射撃バトル

f:id:hgo687:20210720150021j:plain

「やぁ、画面の前のみんな! ボクは的…だけどただの的じゃない、超頑丈な的さ!」

「このボクを撃ち抜ける人がいたら、ぜひともお相手願いたいものだね。」

f:id:hgo687:20210720150444p:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョ、的のくせに調子に乗るのもそこまでッスよ!w なぜなら、このサイキョーの俺がお前を粉砕してやるッスからねwwwww」

f:id:hgo687:20210720150638j:plain

敗吐「さあ、覚悟しろッス!w」

黄ドクロ「兄貴〜、やっちゃってくださいッス。」

f:id:hgo687:20210720150852j:plain

「お笑いハゲウサギが、このボクに勝てるかな?」

敗吐「攻撃もできないザコのお前に、負けるわけないじゃないッスかwww」

f:id:hgo687:20210720151143j:plain

黄ドクロ「兄貴、カウントダウン始めるッスよ!」

敗吐「おう!」

黄ドクロ「発射よーい! 3…2…1…」

f:id:hgo687:20210720151307j:plain

黄ドクロ「撃てー!!」

カチッ

f:id:hgo687:20210720151455j:plain

ドン

f:id:hgo687:20210720151521j:plain

黄ドクロ「ええええええええええええ!? そっちが発射されるんッスか!?」

f:id:hgo687:20210720151604j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョ、驚いたッスか?w まさか、ロケット弾じゃなくて頭が発射されるなんて誰も夢にも思わないッス。」

敗吐「ちなみに、この技は自分の頭をロケットにして飛ばし、俺自身のパワーをそのままダメージとして与える技ッス!w ロケットパンチならぬ、ロケットヘッドバットってところッスかね?w」

f:id:hgo687:20210720152233j:plain

「うわぁ、きた!」

敗吐「…さあ、このサイキョーの俺の頭突きを喰らって粉々になるがいいッス!w」

f:id:hgo687:20210720152344j:plain

ドカ-ン!!

f:id:hgo687:20210720152436j:plain

………。

「…あれ? なんともない。」

f:id:hgo687:20210720152516j:plain

黄ドクロ「そうか、兄貴のパワーは0…よって、与えるダメージも0ってわけッスか…。 ううっ、兄貴…自分のパワーくらい把握しておいてくださいよ…。」

 

 

こうして、敗吐はただただ無意味な自滅をするのであった…。

以上です。