ハロウィンの悪夢再び!

f:id:hgo687:20211024194801j:plain

敗吐「はあ〜今日はハロウィン当日、どんな仮装をしようか悩むッスねーwww」

f:id:hgo687:20211024194903j:plain

「うひゃー!!」

敗吐「…ん?何ッスか?w」

f:id:hgo687:20211024194945j:plain

trick or treat!」

trick or treat!」

trick or treat!」

trick or treat!」

trick or treat!」

trick or treat!」

黄ドクロ「敗吐の兄貴〜、なんか変なのに追いかけられてるッス〜。 助けてくださいッス!!」

敗吐「あれは…一年前、俺の皮を剥いで骨だけにした白い悪魔じゃないッスか!!!」

f:id:hgo687:20211024195325j:plain

ガシッ

黄ドクロ「兄貴、あの変なのの正体を知ってるんッスか!?」

敗吐「俺もくわしくは知らないッスけど…あの謎の白いのはハロウィンの日に現れてお菓子を要求して、あげなかったら皮を剥いで骨だけにするいうイタズラを行う悪魔ッス!w」

黄ドクロ「それはヤバいッスね…。」

f:id:hgo687:20211024195652j:plain

「「「「「「trick or treat!」」」」」」

黄ドクロ「ひいっ、もう駄目だ! 俺達はこの変な物体に皮という皮を剥がされ、骨だけの存在になってしまうんッス…。」

敗吐「おい、お前は元から骨だけの存在だろッス!w」

f:id:hgo687:20211024195933j:plain

敗吐「…ま、そんな事はともかく、こんなこともあろうかと俺はキューキョクの奥義を覚えてきたから安心するがいいッス!w」

黄ドクロ「ホントッスか!? 兄貴、あんな奴らやっちゃってくださいッス!」

f:id:hgo687:20211024200223j:plain

敗吐「ついに、あの謎の白達に復讐する時が来たッスw 行くッスよ、究極奥義発動!」

f:id:hgo687:20211024200349j:plain

ザシュザシュザシュザシュザシュ

f:id:hgo687:20211024200454j:plain

シュタッ

敗吐「…どうッスか?w これが、このサイキョーの俺のキューキョクの奥義ッスwwwww」

f:id:hgo687:20211024200627j:plain

「「「「「「………。」」」」」」

黄ドクロ「兄貴、全然効いてないじゃないッスか!!」

f:id:hgo687:20211024200722j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w このサイキョーの俺のキューキョクの奥義でダメージがないとかありえないッス!w」

敗吐「…なーんちゃって、この奥義の真骨頂はダメージを与えるのが目的じゃないッスよwwwww」

黄ドクロ「え…どういう事ッスか?」

f:id:hgo687:20211024201057j:plain

ドカッバシッドゴッ

黄ドクロ「…あれ? あいつら、味方どうしで攻撃しあってるッスよ!?」

f:id:hgo687:20211024201235j:plain

「「「「「「batankyuuuuuuuuu!!」」」」」」

黄ドクロ「あっ、全滅した…。」

f:id:hgo687:20211024201402j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョッチョwww これが、この奥義の真の効果ッス!w」

敗吐「この奥義は敵全体にダメージを与えた後、命中した敵に耐性ダウンのデバフをかけ、さらに特殊な混乱状態にさせるッスw この奥義があれば、このサイキョーの俺が負けるなんて事絶対にありえな…」

f:id:hgo687:20211024185716j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

黄ドクロ「兄貴!? どうしたんッスか!」

f:id:hgo687:20211024201820j:plain

黄ドクロ「ちょっと奥義の説明を見てみよう…。」

 

・奥義 チョーキモラッシュ

敵全体に自身の攻撃力の50%のダメージを与え、命中した敵の物理耐性、魔法耐性、元素(属性)耐性を10秒間75%ダウンさせる。

また、敵は使用者の気持ち悪い姿を見たことにより精神が崩壊し、混沌状態になる。

混沌状態の付与は必中で、この状態中は味方がいる場合必ず味方を攻撃するようになる。

この奥義の使用後自身および味方が10秒以内に敵を一体も撃破しなかった場合、使用者は戦闘不能になってしまう。

 

f:id:hgo687:20211024202424j:plain

黄ドクロ「…はぁ、やっぱり兄貴は兄貴だったッスね。」

黄ドクロ「それにしてもこの奥義、めちゃくちゃ強い反面かなりリスキーな性能なんッスね〜。」

 

 

…こうして、敗吐は仮装できないままハロウィンが終わるのであった。

以上です。