リトルアーモリー Gr G11

f:id:hgo687:20210425112605j:plain

今回はトミーテックより発売された、新作リトルアーモリーの「Gr G11」を購入したので紹介したいと思います。

本商品は、ドールズフロントラインとのコラボ商品のようです。

 

なお、G11(ゲーヴァアエレフ)はH&K社が開発した西ドイツのアサルトライフルで、ケースレス弾という薬莢の無い弾薬を使うのが特徴的な銃とのこと。

薬莢が無いので発砲後の空薬莢の処理が必要なく、さらに薬莢が無い分重さが軽くなるので携行しやすいというメリットがあります。

しかしそれを上回るデメリットがあり、薬莢が無い事が仇となって少しでも湿気ると威力半減…あるいは撃てなくなり、おまけに銃弾は専用の弾薬なのでコストも高くなってしまい、挙げ句の果てにリロードに手間がかかる…。

そんな経緯があってG11は(冷戦終結に伴う予算削減の影響もあって)生産中止になってしまい、ごく一部の部隊にしか配備されなかったそうです。

f:id:hgo687:20210425115458j:plain

…と話が逸れてしまいましたが、セット内容はこんな感じです。

組み立て説明書にランナー、そしてドルフロコラボのイラストカードが付属しています。

f:id:hgo687:20210425121834j:plain

そして、これが完成品です!

銃本体にマガジンが3つ、コッキングダイヤルの起倒2種類が出来ます。(ちなみに、マガジンとコッキングダイヤルは銃本体に1つずつ取り付けています。)

f:id:hgo687:20210425122322j:plain

また、ストック部分を取り外すと本銃の特徴である前後に動く内部機構を見ることも可能です。

銃のメンテナンスをするシーンには使えそう?

f:id:hgo687:20210425123116j:plain

…とりあえず、いつもの如くリトアモのキャラの朝戸未世ちゃんに持たせてみました!

カッコいいのはカッコいいのですが、女性キャラのフィギュアだとストック部分が邪魔になりやすく上手く持たせられませんでした…。

f:id:hgo687:20210425123603j:plain

またスコープ部分は取り外し可能なので、こういう風にスコープなしのG11にすることもできます

 

…これにて、レビューは終わりです。

銃の形状が近未来っぽいデザインなので、SFチックな写真を撮る時にはピッタリかなと思います。

以上です。