました。

なので、自分もやってみようかなと思います。

 

↓がバトンをまわしてくださったユーザーさんのブログです。(リンクが上手く貼れていないかもしれませんが、その時はご了承ください。)

tabutiman2929.hatenablog.jp

オンラインショップやサブスクの良い物を、詳しく紹介しているブログです。

皆さんも一度見に行ってはいかがでしょうか?

 

 

…そして、肝心のバトンです。

f:id:hgo687:20200706194459j:plain

こんな感じかな…?

 

このブロガーバトンをまわすのは強制ではないとのことなので、あえて自分で打ち止めにしておきます。

一応、ネズミ方式みたいな感じでまわしているようなので、他のユーザーさんから閲覧している皆様の方に来る可能性はあります。

 

ただ…もし、自分のところにまわしてもOKだよって人は、コメントにてお知らせください。 ブログへのリンクを貼っておきます。(ただし、普段からコメントしたりで仲良くしてくださっている人限定です。)

ちなみに、まわす時の注意点ですが…

・下の方にあるテンプレートを、画像編集アプリで記入する。

・ブログにその編集した画像を貼る。

idコールともらった人と次の人のブログのリンクを貼る。

…のルールがあります。

f:id:hgo687:20200706195837p:plain

こちらがテンプレートです。

 

最後に…タブチマンさん、ブロガーバトンをまわしていただきありがとうございました!!

以上です。

地下室の怪物

※ホラー要素があるので、苦手な方はブラウザバックを推奨します。

また、画像が暗くて見えづらいかもしれませんが、ホラー感を出すための演出なのでご了承ください。

 

f:id:hgo687:20200629161126j:plain

黒ドクロ「よお、お前ら! 俺だ、黒ドクロだ。」

黒ドクロ「今回はこの家の地下室で、謎の呻き声が聞こえるって噂話があったから調査しに来た。 …で、今はその地下室に居るというわけだ。」

f:id:hgo687:20200629161300j:plain

黄ドクロ「ねえ兄貴、もう帰ろうッスよ…。 どうせ隙間風が呻き声に聞こえるとかそんなんだから、わざわざ調べるまでもないッスって。」

f:id:hgo687:20200629161600j:plain

黒ドクロ「るせー、テメェは黙ってろ!! こちとらその呻き声のせいで、相対的に俺たちへの恐怖心が薄まってるんだよ!」

赤ドクロ「そうだぞ、イエロー。 人間を怖がらせるのが生き甲斐である我がドクロ一味にとって、これは死活問題なんだからな?」

黄ドクロ「そう言われても…。」

f:id:hgo687:20200629162852j:plain

「ゥオオオオオオオオオオン!!」

f:id:hgo687:20200629163041j:plain

黒ドクロ「…なんだ、今の声は? まさかレッド、おまえもチビってんじゃねーだろうな?」

赤ドクロ「え? 私、何も喋ってませんけど?」

黒ドクロ「は…? じゃあなんだよ、今の声は!」

f:id:hgo687:20200629163219j:plain

黄ドクロ「あ…兄貴、こっちの方からさっきの声が聞こえてきました。」

黒ドクロ「何っ!?」

f:id:hgo687:20200629163406j:plain

黒ドクロ「ふん、ちょうどいいじゃねーか。 早速乗り込むぞ!」

黄ドクロ「ちょっ…、本当に行くんですか!?」

赤ドクロ「当たり前だろ。 あ、臆病者はついて来なくてもいいからな?」

黄ドクロ「ま….待ってくださいよー!!」

f:id:hgo687:20200629163652j:plain

キョロキョロ

赤ドクロ「…ふむ、何もいないな。 イエローの奴、まさか嘘付きやがったのか!?」

「テン…チョ…。」

黒ドクロ「…ん?」

f:id:hgo687:20200629163932j:plain

タイラント敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

黒&赤ドクロ「ぎっ…」

f:id:hgo687:20200629164159j:plain

黒&赤ドクロ「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

黄ドクロ「あ…兄貴達が…!?」

f:id:hgo687:20200629164302j:plain

黄ドクロ「逃げるんだぁ…、勝てるわけがない。」

f:id:hgo687:20200629164339j:plain

シュン

タイラント敗吐「ドコヘ行クッスカ?」

黄ドクロ「あ…あ…。」

f:id:hgo687:20200629164443j:plain

黄ドクロ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20200629164629j:plain

タイラント敗吐「サヨウナラ。 コレデオ前モ、アノ二人ト仲良クアノ世行キッスネ。」

f:id:hgo687:20200629164759j:plain

クルッ

タイラント敗吐「次ハ、画面ノ前ノオ前ノ番ッス。」

 

 

〜おまけ〜

タイラント敗吐のデータ。

f:id:hgo687:20200629164918j:plain

キモフィギュア敗吐の変異種。

原種と比べて知能が低下した代わりに、とてつもない身体能力を得た。

生半可な攻撃は効かず、打撃系の攻撃ではほぼ倒すことは不可能。

ゾンビのようなアンデント属性があるので、回復技や回復アイテムを使うと大ダメージを与えられる。

余談だが、斬撃や銃弾を手や足に当てると部位破壊ができる。

 

以上です。

フードファイター敗吐

f:id:hgo687:20200619230558j:plain

黄ドクロ「レディースアーンドジェントルメン! 本日もやって参りました、ヘンテコフードファイトのお時間です。」

黄ドクロ「司会は私、黄ドクロがお送りいたします。」

f:id:hgo687:20200619230805j:plain

黄ドクロ「…さて、今回の挑戦者は自称世界一最強(笑)のフードファイター、敗吐さんです!」

敗吐「どうもー、よろしくッス!w」

f:id:hgo687:20200619230944j:plain

黄ドクロ「早速ですが、挑戦前の意気込みを聞かせてもらってもよろしいですか?」

敗吐「もちろんッスよ!w このサイキョーの俺にかかれば、どんな料理であっても時間内に平らげることなんてヨユウッスwww」

f:id:hgo687:20200619231243j:plain

黄ドクロ「いやー、素晴らしい意気込みでしたね! ありがとうございます!!」

黄ドクロ「…では、今回彼に挑戦していただく料理はこちら!」

f:id:hgo687:20200619231351j:plain

ガヤ「「「「「おおーっ!!」」」」」

黄ドクロ「こちらは一見普通のカレーライスに見えますが、実はちょっと違うんです。 …というのも、このカレーには世界で2番目に辛いとされる唐辛子の"ドラゴンブレスが使われております。」

黄ドクロ「その辛さはなんと、日本で一般的に食されている"鷹の爪"の約60倍以上の辛さ! 生食では、最悪死に至るレベルで辛いそうです。」

※補足…鷹の爪の辛さは約4万SHUで、対するドラゴンブレスは約248万SHU。 (SHUは、辛さを表す単位のスコヴィル値

f:id:hgo687:20200619232245j:plain

黄ドクロ「そして…この挑戦に成功すると、このフェラーリが贈呈されます! チャレンジ成功を目指して、頑張ってください!!」

f:id:hgo687:20200619232504j:plain

敗吐「マジッスか!? あの超高級車のフェラーリが貰えるなんて、チョー気合いが入るッス!w」

黄ドクロ「敗吐さん、準備はよろしいですか?」

敗吐「もちろん、いつでもいいッスよwww」

f:id:hgo687:20200619232705j:plain

黄ドクロ「それでは行きます、よーい…スタート!」

f:id:hgo687:20200619232800j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョw どれだけ辛いのかは知らないッスが、カレー如きがこのサイキョーの俺に挑戦した事を後悔させてやるッス!w」

f:id:hgo687:20200619233136j:plain

敗吐「…って、あれ?」

敗吐「まだ一口も食べていないのに、体の震えと汗が止まらないッス…。 しかも、なんだか目が痛くなっt」

f:id:hgo687:20200619221317j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」バタリ…

↑唐辛子の刺激臭で倒れたw

黄ドクロ「おおーっと! 敗吐選手、まさかの一口も食べずにリタイアしてしまったー!!」

f:id:hgo687:20200619233541j:plain

黄ドクロ「…というわけで、これにてヘンテコフードファイトの時間は終わりです。 …画面の前の諸君、無謀な挑戦は身を滅ぼすことになりますよ!」

 

 

…こうして、無謀にも激辛料理に挑戦しようとした敗吐は帰らぬ人となってしまった。

以上です。

スクスタ 3人のプリンセスガチャ

久しぶりのスクスタの記事です!

f:id:hgo687:20200611005247p:plain

今回は、6月10日に追加された「3人のプリンセスガチャ(後編)」を回していきたいと思います。 

今回実装されたURは、ニジガクの3年生朝香果林さん。

他のニジガクメンバーよりも早く、3枚目のUR実装となりました。

他にはSRの真姫(それは僕たちの奇跡)も、前半イベントガチャから続投しています。

 

ちなみに、3人のプリンセスとは穂乃果、梨子、果林の3人。 (内穂乃果はイベントアイテムでの交換、梨子は前半ガチャでの登場。)

なんでも、次のライブのパフォーマンスとして3人でプリンセスになりきる…というのが今回の話(イベントストーリー)でした。

…話がそれてしまいましたが、早速行きます。

 

f:id:hgo687:20200611010834p:plain

おっと、いきなり虹色のライト…URが確定しました!

果たして結果は…。

f:id:hgo687:20200611011011p:plain

f:id:hgo687:20200611011042p:plain

出たのは、今回の目玉である朝香果林。

よっしゃー、大勝利です!!

f:id:hgo687:20200611011252p:plain

そして、今回の結果。

流石にSR真姫ちゃんの方は出ませんでした。

 

…というわけで、見事URの果林ちゃんを引き当てることができたので大満足です!

次は、今度のスクスタフェスガチャのためにラブカスターをとっておこうとおもっていますが、恐らく記事を投稿することはないと思います。

 

 

おまけ

f:id:hgo687:20200611011642p:plain

今回のプリンセス果林さん。

果林ちゃんのソロ曲「Starlight」で撮りました。

以上です。

ネイキッド敗吐

f:id:hgo687:20200607154643j:plain

村人「散歩は楽しいの〜。 なぁ、ポチ太郎。」

ポチ太郎「ワン!」

f:id:hgo687:20200607154811j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン…キキ-ッ!

村人「な、なんじゃこの車は!?」

ポチ太郎「ワン?」

f:id:hgo687:20200607154857j:plain

ガチャッ

敗吐「おい、お前ら!w 今からこの俺のサイキョーの肉体美を特別に見せてやるッス!w」

敗吐「ありがたく思えッスよwwwww」

村人「いきなり出てきたと思ったら、何訳わからんことを…。」

f:id:hgo687:20200607155031j:plain

敗吐「…というわけで、アーマー解放ッス!w」

f:id:hgo687:20200607155149j:plain

ピカ-ッ

村人「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!? ま、まぶしいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

ポチ太郎「キャウーン…。」

f:id:hgo687:20200607155304j:plain

………。

f:id:hgo687:20200607155350j:plain

村人「…収まったようじゃな。 一体何が起こ…ってええええええ!?」

f:id:hgo687:20200607155454j:plain

敗吐「どうッスか、この俺のサイキョーの肉体美は! 凄すぎて言葉が出ないだろうッスwww」

敗吐「世界…いや、宇宙のどこを探しても、こんなに素晴らしい肉体を持つのは俺ぐらいッスかね?w」

f:id:hgo687:20200607155807j:plain

村人「き…気持ち悪過ぎるわ!! こんなものを女子供が見たら、目が腐ってしまうわい!」

ポチ太郎「死ねばいいのに。」

f:id:hgo687:20200607155933j:plain

村人「…え、ポチ太郎? (今、喋っていたような…?)」

ポチ太郎「クゥーン。」

f:id:hgo687:20200607160037j:plain

敗吐「…さて、あそこのジジィに俺のサイキョーの肉体美を見せたことだし、今度は海に行ってピチピチのギャルに見せに行くことにするッスよwww」

トントン

敗吐「何ッスか、邪魔するんじゃな…」

f:id:hgo687:20200607160304p:plain

デデドン!

警察「お兄さん、やっちゃいましたねー。 公然わいさつで現行犯逮捕です。」

警察「…あ、今さっきの裸になるシーンはこのスマホでばっちり撮ったので、言い逃れはできませんよ?」

f:id:hgo687:20200607160628j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

…こうして、敗吐は公然わいせつ罪で刑務所送りにされるのであった。

以上です。

リトルアーモリー RPG-7

f:id:hgo687:20200601093627j:plain

今回はトミーテックより発売された、新作リトルアーモリーの「RPG-7」を購入したので紹介したいと思います。

前回の「ヘカートⅡ」のレビューから、約半年ぶりの購入/レビューとなります。 …と言うのも、その期間に発売されたリトルアーモリーに自分が欲しい銃がありませんでした(涙

 

なお、RPG-7旧ソ連軍で開発された携行式の対戦車兵器で、無反動砲の原理を使って弾を射出しロケットモーターに点火する構造になっているとのこと。

射程は900mと、対人ライフル並みの距離を誇ります。

映画やアニメで見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ちなみに、しばしばロケットランチャーと間違われやすいですが、この武器は無反動砲という分類です。 (ただしロケットモーターに点火しているので、ロケットランチャーと言ってもあながち間違いではない。)

f:id:hgo687:20200601095948j:plain

セット内容はこんな感じ。

今までのリトアモシリーズと比較すると、パーツとランナーが比較的大きく作られています。

パーツの破損や紛失する恐れがほぼ無いので、初めてリトアモを作るって人でも簡単に作れると思います。

f:id:hgo687:20200601101117j:plain

そして、こちらか完成した物です!

RPG-7本体と弾頭2つ、弾頭の飛翔形態用の挿げ替えパーツが出来ます。

f:id:hgo687:20200601101448j:plain

また弾頭のパーツは接着剤でくっつけなければ、装填状態、未装填状態、飛翔状態の3つの状態を挿げ替えて遊ぶことも可能です。

f:id:hgo687:20200601101916j:plain

とりあえず、いつものようにリトアモのキャラクターの朝戸ちゃんに持たせてみました!

なんかよくわからないけど、カッコいいですね。

f:id:hgo687:20200601170514j:plain

構え方別Ver.

YouTube等でRPG-7の動画を見ると、右手でトリガー左手でグリップを握る持ち方もありました。

むしろ、こちらの方が一般的な持ち方のようです。

f:id:hgo687:20200601170910j:plain

発射直後のシーン。

撮る角度と弾頭の飛翔形態を上手く使えば、FPSやTPSのゲームをやっているかのような写真が撮れます。

f:id:hgo687:20200601171031j:plain

リロードシーン。

未装填状態の弾頭は、リロードシーンを再現するのに役立ちますねぇ。

 

 

…これで、レビューは終わりです。

複数個あれば面白いブンドドが作れそうだし、追加でいくつか購入しようかな…?

以上です。