長座体前屈

f:id:hgo687:20200503165803j:plain

赤ドクロ「ぐぬぬ…。」 プルプルプル…

f:id:hgo687:20200503165859j:plain

赤ドクロ「ッハァ…ハァハァ…。 駄目だ、俺にはこれ以上できねぇ。」

マネキン「はっはっは! 赤ドクロさんよ、前よりも身体が硬くなったみたいだねぇw」

赤ドクロ「うるせぇ、余計なお世話だ!」

f:id:hgo687:20200503170056j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョw お前、長座体前屈もまともにできないんッスか?w」

敗吐「ホント、クソザコナメクジッスねーwww」

f:id:hgo687:20200503170239j:plain

赤ドクロ「んだとテメェ!」

マネキン「まあまあ…。」

f:id:hgo687:20200503170324j:plain

赤ドクロ「…だったら、テメェはできるんだろうな? もし口先だけで出来なかったら、テメェを半殺しにしてやるよ。」

敗吐「もちろんできるに決まってるじゃないッスか!w このサイキョーの俺の実力、見せてやるッスwww」

f:id:hgo687:20200503170627j:plain

ストン

敗吐「…それじゃあ、行くッスよ!w」

f:id:hgo687:20200503170712j:plain

敗吐「それっ!」

ス-ッ

f:id:hgo687:20200503170744j:plain

マネキン「おおっ、敗吐君凄いじゃないか!」

赤ドクロ「嘘だろ…、敗吐のくせに失敗しないとかあり得ない…。 悔しいが、今回はお前が最強だってこと認めてやるぜ。」

f:id:hgo687:20200503170900j:plain

マネキン「それじゃあ、長座体前屈は測り終わった事だし、次は握力測定に移ろっか! 敗吐君、元の姿勢に戻っていいよ。」

f:id:hgo687:20200503171327j:plain

敗吐「…ん、あれ? おかしいッス。」

赤ドクロ「おい、敗吐。 もう終わったんだから、早く元に戻れよ。」

敗吐「た…助けてくれッス!w 何故だか知らないけど、上半身が起こせないッスよw」

赤ドクロ「何っ!?」

f:id:hgo687:20200503171616j:plain

赤ドクロ「しゃーねーな。 俺が起こしてやるから、手しっかり握っとけよ。」

敗吐「あ、ありがたいッス!」

f:id:hgo687:20200503171715j:plain

赤ドクロ「そらよ!」 グイッ

ブチッ

マネキン「…え?」

f:id:hgo687:20200503171810j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

赤ドクロ「は、嘘だろ!? コイツの両手、取れやがった…。」

マネキン「俺、救急車呼んでくる!」

 

 

…こうして、敗吐は病院に搬送された。

医師の診断結果によると、そもそも敗吐の身体は脆くてクソザコすぎるのでこうなったとのこと。

元に戻す方法が無い為、敗吐はあの姿で一生を過ごす羽目になってしまうのであった。

以上です。