伝説の走り屋

f:id:hgo687:20201212160910j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今日ついにこのサイキョーの俺は免許を取得し、バイクを買ったッスよwww」

敗吐「…というわけで、最近巷で話題になっている伝説の走り屋とか言うクソザコ野郎に挑戦してやるッス!w」

f:id:hgo687:20201212161130j:plain

???「ほぅ…。 我に戦いを挑むと言うのだな?」

敗吐「は、何ッスかお前は?w …もしかして、お前が伝説の走り屋ッスか?w」

ホース「いかにも。」

f:id:hgo687:20201212161257j:plain

敗吐「だったら、このサイキョーの俺とレースしろッス!!」

ホース「よかろう…。 このホースティング・ホース様と戦える事を光栄に思うが良い!」

f:id:hgo687:20201212161456j:plain

ホース「…では、いざ決戦のレース場へ!!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20201212161943j:plain

ブルンブルンブルン…

f:id:hgo687:20201212162019j:plain

敗吐「…って、お前! 馬のくせにバイクに乗るなんて、おかしいだろッス!w 普通そこは、自分の足で走るのがジョーシキだろッスw」

ホース「たわけが、これはハンデなのだよ。 自分の足で走ったら、君みたいな雑魚は私に勝てないだろうからね。」

ホース「私はね、圧倒的な勝負よりも接戦がしたいのだよ!」

f:id:hgo687:20201212162456j:plain

敗吐「偉そうな事を言いやがって…。 …まあいいッス、このサイキョーの俺相手にハンデをつけた事を後悔させてやるッスからwww」

f:id:hgo687:20201212162607j:plain

3…2…1…

f:id:hgo687:20201212162648j:plain

スタート!

f:id:hgo687:20201212162718j:plain

ブォォォォォォォォン

敗吐「よーし、やってやるッス!w」

ホース「さあ、楽しい楽しいレースの始まりだ!」

f:id:hgo687:20201212162914j:plain

ホース「…ほぅ。 貴様、ただの雑魚キャラかと思ったら、私についてこれるなんて中々やるではないか。」

敗吐「ハン、この俺がいつまでもクソザコキャラだなんて思わない方がいいッスよ?w」

f:id:hgo687:20201212163100j:plain

ホース「ならば、私も少しは本気を出そうではないか! …ドリフト!」

キ-ッ

敗吐「な…何!?」

f:id:hgo687:20201212163301j:plain

キュ-キュルルル-

ホース「…って、あらあら?」 フラフラ

f:id:hgo687:20201212163405j:plain

ドシ-ン!!

ホース「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

f:id:hgo687:20201212163459j:plain

敗吐「プギャーwwwww あれあれどうしたんでちゅかー、ホースちゃん?w」

敗吐「馬鹿みたいにカッコつけるから、そんな目に遭うんッスよwww」

f:id:hgo687:20201212163646j:plain

敗吐「さて、これで俺の勝ちは確定みたいなもんッスねwwwww …ってあれ、ハンドルの操作が全然効かないッス!?w」

f:id:hgo687:20201212163811j:plain

敗吐「お、落ちるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」 ヒュ-ッ

f:id:hgo687:20201212163909j:plain

ドンガラガッシャ-ン

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

…こうして、伝説の走り屋とハゲウサギのレースは、のちに宇宙一マヌケな勝負として後世に伝わってゆくのであった。

以上です。