フィギュライブ!『15』

第15話「だるまさんがころんだ!」

 

f:id:hgo687:20200515205221j:plain

ダイヤ「…それでは皆さん、今日は童心に帰ってだるまさんがころんだをやりますわよ! 準備は宜しいでしょうか?」

f:id:hgo687:20200515210145j:plain

千歌「準備OKだよー。」

曜「ヨーソロー! 準備万全、であります!」

鞠莉「いつでもWelcomeよ!」

f:id:hgo687:20200515210333j:plain

ダイヤ「…では、始めますわ!」

クルッ

f:id:hgo687:20200515210634j:plain

ダイヤ「だーるーまーさーんーがー」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20200515210844j:plain

ダイヤ「こーろーんーだ!」 バッ

f:id:hgo687:20200515210923j:plain

千歌「………。」 ピタッ

曜「………。」 ピタッ

鞠莉「………。」 ピタッ

f:id:hgo687:20200515211143j:plain

クルッ

ダイヤ「(曜さんはいいとして、千歌さんと鞠莉さんは明らかに舐めプしていますわね…。 だったら!)」

f:id:hgo687:20200515211246j:plain

ダイヤ「だーるーまーさーんーがー」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20200515211341j:plain

ダイヤ「転んだ!」

f:id:hgo687:20200515211421j:plain

曜「………。」 ピタッ

鞠莉「………。」 ピタッ

千歌「えっ…あわわ!?」 ビタ-ン

f:id:hgo687:20200515211548j:plain

ダイヤ「はい千歌さん、ぶっぶーですわ!」

千歌「えー、酷いよ! 途中からペースを上げて喋るなんて…。」

ダイヤ「これも立派な作戦の1つですのよ?」

f:id:hgo687:20200515211726j:plain

曜「ち…千歌ちゃん、大丈夫?」

千歌「へーきへーき。 これくらいなんとも無いよ!」

鞠莉「ちかっち、あとはマリー達に任せて!」

千歌「うん、頑張ってね!」

f:id:hgo687:20200515211944j:plain

ダイヤ「…それでは改めて。」

クルッ

f:id:hgo687:20200515212347j:plain

ダイヤ「だーるーまー」

ソロ-リ…ソロ-リ…

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20200515212510j:plain

ダイヤ「さーんーがー」

鞠莉「(ふふっ、後もう少し…。)」

ソロ-リ…ソロ-リ…

f:id:hgo687:20200515212631j:plain

鞠莉「(今よ!)」 ガハッ

モミモミ

ダイヤ「ころんんんんんんんんんんんんん/// ピギャーッ、一体何なんですのー!?」

鞠莉「Wow! 頭の硬さと違って、ダイヤの胸はマシュマロのように柔らかいわねw」

f:id:hgo687:20200515213149j:plain

曜「ま…鞠莉ちゃん!?」

千歌「どうせこうなるだろうと思った…。」

f:id:hgo687:20200515213333j:plain

鞠莉「I'm victory! マリーの大勝利よ!」

f:id:hgo687:20200515213635j:plain

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

曜「…あれ? なんだかダイヤさんの様子が…。」

千歌「これ、ヤバい事になりそうな気がする…。」

f:id:hgo687:20200515213818j:plain

ダイヤ「まーりーさーんー!! 今日という今日は、絶対に許しませんわぁ!」

鞠莉「な…なによ、軽いジョークだったじゃない。」

ダイヤ「問答無用!」

f:id:hgo687:20200515214230j:plain

ドンガラガッシャ-ン!!

鞠莉「Noooooooooo!!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20200515214416j:plain

曜「…あーあ、酷くやられちゃったね。」

千歌「やれやれ…これじゃあ、W1-1でパックンフラワーにやられたマリオみたいだよ。 鞠莉ちゃんだけに。 …あ、今のはスーパーマリオ小原鞠莉ちゃんの名前をかけたダジャレで…。」

曜「うん、千歌ちゃん絶対それ言うと思った。」

 

第15話、終わり。