千歌誕!!!2021

f:id:hgo687:20210801005827p:plain

高海千歌ちゃん、お誕生日おめでとう!!

Aqoursでは曜ちゃん推しの僕ですが、何故か曜ちゃんの誕生日は祝わずに、千歌ちゃんの誕生日は祝っちゃうんですよね。 (基本、推しの誕生日を祝うのが普通。)

 

f:id:hgo687:20210731190645j:plain

敗吐「…というわけで、今回はトクベツにこのサイキョーの俺が祝ってやるッスよ!w もちろん誕生日プレゼントも用意したから、楽しみにしてくれッスwww」

f:id:hgo687:20210731191259j:plain

千歌「ホントに!? 嬉しいなぁ〜。」

梨子「待って、千歌ちゃん! 相手はいつも悪巧みをしているハゲウサギなのよ、何か裏があるに違いないわ…。」

f:id:hgo687:20210731191505j:plain

敗吐「…チッ、バレてしまっては仕方がないッスねw」

f:id:hgo687:20210731192251j:plain

敗吐「その通りッス、誕生日プレゼントと称してこのダイナマイトをプレゼントするつもりだったんッス!w そして浮かれたお前が爆発に巻き込まれて、マヌケな姿で吹っ飛んでいくのを拝むのが目的ッスwwwww」

梨子「やっぱり…。」

千歌「そんな…、祝ってくれるって嘘だったの…?」

f:id:hgo687:20210731192648j:plain

敗吐「バーカ、嘘に決まってるじゃないッスかwww …さて、お喋りはここまでにしてお前らにはこのダイナマイトで吹っ飛んでもら…」

f:id:hgo687:20210731192851j:plain

ドカ-ン!!

f:id:hgo687:20210731193032j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

キラ-ン

f:id:hgo687:20210731193117j:plain

千歌「馬鹿だねぇw」

梨子「マヌケな姿で吹っ飛んだのは、とうやらあなたの方だったみたいねw」

 

以上です。