かくしごと

f:id:hgo687:20210518235243j:plain

メイドさん「うぅ、こんな事になってしまうなんて…。」

f:id:hgo687:20210518235328j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww お前は、このサイキョーの俺の知ってはならない秘密を知ってしまったッス。」

敗吐「だから、ここでお前を処刑するッスよ!」

f:id:hgo687:20210518235457j:plain

メイドさん「くっ、殺すならさっさと殺せ!」

敗吐「抵抗するかと思っていたけど、案外潔いんッスね。 だったら、お望み通りあの世へ送ってやるッス!」

f:id:hgo687:20210518235701j:plain

黄ドクロ「兄貴、やめてくださーい!!」 ガシッ

敗吐「黄ドクロお前何をするッス、離せッス!」

黄ドクロ「いいや、離さないッスよ! 秘密を知られたからって、何も殺す事はないじゃないですか!!」

f:id:hgo687:20210518235855j:plain

敗吐「うるさいッス!」 ドン

黄ドクロ「うわぁ!」

f:id:hgo687:20210518235944j:plain

黄ドクロ「兄貴…なんで…。」

敗吐「これは俺のプライドがかかっている問題なんッス! この秘密を知られたら、俺はとてつもない恥を晒す事になってしまうッス。」

敗吐「だから…邪魔をするなら、黄ドクロお前も一緒に片付けてやるッスよ!」

黄ドクロ「敗吐の兄貴…。」

f:id:hgo687:20210519000248j:plain

敗吐「…さてと、待たせたッスね。 このサイキョーの俺の秘密を知ったお前には、今すぐにあの世へ旅立ってもらうッス。」

メイドさん「………。」

f:id:hgo687:20210519000411j:plain

敗吐「Good night!」 カチッ

………。

カチッ、カチッ

f:id:hgo687:20210519000519j:plain

敗吐「…あれ? おかしいッス、マガジンには弾が全部入っているはずなのに…。 故障ッスか?」

f:id:hgo687:20210519000843j:plain

敗吐「ちょっと銃口を覗いてるッス…。」 カチッ

バン

f:id:hgo687:20210518233832j:plain

敗吐「テンチオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20210519001108j:plain

黄ドクロ「兄貴…銃口を確認する時は、せめてセーフティーをロックしましょうよ…。」

 

 

こうして、敗吐は自身の秘密を知ったメイドを口封じしようとしたが、失敗し全国に醜態を晒してしまうのであった。

 

〜おまけ〜

f:id:hgo687:20210519001439j:plain

シュルシュル

黄ドクロ「…これでよし、っと!」

f:id:hgo687:20210519001518j:plain

メイドさん「はぁ…助かった。 …あ、そうでした、助けていただきありがとうございます!」

黄ドクロ「いえいえ、そんな! 当然の事をしたまでッスよ。」

f:id:hgo687:20210519001724j:plain

黄ドクロ「…ところでメイドさん、兄貴の秘密ってなんなんですか?」

メイドさん「たぶん、あれの事でしょうか? その…ベッドの下に小○生や中○生の女の子がいかがわしい事をされてる…卑猥な本がありました。」

黄ドクロ「…つまり敗吐の兄貴が秘密にしたかったのは、ロリコンだったって事ッスか!?」

 

以上です。