フィギュライブ!『1』

※この作品は、主にラブライブ!(及びラブライブ!サンシャイン!!)のfigmaを使ったネタ作品です。

今は亡き初期設定やキャラ崩壊、アニメ版や漫画版の設定をごちゃごちゃに取り入れているので、それらが苦手な方はブラウザバックを推奨します。

 

 

第1話「危機一髪!?」

 

f:id:hgo687:20191230161157j:plain

穂乃果「ルンルンルン♪」

ことり「穂乃果ちゃん、今日はやけに機嫌がいいね! 何かあったの?」

f:id:hgo687:20191230161408j:plain

穂乃果「うん! 実は…、花丸ちゃんが静岡のご当地パンの"のっぽパン"を食べさせてくれるって言うから、楽しみなんだー。」

ことり「あはは、穂乃果ちゃんらしいね。」

果南「あのAqours1食い意地の張っているマルちゃんが、他の人に食べ物をあげるなんて意外だなぁ…。」

f:id:hgo687:20191230161929j:plain

「クゥーン…。」

三人「「「ん?」」」

f:id:hgo687:20191230162019j:plain

穂乃果「…あ、ことりちゃん果南ちゃん見て! あそこに犬がいるよ!」

果南「ホントだー。」

ことり「やーん、可愛い…!!」

f:id:hgo687:20191230162242j:plain

果南「ほーらほら、おいでー。」

f:id:hgo687:20191230162428j:plain

果南「…来ないねぇ。 ひょっとして、警戒心が強いのかなん?」

ことり「もしくは、足を怪我しているとか?」

f:id:hgo687:20191230162628j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

三人「…?」

f:id:hgo687:20191230162714j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

ことり「穂乃果ちゃん、大変! フェラーリが物凄い速さで迫ってきてるよ!?」

穂乃果「わわわ、どうしょう!? あの速さじゃ、犬を助け出すことは不可能だよ〜!!」

f:id:hgo687:20191230163041j:plain

果南「私に任せて! 穂乃果ちゃんは、私の鞄をよろしく。」 ダッ

穂乃果「ちょっ、果南ちゃん!?」

ことり「いくらなんでも、危険だよ〜!」

f:id:hgo687:20191230163218j:plain

ガシッ

運転手「えっ?」

果南「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

f:id:hgo687:20191230163323j:plain

穂乃果「ええええええええええ!? そっち!?」

ことり「こういう場合、ワンちゃんを安全な場所まで持っていくのが普通だよね‥?」

f:id:hgo687:20191230163530j:plain

果南「そぉい!」 ブン

ドサ-ッ

運転手「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20191230163627j:plain

穂乃果「嘘…だよね!? 華の女子高生が、自動車を軽々と持ち上げて吹き飛ばすなんて…。」

ことり「(噂には聞いていたけど、果南ちゃんが水ゴリラって言われるのはこういう理由だったんだ…。)」

「クゥーン。」

f:id:hgo687:20191230164033j:plain

穂乃果「…あ、戻ってきた。」

果南「ふぅ…。」 パンパン

f:id:hgo687:20191230164146j:plain

果南「おー、よしよしよしよし。 大丈夫かー、怪我は無かったかなん?」

「ハッハッハッ、ワンワン!」

f:id:hgo687:20191230164333j:plain

ことり「…兎にも角にも、ワンちゃんが無事で良かったぁ♪」

穂乃果「全然良くないよ! 犬は無事かもしれないけど、運転手は大怪我ものじゃん!!」

f:id:hgo687:20191230164538j:plain

運転手「ぐぉぉぉぉぉぉ…。 し、死ぬかと思った…。」

 

第1話、終わり。