ハーレム製造機

f:id:hgo687:20210118153215j:plain

黄ドクロ「敗吐の兄貴〜。 頼まれてたハーレム製造機、持ってきましたッス!」

f:id:hgo687:20210118153323j:plain

敗吐「おおでかしたッス、イエロー! 早速、スイッチを入れてくれッス!w」

黄ドクロ「ラジャー!」 ポチッ

f:id:hgo687:20210118153537j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョw これでついに、このサイキョーの俺にも可愛い女の子にモテモテになる時代が来たッスwww」

黄ドクロ「大丈夫かなぁ…。 大抵こういう時って、失敗する気がするッス…。」

「あ、あのー…。」

敗吐

f:id:hgo687:20210118153811j:plain

電「あなたがイケメンの敗吐さんですね? 好きです、付き合ってください!!」

敗吐「こ、こいつは艦娘の"いなづま"って子じゃないッスか!w …もちろん付き合うッスよw」

f:id:hgo687:20210118154012j:plain

暁「ちょっと電! その敗吐は私の彼氏<もの>なのよ、手を出さないでくれるかしら?」

電「あかつきちゃん、寝言は寝て言えなのです。 このイケメンの敗吐さんは、先に告白した電の彼氏に決まっているのです!」

黄ドクロ「この子は同じく艦娘の"あかつき"ちゃんだったッスよね? このハーレム製造機、どんな女の子もハーレムにできるとかヤバいッスね…。」

f:id:hgo687:20210118154850j:plain

敗吐「おいおい、姉妹喧嘩は止めるッス! このイケメンでサイキョーの俺を独り占めしたい気持ちはわかるッスが、俺は恋人全員均等に愛するから仲良くしてくれッスよ?」

暁「わ、わかったわよ…。」

電「は、はいなのです。」

f:id:hgo687:20210118155227j:plain

液体のり「ちょっと待ちなさいよ!」

木工用ボンド「敗吐君、その女達は誰!?」

f:id:hgo687:20210118155405j:plain

黄ドクロ「…いやいや、あんた達こそ誰ッスか!?」

木工用ボンド「見てわかるでしょ!」

液体のり「私達、敗吐の彼女よ!」

敗吐「ちょっ、こんな奴ら知らないッスけど!?」

f:id:hgo687:20210118155623j:plain

キノピオ「あのー、ボクが敗吐さんの彼女って事になりませんかねー?」

暁「いやいや、あなたどう見ても男じゃない!」

f:id:hgo687:20210118155752j:plain

パルキア「ひどいわ敗吐君! テンガン山で私に告白しておきながら、他の女を作るなんて!!」

敗吐「まてまて、俺はテンガン山なんて一度も行ったことがないッスよ!? それに、お前は性別不明のポケモンだろッス!w」

f:id:hgo687:20210118155947j:plain

木工用ボンド「ちょっとあなた!」

液体のり「ドラゴン風情が、敗吐の彼氏面しないでちょうだい?」

パルキア「はあ? 接着剤のあんたらには言われたくないわよ!!」

f:id:hgo687:20210118160150j:plain

キャンディ「みんな馬鹿クル。 ハゲウサギの彼女は、このキャンディって世界が認めているクル。」

黄ドクロ「まーた、ややこしいのが来たッス…。」

f:id:hgo687:20210118160406j:plain

敗吐「お前ら、いい加減にしろッス!w 俺は可愛い女の子のハーレムが作りたかったんッスよ。 なんで、性別不明のポケモンはおろか無機物が俺の彼女面してるんッスか!」

f:id:hgo687:20210118160613j:plain

「わかった…。」

「じゃあ、これ以上の争いを広げない為にも、公平に分けましょうか。」

「「「「「さんせーい!!」」」」」

敗吐「ちょ…ちょっと、分けるってどう言う意味ッスか!?w」

f:id:hgo687:20210118160903j:plain

ドンカンガシャラ-ン

黄ドクロ「あ…兄貴ィィィィィィ!!」

f:id:hgo687:20210118152933j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑彼女候補7名に、顔意外のパーツを分解され持ち帰られた。

f:id:hgo687:20210118153040j:plain

黄ドクロ「兄貴…。 やっぱり兄貴には、ハーレムはまだ早かったッスね…。」

 

 

以上です。