CQC

f:id:hgo687:20200905135049j:plain

千歌「ねーねー梨子ちゃん、見て見て! カッコいいでしょー。」

梨子「どうしたの千歌ちゃん? ピストルとコンバットナイフを持って…。」

f:id:hgo687:20200905135223j:plain

千歌「いやーそれがさ、最近アクション映画にハマっちゃって…その中でもCQC(近接格闘)のシーンがカッコ良かったから、マネしてみたくなっちゃったの。」

梨子「へ、へぇー…。」

千歌「そんなわけで、今CQCをしてくれる人を募集なんだ! …誰か私と対戦してくれないかなー?」

f:id:hgo687:20200905135622j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ!w 話は聞かせてもらったッス!w」

敗吐「それなら、このサイキョーの俺が相手になってやるッスwww シロートのお前に、このサイキョーの俺との実力の差を見せつけてやるッスよ!w」

f:id:hgo687:20200905135927j:plain

千歌「うわっ…また出たよ、このハゲウサギ。」

梨子「ホント、しつこいわね…。 でもちょうど良いじゃない、戦う相手が見つかって。」

千歌「えー、でもなぁ…。」

f:id:hgo687:20200905140110j:plain

敗吐「どうしたッス、もしかしてこの俺と勝負することに怖気付いたッスか?w …まあ、このサイキョーの俺が相手じゃビビるのも無理は無いッスねーwww」

千歌「不本意だけど、戦うしかないか…。」

f:id:hgo687:20200905140554j:plain

梨子「それじゃあ、行くよ? レディー…ファイト!」

f:id:hgo687:20200905140640j:plain

敗吐「早速だけど、開幕からチョー本気で行かせてもらうッス!w 喰らえ、スーパーウルトラハイパーミラクルサイキョーマッスルチョーッp…」

f:id:hgo687:20200905140856j:plain

千歌「はぁっ!」

ドゴォ

f:id:hgo687:20200905132700j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20200905141011j:plain

梨子「流石、千歌ちゃんね! …でも、どうして武器は使わなかったの?」

千歌「へ…? …ああ、敗吐相手に武器を使うまでもないかなーって。」

梨子「確かにw」

f:id:hgo687:20200905141137j:plain

「テーンチョッチョッチョ!w お前ら、もしかしてこれで終わりだと思ってるんッスか?w」

f:id:hgo687:20200905141229j:plain

ヒュ-ドロドロドロドロ

敗吐霊「残念だけど、いつものようにタダでやられる俺じゃないッスよwww こんなこともあろうかと、死んでも幽霊になって復活できるように訓練しておいたッスからねw」

f:id:hgo687:20200905141708j:plain

梨子「やっぱり、千歌ちゃんは私のヒーローだわ!」

千歌「えへへ…///」

敗吐霊「さあ、第二ラウンドの始まりッスよ!w 幽霊には格闘攻撃は無効、つまり俺が負けることは100%ありえないッスw」

f:id:hgo687:20200905142135j:plain

千歌「えっ…? ねぇ梨子ちゃん、今この死体喋らなかった?」

梨子「そんなまさか…w ゾンビじゃないんだから、死体が喋るわけないでしょw」

千歌「そ、そうだよねw」

※2人には敗吐霊の姿が見えていません。

f:id:hgo687:20200905133637j:plain

敗吐霊「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑2人に相手してもらえず、寂しさのあまりショック死したw

 

 

薄れゆく意識の中、敗吐はこう思った。

「この俺の存在は、なんてちっぽけなのだろう…。」…と。

以上です。