的当てゲーム

f:id:hgo687:20210227165222j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今から的当てゲームを始めるッスよ!w」

敗吐「ルールは簡単、弾を一発でもこの俺に当たることができればクリア。 逆に制限時間内に一発も当たる事ができなければ、失敗ッス。 もし失敗したら恐ろしい罰ゲームが待っているから、気をつけるッスwww」

f:id:hgo687:20210227165646j:plain

黄ドクロ「それでは、ゲームスタート!!」

f:id:hgo687:20210227165726j:plain

凛「おーし、喰らうにゃー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20210227165936j:plain

カンキンカンカン

敗吐「テーンチョッチョッチョ!w 無駄無駄、このサイキョーの盾がある限りお前らの攻撃は一切通用しないッスwww」

f:id:hgo687:20210227170117j:plain

凛「えー!? もうそれ、一発も当てさせる気ないじゃん。」

敗吐「そうッスよw だって、これは挑戦しに来た奴らに罰ゲームを受けさせるためのインチキゲームッスからwwwww」

凛「くそー…。」

f:id:hgo687:20210227170437j:plain

鞠莉「だったら、これはどうかしら?」 ポン

f:id:hgo687:20210227170512j:plain

敗吐「お前どこ狙ってるんッスか?w 的当て下手くそにも、程があるッスよwww」

鞠莉「…。」

f:id:hgo687:20210227170612j:plain

ヒュ-…

敗吐「…へ?」

f:id:hgo687:20210227170726j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20210227170904j:plain

凛、鞠莉「「イェーイ!」」 タッチ

凛「ナイスだにゃ、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「ふふっ、これがマリーの実力よ。」

f:id:hgo687:20210227171023j:plain

敗吐「ば、爆発物はルール違反だろッス…。」

黄ドクロ「兄貴、グレネードは日本語で"榴弾"…名前に弾が付くから、ルール上は何の問題もないッスよ。」

 

 

こうして敗吐はイカサマゲームを行うも、失敗に終わるのであった…。

以上です。