もしもハゲウサギが瞬間移動を使えたら…

f:id:hgo687:20201219155407j:plain

真姫「………。」

f:id:hgo687:20201219153331j:plain

真姫「…うーん、いないわねー。」

f:id:hgo687:20201219153529j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョw 銀行から奪った金で飯食うのは、最高ッスね!w」

真姫「あっ、見つけた!」

f:id:hgo687:20201219155820j:plain

真姫「海未、400m先3時の方向に目標<ターゲット>発見よ。」

海未「なるほど、あれが今回討伐対象のお尋ね者ですか…。 気づかれない内に、サクッとやってしまいましょうか。」

f:id:hgo687:20201219160004j:plain

海未「ラブアローシュート!!(物理)」 バシュ-ン

f:id:hgo687:20201219160043j:plain

シュン

海未、真姫「「き…消えた!?」」

f:id:hgo687:20201219160142j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww 瞬間移動が使えるようになったこのサイキョーの俺に、スナイパーライフル程度のおもちゃは通用しないッスよ?w」

f:id:hgo687:20201219160310j:plain

真姫「瞬間移動ですって!?」

海未「敗吐のくせにそんな高度な能力が使えるなんて、ありえません…。」

f:id:hgo687:20201219160409j:plain

真姫「このっ!」 バン

f:id:hgo687:20201219160457j:plain

シュン

真姫「また消えた!?」

海未「一体どこに…。」

f:id:hgo687:20201219160601j:plain

敗吐「だから言ってるじゃないッスか、瞬間移動ができるこのサイキョーの俺にそんなおもちゃは通用しないと。 これだから、学習能力のない奴は駄目ッスねwww」

真姫「くっ…。」

敗吐「大人しく負けを認めて、俺に倒されるがいいッスw」

f:id:hgo687:20201219160759j:plain

海未「わかりました、負けを認めましょう。 …ですが、一つ気になった事があるので聞いてもよろしいでしょうか?」

敗吐「そっちの赤髪の女と違ってお前は物分かりがいいッスねw 特別になんでも聞いていいッスよ!w」

海未「瞬間移動できると言いましたが、宇宙にも転移できるのでしょうか?」

f:id:hgo687:20201219161242j:plain

敗吐「もちろんッスよ!w 水星金星火星…なんだったら、太陽にもワープできるッスwww」

敗吐「冥土の土産に特別に見せてやるッス!w」

f:id:hgo687:20201219161403j:plain

敗吐「テレポート!」

真姫「また消えた…。」

海未「どうやら、彼が宇宙空間にも転移できるのは本当のようですね…。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20201219161643j:plain

敗吐「よし、太陽にテレポート完了ッス!w …って、熱イィィィィィィィィ!?」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

こうして、お尋ね者の敗吐は太陽の溶岩に落ちてドロドロに溶けていくのであった…。

以上です。