目と目が逢う瞬間…

f:id:hgo687:20211031234828j:plain

にこ「………。」

敗吐「……。」

f:id:hgo687:20211031234939j:plain

目と目が逢う〜

f:id:hgo687:20211031235009j:plain

敗吐「瞬間好きだと気づ〜いた〜♪」

f:id:hgo687:20211031235307j:plain

真姫「んなわけないでしょ。 あんたなんかがにこちゃんに釣り合うわけないわ、身の程をわきまえなさい!!」

ポカッ

敗吐「テンチョオ!!!」

f:id:hgo687:20211031235641j:plain

にこ「…やれやれね。 あんた達、目と目が合ったらポケモンバトルでしょ!」

敗吐、真姫「…はい?」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20211102152614j:plain

スクールアイドルの にこが 勝負をしかけてきた!

f:id:hgo687:20211102152654j:plain

にこ「行きなさい、トゲキッス!」

f:id:hgo687:20211102152727j:plain

トゲキッス「トゥーッス!」

f:id:hgo687:20211102152753j:plain

敗吐「くそー、ポケモンバトルッスか…。 仕方ない…ヌケニン、出番ッスよ!w」

f:id:hgo687:20211102152836j:plain

ヌケニン「………。」

f:id:hgo687:20211102152902j:plain

敗吐「先手必死ッス!w この間覚えたチョー強そうなワザを受けてみろッスwwwww」

f:id:hgo687:20211102153000j:plain

ヌケニンの いのちがけ!

真姫「はあ? ヌケニンでいのちがけって馬鹿じゃないの!?」

敗吐「馬鹿とは何ッスか!w」

 

・いのちがけ タイプ:かくとう

使用したポケモンの現在の残り体力を0にし、その数値分と同じダメージを相手に与える。

f:id:hgo687:20211102153141j:plain

ポコポコポコ

f:id:hgo687:20211102153742j:plain

………。

敗吐「おい、ふざけるなッス! チョー強そうなワザだと思ったのに、全然相手を倒せてないじゃないッスか!w」

にこ「あんたアホなの? ヌケニンのHPはどんなに育てても1固定、つまり…相手に1ダメージ与えて自滅する残念なワザなのよ。」

f:id:hgo687:20211102154040j:plain

ヌケニンは 倒れた!

f:id:hgo687:20211102152254j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑めのまえがまっくらになったw

 

 

こうして、敗吐のプロポーズは失敗に終わるのであった…。

以上です。