強盗シミュレーション

f:id:hgo687:20210421215605j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回は、このサイキョーの俺が華麗に強盗をしてやるッスよwww」

f:id:hgo687:20210421215709j:plain

黄ドクロ「ちょっと兄貴、何考えてるんッスか! いくらなんでも、強盗はマズイですよ!!」

敗吐「イエロー、落ち着けッス。 強盗と言っても、リアルの方じゃなくてゲームの世界での強盗ッス!」

黄ドクロ「げ、ゲームッスか? なら、安心ッス。」

f:id:hgo687:20210421215921j:plain

敗吐「…というわけで、今からVRゲームで強盗をするッスよ!w (ゲーム内で)盗んだ金で、カジノとか酒場行って豪遊するッス!」

黄ドクロ「おー!!」

 

VRゲーム内〜

 

f:id:hgo687:20210421220217j:plain

NPC店員「ありがとうございました〜。」

f:id:hgo687:20210421220300j:plain

カランカラン

NPC店員「あっ、いらっしゃ…」

f:id:hgo687:20210421220336j:plain

バン

f:id:hgo687:20210421220423j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 命が惜しかったら大人しくしろッス!!w」

黄ドクロ「全員床に伏せろー!!! 反抗したら、どうなるかわかってるッスよね?」

f:id:hgo687:20210421220616j:plain

NPC客達「「「は、はいぃぃぃぃぃぃ!!」」」

f:id:hgo687:20210421220732j:plain

敗吐「そこのお前、さっさと金を出せッス!w もし警察に通報したり妙な動きをしたら、客の命は無いと思えッスwww」

NPC店員「わ、わかりました!」

f:id:hgo687:20210421220944j:plain

NPC店員「この下の金庫から急いで取り出すので、お待ちください!」

敗吐「よーし、話がわかるやつは嫌いじゃないッスよw」

f:id:hgo687:20210421221137j:plain

黄ドクロ「やりましたね、兄貴!」

敗吐「どうッスか、このサイキョーの俺にかかれば強盗なんてお茶の子さいさいッスwwwww」

NPC店員「お待たせしました…。」

敗吐「おっ、どうやら金を集め終えたみたいッスねw」

f:id:hgo687:20210421221304j:plain

ガタン

NPC店員「これがそのお金です…とでも言うと思ったか! くたばれ、このクソッタレ強盗め!!」

f:id:hgo687:20210421221645j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス! こんな事して、ただで済むと思ってるんッスか!」

黄ドクロ「兄貴、あれはベルギーのミニミ機関銃ッスよ! 拳銃で勝てる相手じゃないから、ここは逃げましょうッス。」

f:id:hgo687:20210421222001j:plain

NPC店員「逃すかよぉ、地獄に落ちろ!」 ズダダダダダダ

f:id:hgo687:20210421222336j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!

黄ドクロ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

f:id:hgo687:20210421222504j:plain

バタリ… バタリ…

f:id:hgo687:20210421222604j:plain

NPC店員「…ふぅ、つい熱くなってしまったぜ。」

f:id:hgo687:20210421222713j:plain

NPC客達「おおー!!」 パチパチパチパチ

 

 

こうして、敗吐達の(ゲーム内での)強盗計画は失敗に終わるのであった…。

以上です。