くしゃみ

f:id:hgo687:20210211140941j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回は、あのにっくき恐竜にリベンジするッスよ!w 今回こそはアイツに勝って、このサイキョーの俺の強さを画面の前のみんなに見せつけてやるッスwww」

f:id:hgo687:20210211141235j:plain

黄ドクロ「敗吐の兄貴、俺も準備できたッスよ! …でも、2人だけであの恐竜に勝てるんッスか?」

敗吐「確かに、前回は俺とお前で挑んでボロ負けしたッス…。 だけど今回は新たな仲間を連れてきたから、100パーセント…いや、120パーセント負ける事はありえないッスwwwww」

黄ドクロ「ボロ負けしたってか、こっちが自爆しただけなんッスけどね…。 …というか、新たな仲間ッスか?」

f:id:hgo687:20210211141723j:plain

敗吐「じゃあ、紹介するッス!w マケミ、カモーン!」

f:id:hgo687:20210211141817j:plain

アケミ「呼ばれて飛び出でじゃんじゃーん! マケミだよっ☆」

f:id:hgo687:20210211141911j:plain

アケミ「…って、バイトさん! 私の名前はアケミですよっ! 個体番号"AKE-03"で、アケミ!!」

敗吐「すまんすまん、そうだったッスねw」

黄ドクロ「へぇー、その子メカ少女なんッスねー。」

f:id:hgo687:20210211142355j:plain

敗吐「…それじゃあ、今から恐竜をぶっ倒しに行くッスよー!!」

黄ドクロ、アケミ「おー!!!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20210211142517j:plain

タッタッタッタッタッ…

敗吐「うーん、この辺りにいるらしいんッスけどねー…。」

アケミ「…! バイトさん、前!!」

敗吐「ん、あれは…!!」

f:id:hgo687:20210211142738j:plain

恐竜「ギャオオーン!!」

f:id:hgo687:20210211142940j:plain

アケミ「あれが、バイトさんと黄ドクロさんを倒した強敵…。」

敗吐「見つけたッス!w 今日という今日は、勝たせてもらうッスよwww」

f:id:hgo687:20210211143157j:plain

黄ドクロ「よし、先手必勝ッス!」 ド-ン

f:id:hgo687:20210211143357j:plain

恐竜「ギャオ?」

f:id:hgo687:20210211143518j:plain

ドカ-ン!!

恐竜「グオオオーン!?」

f:id:hgo687:20210211143607j:plain

黄ドクロ「ヒット!」

敗吐「やったッスか!?」

f:id:hgo687:20210211143905j:plain

アケミ「…って、ピンピンしてますっ!?」

黄ドクロ「馬鹿な、このバズーカは戦車を一撃で粉砕できる威力があるはずッスよ!? この攻撃を受けて平然としているなんて、ありえないッス…。」

f:id:hgo687:20210211144246j:plain

敗吐「だったら、今度はショットガンで仕留めてやるッス!w 使用している散弾は改造して同時に70発の弾を放てるようにしたから、確実に致命傷を与えることができるはずッスよwww」

f:id:hgo687:20210211144641j:plain

恐竜「グオ…グオッ…。」

黄ドクロ「…兄貴、なんだか恐竜の様子がおかしいッスよ?」

敗吐「よーし、ならば今のうちに攻撃してy」

f:id:hgo687:20210211144912j:plain

恐竜「グオッグシュン!!!」

f:id:hgo687:20210211144952j:plain

アケミ「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

黄ドクロ「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20210211145040j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑くしゃみの風圧で、全身の皮膚が吹き飛ばされた

f:id:hgo687:20210211145157j:plain

………。

 

 

…こうして、敗吐達は恐竜に無様な敗北を喫するのであった。

以上です。