フィギュライブ!『9』

第9話「ドッキリ大作戦!」

 

f:id:hgo687:20200226085727j:plain

千歌「よーし、今からみんなにドッキリを仕掛けて行くよー!!」

花丸「おー!」

f:id:hgo687:20200226085802j:plain

花丸「…ところで、千歌ちゃん。 唐突にドッキリなんて考えてどうしたの?」

千歌「よくぞ聞いてくれました! 千歌がみんなにドッキリを仕掛ける理由………それは、みんなの困惑する顔をはっきり見たいから。 …あ、今のはドッキリとはっきりをかけたダジャレで…。」

花丸「…は?」

f:id:hgo687:20200226085827j:plain

千歌「ごめんごめん、…とにかくみんなの困惑する顔が見たいんだって。 小学生の男の子が好きな子にイタズラする、それと同じ感じだよー。」

花丸「うわぁ、畜生ずら…。 …でも、そういうことならマルも協力を惜しまないよ!」

f:id:hgo687:20200226085859j:plain

千歌「ホント!? ありがとう、花丸ちゃん!」

花丸「…で、最初は誰に仕掛けるの?」

千歌「えーっとね、最初は梨子ちゃんから行こうかなって思ってるんだ。 面白い反応をしてくれそうだし!」

f:id:hgo687:20200226085920j:plain

花丸「ふーん…。 それで、ドッキリの内容はもう考えてあるずらか?」

千歌「いや、ドッキリの内容までは考えてないけど。」

f:id:hgo687:20200226085941j:plain

花丸「…だったら、マルに任せてほしいずら! 梨子ちゃんに、とっておきのドッキリを考えてあるんだ♪」

千歌「流石、花丸ちゃん。 仕事が早いね!」

f:id:hgo687:20200226090014j:plain

千歌「…ちなみに、その花丸ちゃんが考えてるドッキリの内容って?」

花丸「マルが考えたのは、本の中身が違うドッキリずら! 簡単に説明すると、本の表紙をすり替えて別の本を渡すってドッキリだよ。」

花丸「梨子ちゃんは壁ドンとか壁クイの本を愛読しているらしいから、本の中身をBL本に変えてプレゼントしてあげるって算段なんだw」

f:id:hgo687:20200226090037j:plain

千歌「凄いよ花丸ちゃん、ナイスアイデアだよ! …ところで、BLって何?」

花丸「千歌ちゃんは知らなくていい世界ずら。」

f:id:hgo687:20200226090120j:plain

千歌「…ま、いっか。 それじゃあ早速、梨子ちゃんにドッキリを仕掛けよう!」

花丸「えいえいおー!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20200226090150j:plain

梨子「ふんふんふーん♪」

f:id:hgo687:20200226090229j:plain

タッタッタッタッタッ…

花丸「おーい、梨子ちゃーん!」

梨子「あら、花丸ちゃんじゃない。 どうしたの?」

f:id:hgo687:20200226090338j:plain

花丸「あのねあのね、いつもお世話になっているお礼にこの本をプレゼントするずら! 内容は、梨子ちゃんの大好きな壁モノのあんそろじー?…って言ったらわかるかな?」

梨子「!?!?」

f:id:hgo687:20200226090706j:plain

花丸「…というわけで、はいどうぞ!」

梨子「わあっ、ありがとう!!」

f:id:hgo687:20200226090757j:plain

梨子「花丸ちゃん! 私、この本ずっと大事にするね!」

花丸「どういたしまして! …じゃあ、マルはこれで失礼するずら。」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20200226090918j:plain

梨子「まさか、花丸ちゃんからサプライズで壁ドンの本を貰うとは思わなかったわね…。 …気になるから、ちょっとだけ読んでみましょう。」

f:id:hgo687:20200226091139j:plain

ペラッ

 

-「俺は建国浩二(たてぐにこうじ)、今日から大企業に就職する新入社員だ! おっといけね、このままでは遅刻してしまう。」

そう思い、俺は近道である公園の道を通ることにした。

その矢先、ふと公園のベンチを見るとブルーベリー色のつなぎを着たいい男の姿が見えた。

いい男「やらないか♂」-

 

f:id:hgo687:20200226092020j:plain

梨子「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

ドサッ

f:id:hgo687:20200226092059j:plain

タッタッタッタッタッ…

千歌「梨子ちゃん、一体どうしたの!?」

花丸「大きな悲鳴をあげて、何事ずら!?」

f:id:hgo687:20200226092240j:plain

梨子「何事ずら…じゃないわよ!! 花丸ちゃん、話が違うじゃない!」

梨子「百合系の壁モノの本かと思って読んだのに、BL本よこれ! 騙したわね!?」

花丸「梨子ちゃん、実はそれ…」

f:id:hgo687:20200226092810j:plain

デッテレ-

千歌「ドッキリ!」

花丸「大成功!」

f:id:hgo687:20200226092912j:plain

梨子「えっえっえっ…? 一体どういうことなの!?」

花丸「どうもこうも、ドッキリだよ。」

千歌「壁モノの本をプレゼントすると見せかけて、実は別の本をプレゼントするっていうドッキリを梨子ちゃんに仕掛けたんだー。」

f:id:hgo687:20200226093256j:plain

梨子「じゃあ、私は2人に弄ばれていたって事!?」

花丸「端的にいうとそうずら。」

f:id:hgo687:20200226093411j:plain

千歌「…というわけで、本の中身が違うドッキリは大成功でした。 イェーイ!」

花丸「では皆さん、次回のフィギュライブ!もお楽しみに!」

f:id:hgo687:20200226093724j:plain

ドン クイッ

梨子「まさか、これで終わろうだなんて思ってないでしょうね? そうは問屋が卸さないわよ。」

千歌「り…梨子ちゃん?」

花丸「か、顔が怖いずら…。」

f:id:hgo687:20200226093906j:plain

梨子「ふふっ、大丈夫よ。 2人には、壁ドンと壁クイの良さを教えてあげるだけだから。」

花丸「い…いえ、結構です。」

千歌「梨子ちゃん、考え直そうよ…ね?」

f:id:hgo687:20200226094134j:plain

梨子「いいえ、駄目です。 自称壁ドン壁クイマスターである私の恐ろしさ、とくと味わわせてあげるわ!」

千歌、花丸「「ひゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ///」」

 

〜3時間後〜

 

f:id:hgo687:20200226142434j:plain

にこ「あー暇ね、なんか面白い事でもないかしら?」

真姫「あのねにこちゃん、面白い事なんてそうそうあるわけないでしょ…。 一体何を求めているのよ…。」

f:id:hgo687:20200226142811j:plain

にこ「あ、真姫ちゃん。 あそこ!」

真姫「何よ?」

f:id:hgo687:20200226143148j:plain

千歌「カベドンコワイ…リコチャンコワイ…。」

花丸「カベクイコワイ…リコチャンコワイ…。」

真姫「な…なんなのよ、これ!?」

f:id:hgo687:20200226143314j:plain

にこ「梨子ちゃん怖い…って、うわ言のように呟いているわね…。 梨子に何かされたのかしら?」

真姫「ああ…なるほど。 どうせこの2人は梨子にイタズラでもして、仕返しされたんでしょ。」

真姫「いつもの事だから、心配しなくてもいいわよ。」

 

第9話、終わり。