前衛的エロスティック

f:id:hgo687:20210913073154j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョwww 今日という今日は、思う存分に暴れてやるッス!w」

f:id:hgo687:20210913073306j:plain

ダイヤ「またあのハゲウサギはよからぬ事を企んでいますわね…。 仕方がありません、調子に乗るとどうなるか思い知らせてあげますわ!」

敗吐「は?w このサイキョーの俺に盾突く気ッスか?w やれるもんなら、やってみろッスwww」

f:id:hgo687:20210913073624j:plain

ダイヤ「わかりました。 ならば、その身を持ってしっかりと反省してくださいませ。」 スッ

f:id:hgo687:20210913081947j:plain

ダイヤ「はぁっ!」

シュバッ

敗吐「何ッスか今の、攻撃ッスか?w そんなひ弱な攻撃、痛くも痒くもなんともない…」

f:id:hgo687:20210913073924j:plain

バララ…

敗吐「え?w」

ダイヤ「…ふう、またつまらぬものを切ってしまいましたわ。」

f:id:hgo687:20210913074142j:plain

敗吐「いや〜ん、エッチぃ〜。 ちょっと画面の前の男子、ジロジロ見ないでッス///」

f:id:hgo687:20210913074304j:plain

ダイヤ「…ぴぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!? 気絶させようと思っただけなのに、どうして服だけ弾けとんでますのー!?」

ダイヤ「破廉恥ですわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

f:id:hgo687:20210913074741j:plain

猫「ギニャーーーーー!! 目が腐るニャァァァァァァァァァァァ!!」

村人「ぅおぇ…、見たくないものを見てしまったわい…。 …というか、こういうのって普通女の子の服が弾けとぶのかテンプレじゃないのか?」

f:id:hgo687:20210913075000j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w 目が腐るとか失礼にも程があるッスよ!!」

敗吐「それに、女の裸なんて見てもしょーもないッス!w 見るならやはり、このサイキョーのパーフェクトボディを持つ俺の裸じゃないと!」

村人「ひっ、近づいてくるんじゃない!」

猫「あっちいけニャ!」

f:id:hgo687:20210913075358j:plain

ダイヤ「はぁはぁ…、この状況いったいどうしたら…。」

「ブヒヒーン!」

f:id:hgo687:20210913075453j:plain

敗吐「…ん?w 何ッスか?w」

f:id:hgo687:20210913075520j:plain

馬「ハァハァ/// ボ…ボク好みの可愛い子なんだな…。」

馬「コホン。 そ、そこの真裸のカワイ子ちゃん…いや運命のハニー、ボ…ボクと結婚してほしいんだな///」

敗吐「なななんだコイツ、やばすぎるッス…。 俺の直感が危険を察知したから、とりあえず逃げるッスよ!」

f:id:hgo687:20210913080028j:plain

馬「待ってよハニー、ボクと一生を添い遂げようよ〜。」

バカラッパカラッパカラッ

敗吐「ちょっおま、追いかけてくるんじゃないッス!」

タタタタタタタタ

f:id:hgo687:20210913080229j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

村人「なんじゃったんじゃろうな、あの馬は。」

ダイヤ「…さあ?」

 

 

こうして、敗吐は馬に一生追いかけられるのであった。

以上です。