2019年最後の日

f:id:hgo687:20191231163639j:plain

2019「はぁ…今日で2019年も終わりか…。 今年も良いことやな事色々あったけど、これで僕の役目が終わってしまうのは悲しいなぁ…。」

f:id:hgo687:20191231164017j:plain

2020「おっ、どうしたんだ2019よ? そんな感情に浸って。」

2019「あ、2020! …いや実は今日で僕の時代も終わってしまうから、それがちょっと寂しくて…。」

f:id:hgo687:20191231164309j:plain

2020「そうか、そうか。 …なら、後腐れしないように、ひと思いに粉砕してやる!」

10式戦車 デ-ン

2019「ええええええええええ!?」

f:id:hgo687:20191231164535j:plain

2019「ちょちょちょ、ちょっと待ってよ! どうして僕を消そうとするの!?」

2020「うるせぇ、テメェはもう用済みなんだよ! 人間が心地よく新年を迎えられるように、テメェは存在しちゃならねーんだ!!」

2019「そ、そんな…。」

f:id:hgo687:20191231164941j:plain

2020「…というわけで、戦車よ! あの用済みの年…2019を粉々にせよ!」

ド-ン

f:id:hgo687:20191231165045j:plain

ドカ-ン!!

2019「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20191231165131j:plain

2020「2019年、粉砕! …これでようやく、俺様の時代の幕開けってわけだ!」

2020「あーっはっはっはっは!」

 

f:id:hgo687:20191231165421j:plain

………。

「可哀想な2019年。 でも…こうして我々人類は、新しい年を迎えられます。」

「きっと、過去の世界から我々を見ていてくださっているはずだよ。」

「ええ…。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20191231170714j:plain

穂乃果「…何これ!? 穂乃果達は年末に、いったい何を見せられていたの!?」

海未「さあ…?」

 

 

年末だと云うのに、頭のおかしい作品を作ってしまいました…。

…それはともかく、今年一年ありがとうございました!

来年も、このブログをよろしくお願いします!

それでは皆さん、良いお年を!