フィギュライブ!『14』

第14話「いっぱい食べる君が好き」

 

f:id:hgo687:20200421095256j:plain

穂乃果「いやー、今日もパンがうまい!!」

f:id:hgo687:20200421095445j:plain

花陽「はぁー、お米はいつ食べても美味しいなぁ…。」

f:id:hgo687:20200421095531j:plain

花丸「しあわせずら〜。」

f:id:hgo687:20200421095606j:plain

3人「「「あはははははははは!!」」」

f:id:hgo687:20200421095701j:plain

真姫「貴女達、何やってるのよ…。 練習サボって間食なんてしたら、まーた海未達から怒られるわよ?」

花陽「あ、真姫ちゃん!」

穂乃果「大丈夫だよ、バレなきゃ問題ないんだし。」

f:id:hgo687:20200421100034j:plain

花丸「ところで、真姫ちゃんものっぽパンお一ついかが?」

真姫「い…いらないわよ!!」

f:id:hgo687:20200421100138j:plain

花丸「ううっ、こんなに美味しいのに…。 もしかして、真姫ちゃんはのっぽ嫌いずら…?」

真姫「嫌いじゃないけど…。 …って、そうじゃなくて、私を巻き込まないでって言ってるの!」

穂乃果「…あ、じゃあ穂乃果に頂戴?」

f:id:hgo687:20200421100811j:plain

花丸「うん、いいよ! はいどうぞ!」

穂乃果「ありがとう! それじゃあ、あーむっ。」

f:id:hgo687:20200421100917j:plain

モグモグ…

穂乃果「うん、美味しいっ! 花丸ちゃん、これホント美味しいね!」

花丸「でしょ? これが静岡の誇るご当地パン、のっぽずらー!!」

f:id:hgo687:20200421101256j:plain

花陽「穂乃果ちゃんと花丸ちゃんのイチャイチャシーン、これは素晴らしい物を見せて貰いました! はぁー、眼福ですぅ。」

f:id:hgo687:20200421101651j:plain

真姫「もう、本当にどうなっても知らないわよ!?」

穂乃果「真姫ちゃんは大げさだなぁ…w 何度も言うけど、バレなきゃ大丈夫だって!」

「バレなきゃ大丈夫…ねぇ。」

f:id:hgo687:20200421102025j:plain

果南「3人が中々練習に来ないから心配になって様子を見に来たけど、案の定だったか…。」

f:id:hgo687:20200421102150j:plain

穂乃果「かかかか果南ちゃん!?」

花陽「あわわわわわわわわ!?」

花丸「まずいずら…これは、まずいずら!」

f:id:hgo687:20200421102340j:plain

真姫「果南、丁度良いところに来てくれたわね。 練習サボって間食してるこの3人を、どうにかしてくれないかしら?」

果南「うん、了解!」

f:id:hgo687:20200421102503j:plain

果南「…さてと、3人とも腹ごしらえはしっかり済んだかなん? それじゃあ、42.195km走ろっか!」

 

f:id:hgo687:20200421102625j:plain

花陽「誰か助けてぇぇぇぇぇぇぇ!!」

花丸「やめるずらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

穂乃果「果南ちゃん、思い直して! 流石にフルマラソンは洒落にならないよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

果南「はいはい、寝言は寝て言おうねw」

f:id:hgo687:20200421103236j:plain

真姫「これにて、一件落着ね。」

真姫「…それにしても、女3人をまとめて引っ張って行ける力があるなんて、果南の腕力はどうなっているのかしら?」

 

第14話、終わり。