スクスタ ニジガクフェスガチャを回してみた

f:id:hgo687:20200813003712p:plain

今回は以前の記事で宣言した通り、新しく追加された三船栞子を手に入れる為にニジガクフェスを回していこうと思います。

 

このニジガクフェスは、毎月月末に開催されるフェス限定キャラ(ニジガクメンバーのみ)が追加されており、なんと確率が4倍に増えているそうです!

狙うはもちろん三船栞子のSRおよびRですが、未だにせつ菜ちゃんや愛ちゃんのフェス限キャラを持っていないので、そちらも狙っていこうと思います。

ただ、栞子ちゃんのSRやRは確率アップしていないので、フェス限のニジガクURよりも入手難易度が高めです。

 

今月のスクスタフェスで石を使い過ぎたので、今回は20連しか回せませんが、出てきてくれるだろうか…?

…それでは、結果です。

 

f:id:hgo687:20200813004328p:plain

まずは、1回目の10連。

f:id:hgo687:20200813004705p:plain

1回目の結果。

うーん、微妙ですね…。

やはりそう簡単には出ないようです。

f:id:hgo687:20200813004837p:plain

2回目の10連。

おっと、虹のスポットライトが来ました。

さて、フェス限のニジガクURは出てくれるか…!!

f:id:hgo687:20200813005019p:plain

f:id:hgo687:20200813005039p:plain

出たのは、優木せつ菜(中川菜々)。

せつ菜ちゃん、キターーーーー!!

実装から約半年、ようやくフェス限のせつ菜ちゃんを入手することができました!

長い戦いだった…。

f:id:hgo687:20200813005651p:plain

2回目の結果。

せつ菜ちゃんが当たった以外は、ほぼ全て限界突破アイテムのスクールアイドルの輝きに変わりました。

 

…というわけで、これで終わりです。

ものの見事に栞子ちゃんは当たりませんでしたが、フェス限のせつ菜ちゃんを引けたので大勝利!

一応栞子ちゃんは恒常のガチャでも出てくるので、地道にガチャを回して当てようと思います。

 

f:id:hgo687:20200813120706p:plain

とりあえず、念願のニジガクメンバーのURのみで編成するという夢が達成できました!

ちなみに、全部ガチャ産のURです。

ガチャ産のURは、この他にもしずくちゃんと果林ちゃんのを1つずつ持っています。 

 

f:id:hgo687:20200813120928p:plain

それと余談ですが、栞子ちゃんのソロ曲「決意の光」が密かに追加されていました。 (しかも、3DのMV付きで。)

このソロ曲は、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の3rdアルバム(Just Believe!!!)の収録曲のひとつで、公式の視聴動画発表前にスクスタで初お披露目という珍しい事例に。

なお、これを機に他のメンバーのニジガクのソロ3曲目もスクスタにも収録されるとのこと。

3DのMVが付く(ただし、最初はMVなし)予定とのことなので、本当に楽しみですね。

 

他にスクスタに追加予定の楽曲は、μ'sから「どんなときもずっと」、Aqoursからは「MIRACLE  WAVE」が来るらしいです。

個人的に「MIRACIE WAVE」は好きな曲なので、もしこれが本当だったら嬉しすぎる…!!

以上です。

もしも、敗吐が謎解きに挑戦したら…

f:id:hgo687:20200810200338j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回は謎解き脱出ゲームに挑戦するッスよ!w」

敗吐「このサイキョーの俺の華麗なる頭脳プレイに、酔いしれるがいいッスwww」

f:id:hgo687:20200810200521j:plain

梨子「それじゃあ、脱出ゲームを始めるよ!」

梨子「まずは、チュートリアルとしてそこにあるチェストの謎を解いてね。 それが解けたら、本編が始まるわ!」

f:id:hgo687:20200810201119j:plain

敗吐「おっ、もう初めていいんッスか?w このサイキョーで天才の頭脳を持つ俺にかかれば、チュートリアル程度の謎なんかちょちょいのちょいッスwww」

梨子「(大丈夫かなぁ…?)」

敗吐「さてと、謎はどれどれ…。」

 

 

〜たぬきのチェストの問題!〜

 

かたたたきだ

 

このチェストの中に入っている物は何?

 

 

f:id:hgo687:20200810201543j:plain

敗吐「『かたたたきだ…?』…何ッスかこれ?w マッサージ用具か何か入ってるんッスかねー?w」

敗吐「…いや、こういう謎解きにそんな馬鹿みたいな解答があるわけないッス!w もう少し考えてみるッスかwww」

 

〜10時間後〜

 

f:id:hgo687:20200810192355j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑10時間も考えている内に、頭がパンクして気絶した。

f:id:hgo687:20200810202200j:plain

梨子「えっ、嘘でしょ!? 幼稚園の子どもでさえ、10分もあれば答えられるのに…。」

 

 

こうして、敗吐の知能指数は幼稚園の子ども以下だということが全国的に知られてしまうのであった…。

ちなみに問題の答えですが、"た"ぬきのチェストなので、「かたたたきだ」の文字から"た"を抜いて"カギ"が正解です。

以上です。

穂乃誕!!!+α

f:id:hgo687:20200803153643p:plain

本日8月3日は、ラブライブ!シリーズのキャラの中で自分の最推しメンバーである、高坂穂乃果の誕生日!

穂乃果ちゃん、お誕生日おめでとう!!

彼女の存在があったからこそ、自分がラブライブ!を知ったりハマるきっかけとなりました。

 

f:id:hgo687:20200803154458j:plain

海未「…ということで、穂乃果お誕生日おめでとうございます。」

ことり「穂乃果ちゃん、Happy birthday♪」

ことり「穂乃果ちゃんの為に、ことりと海未ちゃんでパンを焼いてきたんだぁ!」

f:id:hgo687:20200803154725j:plain

穂乃果「わあっ…!!」

f:id:hgo687:20200803154847j:plain

穂乃果「ことりちゃん、海未ちゃん、ありがとう! 2人ともだーい好き!!」 モッギュ-

ことり「ほ、穂乃果ちゃん…///」

海未「穂乃果…///」

f:id:hgo687:20200803155015j:plain

敗吐「…何ッスか、あのクソ寒い茶番は?w アニメキャラの誕生日を祝うとか、気持ち悪いッスねwww」

f:id:hgo687:20200803155103j:plain

敗吐「そんなしょうもない事をするより、このサイキョーの俺を主役にした物語を作れッス!w」

赤ドクロ「そうだよな…。 敗吐お前には誕生日なんてものは無いから、誰からも誕生日祝いなんてされないもんなァ?」

f:id:hgo687:20200803153435j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑正論を突かれて精神が崩壊し、ショック死したw

f:id:hgo687:20200803155658j:plain

赤ドクロ「えっ….こいつ、正論言われただけでも死ぬのかよ!? 引くわ…。」

 

 

〜おまけ〜

ラブライブ!とスクスタに興味が無い方は、ここから先はすっ飛ばしてもらっても構いません。

一部、スクスタに関するネタバレがあります。

 

穂乃果ちゃんの誕生日ボイスをスクショするために、スクスタで遊んでいたら、突然こんなお知らせが…。

f:id:hgo687:20200803155934p:plain

…マジですかい!?

ニジガクメンバー及びスクスタの新スクールアイドルに、三船栞子が追加されるとのことです!

本来は穂乃果ちゃんの誕生日祝いで終わらせようと思いましたが、凄く衝撃的な内容だったのでついでに記事にしました。

f:id:hgo687:20200803162924p:plain

三船栞子について…

知らない方の為に、端的に説明します。

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル オールスターズ』のストーリー8章にて、登場したキャラ。(CVは、小泉萌香さん。)

1年生ながら生徒会長に立候補し、様々なボランティア活動を行っている才色兼備な人物。

スクールアイドルを無意味なものと称し、生徒会長になってからはことごとくスクールアイドル同好会を廃部にしようと活動してきた。

f:id:hgo687:20200803162948p:plain

だが、あなた(プレイヤー)の活躍により考えを改め、最終的(17章)にはスクールアイドルに理解を示し、晴れて同好会と和解。

 

何気に、ラブライブ!シリーズ初のグループで10人目のメンバーになります。

…しかし、栞子ちゃんが同好会のメンバーになるなんて、夢にも思わなかったです。

f:id:hgo687:20200803163056p:plain

17章Ver.の「TOKIMEKI Runners」で、栞子ちゃんの3Dモデルが作られていたけど、それは新キャラとして追加される伏線だったのか…。

どうやら2日後の8月5日にガチャで追加されるので、是非とも入手しておきたいですね。

このガチャに関しては、恐らく記事にすると思います。

 

…というわけで、以上です。

穂乃果ちゃんの誕生日祝いをしていたはずなのに、栞子ちゃんの話の方が長くなってしまいましたw

もしも、敗吐が敗吐じゃなかったら…

f:id:hgo687:20200801175107j:plain

Dr.マリオ「………。 次の方、どうぞー。」

f:id:hgo687:20200801175149j:plain

マネキン「先生、助けてください! うちの可愛いペットが、ペットが大変なことに…!!」

Dr.マリオ「ど、どうされました!? 落ち着いてお話ください。」

f:id:hgo687:20200801175345j:plain

マネキン「は…はい。 1時間前、私の飼っているペットが突如としておかしくなってしまったんです。」

Dr.マリオ「おかしく…ですか?」

マネキン「こ、これを見てください!!」

f:id:hgo687:20200801175605p:plain

敗吐?「おい、お前ら!w このサイキョーの俺がカッコいいからって、何見惚れてるッスか?w」

敗吐?「見てもいいッスけど、その代わり見物料100万円寄越せッスwww」

f:id:hgo687:20200801180004j:plain

Dr.マリオ「…ふむ。 見たところ、これは『統合性敗吐障害』といわれる病状ですね…。」

マネキン「せ…先生、これは治るんでしょうか?」

Dr.マリオ「………。」

f:id:hgo687:20200801180351j:plain

Dr.マリオ「…大変申し上げにくいのですが、この病気は兎の脳細胞がどんどん敗吐になっていってしまうもので、未だに対処法が見つかっておりません…。」

マネキン「そ…そんなっ!?」

f:id:hgo687:20200801180656j:plain

敗吐「…さっきから黙って聞いていれば、ふざけるなッス!w このサイキョーの俺のように超カッコ良くなれるんッスから、むしろありがたいと思えッスwww」

f:id:hgo687:20200801180904j:plain

マネキン「先生…、この子はこのまま敗吐のように貧弱な身体になってしまうのでしょうか…?」

Dr.マリオ「いや、特にそういった問題ないですよ? あるとすれば、異性にモテなくなって子供が作れなくなる…くらいですかね。」

f:id:hgo687:20200801181351j:plain

敗吐?「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑モテないという言葉に反応して泣き叫んだ

f:id:hgo687:20200801174314j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑敗吐?の叫びで、もらいゲロならぬもらいショック死したw

f:id:hgo687:20200801181742j:plain

マネキン「ほっ…、それなら安心しました。 先生、お忙しいところをわざわざありがとうございます!」

Dr.マリオ「いえいえ。」

 

こうして、マネキンのペットは敗吐のような性格になってしまったが、死ぬまでマネキンに大切にされたのであった。

ちなみに、敗吐は殺処分されたましたとさ。

 

 

〜おまけ〜

f:id:hgo687:20200801182121p:plain

本日8月1日は、「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクター、高海千歌の誕生日!

千歌ちゃん、お誕生日おめでとう!!

以上です。

ネタフィギュアVSウチの飼い猫 リターンズ!

f:id:hgo687:20200725234546j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回は、ブログ主が飼っているあのにっくきクソ猫に復讐するッスよwww」

敗吐「アイツに力の差を叩き込んで、どちらが偉いか身の程を知らしめてやるッス!w」

f:id:hgo687:20200725234752j:plain

敗吐「思い返せば約一年前、あのクソ猫に勝負を挑んだッスが不覚にも一撃でやられてしまったッス…w だが奴の行動パターンはこの1年間で把握済み、圧倒的に俺の方が勝つに決まっているッスねwwwww」

f:id:hgo687:20200725235010j:plain

敗吐「…という訳で、早速リベンジしに行くッス!w」

 

〜数分後〜

 

f:id:hgo687:20200725235116j:plain

敗吐「ついに来たッスよ、この時が。 あの時の雪辱を果たしてやるッスwww」

f:id:hgo687:20200725235236j:plain

敗吐「…ってお前、額に怪我してるじゃないッスか! ブログ主から聞いたけど、後ろ足で頭を掻き毟るクセがあるって本当だったんッスねw」

※ウチの飼い猫は後ろ足の爪で頭をよく掻き毟るので、頭にしょっちゅう怪我をします。 今は治りかけてきているので、ご心配なく。  

敗吐「弱っている相手に喧嘩を売るのは気が引けるッスが、これも俺のプライドの為…容赦は一切しないッスよ!w」

f:id:hgo687:20200726000139j:plain

クンクン…

敗吐「おっ、やる気ッスか?w この1年間俺はお前をずっと観察してきたッスからね、そう簡単には倒されないッスよwwwww」

f:id:hgo687:20200726000436j:plain

プイッ

スルー

f:id:hgo687:20200725232300j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑スルーされたことにより、ショック死した。

f:id:hgo687:20200726001146j:plain

ヨッシー「あらららら、今回はスルーされちゃいましたかw ライバル視していた相手に無視されるなんて、この上ない屈辱ですね。」

 

余談ですが、あれ(前回)以来ウチの飼い猫に敗吐を見せても噛み付かなくなりました。

ウチの飼い猫にとって、敗吐は所詮その程度の存在なのかもしれませんw

以上です。

バナナシェイクとチョコバナナワッフルコーン

f:id:hgo687:20200717201640j:plain

昨日7月17日、マクドナルドにてミニオンズとコラボしたマックシェイクとワッフルコーンアイスが登場したので、早速買ってきました!

ミニオンの好物がバナナということで、味はバナナにちなんだ味。

ちなみに、マックシェイクSサイズとワッフルコーンのみパッケージが限定のデザインになっています。 (写真のシェイクはMサイズなので、通常のパッケージです。)

 

f:id:hgo687:20200717202554j:plain

敗吐「…というわけで、今回はこの俺がレビューをするッスよwww この俺のサイキョーな食レポっぷりに、感銘を受けるがいいッス!w」

f:id:hgo687:20200717202931j:plain

敗吐「まずは見た目ッス!w シェイクの方はまあまあと言ったところッスが、ワッフルコーンの方はバナナソースがソフトクリームと混じってあまり見映えが良くないッスね…。」

敗吐「…まあそれもこれも、ブログ主の持ち帰り方が下手くそなのが原因だから、大目に見てやるッスか!w」

f:id:hgo687:20200717203637j:plain

敗吐「お次は味ッス!w ここが一番のポイントと言っても過言じゃないはずッスよwwwww」

敗吐「………。」 モグモグ

敗吐「おおっ、これは凄いッス! シェイクの方は凍らせたバナナスムージーを飲んでいるかのような感じッス!w ワッフルコーンの方は、過去にフルーリーで販売されたピカチュウのチョコバナナっぽい味ッスね!w」

敗吐「旨すぎて、いくらでも食べられるッスよwww」

 

〜10分後〜

 

f:id:hgo687:20200717171028j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑アイスクリーム現象が起きて、ショック死したw

 

敗吐の評価

・見た目…△

・味…◎

・頭痛がする…×

総評…クソ

※評価は個人差によるものです。

 

f:id:hgo687:20200718003744j:plain

黒ドクロ「いやいや…頭痛がするって項目、何だよ!? …つーかそれは、お前がアホみたいに冷たい物をバクバク食べるのが原因だろうが!!」

 

 

結論…敗吐の食レポは当てにならない。

マックシェイクのバナナは本当に美味しいので、是非買って飲んでみてください!

以上です。

ゾンビ・エスケープ

f:id:hgo687:20200714082050j:plain

穂乃果「へぇー、これがリアル体感型のゾンビシューティングゲームかぁ…。 VRの世界だけど、まるで現実の世界にいるみたいだね!」

f:id:hgo687:20200714082239j:plain

曜「うわっ、銃もリアル!! 本当に凄いね、このVRゲーム。」

鞠莉「でしょー? 小原グループの技術力を持ってすれば、こんなことBreakfast前デース!」

f:id:hgo687:20200714082702j:plain

海未「…ふむ。 皆さんが持っている銃は…穂乃果がFA-MAS、曜がクリスヴェクター、鞠莉がM16で私がベレッタ92…ですね。」

f:id:hgo687:20200714083712j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ!w」

敗吐「おい、お前ら!w たかだかゾンビゲームで銃を使うとか、軟弱者ッスねwwwww」

f:id:hgo687:20200714084259j:plain

穂乃果「あ! 過去にゴミとして捨てられたのに、ゴキブリのようにしつこく戻ってきた敗吐君だ。」

敗吐「事実だけど、ゴキブリは余計ッス!w」

海未「…また貴方ですか。」

f:id:hgo687:20200714084649j:plain

敗吐「お前ら、本当にクソザコの素人ッスねwww 俺みたいなサイキョーのプロになると、ゾンビ如き素手で充分ッス!w」

f:id:hgo687:20200714085249j:plain

穂乃果「え…いやいや、さすがに素手は危ないよ! それに、銃でゾンビを倒すのがゾンビゲームの醍醐味じゃないの!?」

海未「穂乃果、人の話を聞かない彼に何を言っても無駄です。 無視しましょう。」

f:id:hgo687:20200714085505j:plain

敗吐「はいはい、俺のこと好きに無視しておくがいいッスよw 俺だって、負け犬の戯言を聞いている暇はないッスからねw」

敗吐「…じゃそういうことで、アディオーッス!w」

f:id:hgo687:20200714085717j:plain

曜「行っちゃったね…。」

曜「…ところで鞠莉ちゃん。 このVRゾンビゲームって、素手でゾンビを殴ると何発で倒せるんだっけ?」

鞠莉「えーっと、8発ね。 蹴りだと6発だけど、どちらにせよキルタイムが遅いから銃を使った方が圧倒的に良いわ。」

f:id:hgo687:20200714090022j:plain

穂乃果「…なんだろう、凄く嫌な予感が。」

「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

穂乃果「やっぱり…。」

f:id:hgo687:20200714090611j:plain

曜「ちょっと、様子を見に行ってみよう!」

鞠莉「突撃デース!」

f:id:hgo687:20200714090724j:plain

タッタッタッ…

曜「…ん、あれは。」

f:id:hgo687:20200714090803j:plain

「ウァァァァァァァァァ…。」

穂乃果「敗吐君がマネキンゾンビに襲われてる!!」

f:id:hgo687:20200714090932j:plain

曜「とりあえず、倒さなきゃ! ヨーソロー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20200714091119j:plain

「グガッ…。」 バタリ…

f:id:hgo687:20200714091158j:plain

鞠莉「曜、Niceよ! …しかし、雑魚ゾンビ1体すら倒せないなんて、情けないわねぇーw」

f:id:hgo687:20200714091543j:plain

海未「全くです…。 あれだけ大口叩いておきながらこのザマとは、恥ずかしくないんですかね?」

穂乃果「まあまあ…仕方ないよ、これも敗吐君の宿命なんだから。」

f:id:hgo687:20200714092319j:plain

曜「ところで、コレどうする? 蘇生させた方がいいかな…?」

穂乃果「うーん、どうしよっか?」

海未「流石にこのままにしておくのは良心が痛みますし、不本意ですが蘇生する事にしましょう。」

f:id:hgo687:20200714092815j:plain

曜「じゃあ、(蘇生)やるね。」

蘇生中…

f:id:hgo687:20200714092902j:plain

敗吐「俺、復活ーッス!w」

曜「わわっ!?」

敗吐「お前ら、俺を復活させるとは見どころがあるッスねーw お礼に俺の下僕にしてやるッスよ?w」

f:id:hgo687:20200714093212j:plain

海未「…なるほど、どうやら死にたいようですね?」

f:id:hgo687:20200714093343j:plain

敗吐「ジョークッスよ、ジョーク。 助けてくれた相手に、本気でそんな事思うわけないじゃないッスかw」

海未「………。」

敗吐「お…俺が悪かったッス! もう反抗的な態度も偉そうな態度も取らないッスから、仲間に入れてほしいッス!!」

f:id:hgo687:20200714094358j:plain

穂乃果「…どうする?」

鞠莉「まあ、いいんじゃない…? 足手まといになりそうだけど、最悪おとりにでもすればいいし。」

敗吐「マジッスか!? 俺を仲間に入れてくれるんッスね!w」

f:id:hgo687:20200714094558j:plain

敗吐が仲間になった!

敗吐「…ってことで、これからヨロシクッス!w 泥舟に乗ったつもりで安心してくれッスよwww」

曜「え…泥舟って、全く安心できないんだけど…。」

 

 

…こうして、4人とクソザコ1匹のゾンビゲームが始まるのであった。

続く…かどうかはわからない。