フィギュアdeバトル Part2

f:id:hgo687:20211130212112j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回もフィギュアdeバトルの時間ッスよ!w」

敗吐「今日こそはこのサイキョーの俺が華麗なプレーで勝利をもぎ取ってやるから、是非見てくれッスwww」

 

説明しよう!

フィギュアdeバトルとは、家にあるフィギュアを使ってPVPやレース等色々なバトルを繰り広げる新シリーズだ!

基本的なルールとして、参加者の1人は必ずフィギュアである事、魔法や舞空術を使って空を飛ぶのは禁止。

ただし、作者の気分次第で打ち切りになるかもしれないのであまり期待はしないでください。

f:id:hgo687:20211130212619j:plain

今回のステージ…コンテナの足場

ルール…PVP(参加者全員が自由に武器を持って戦い、力尽きたりエリアの外に出たら負け。 最後まで生き残っていたフィギュアの勝利となる。) 

〜〜〜〜〜 

f:id:hgo687:20211130212759j:plain

敗吐「今回の参加者は、前回と同じ3人ッス!w …それじゃあ、始めるッスよwww」

黄ドクロ「OKッス!」

侑「今日は勝つ!」

f:id:hgo687:20211130212945j:plain

敗吐「3…2…1…」

f:id:hgo687:20211130213214j:plain

敗吐「スタート!」

ザシュ

黄ドクロ「え?」

f:id:hgo687:20211130214200j:plain

ピシャ-ン!!

黄ドクロ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョw またこの手にやられるなんて、不甲斐ないッスねぇーwwwww」

f:id:hgo687:20211130214338j:plain

侑「まーた、前回と同じズルをしてるよ…。 そんなにズルをして何が楽しいのさ?」

f:id:hgo687:20211130214503j:plain

敗吐「これだからお子ちゃまは…w ズルやインチキをすれば、ほぼ相手より優位に立てるんッスよwww」

侑「はぁ…、聞いた私が馬鹿だった。」

f:id:hgo687:20211130215116j:plain

黄ドクロ「兄貴ィィィィィィィィ!! またインチキして許さないッスよ!」

ブン

敗吐「!」

f:id:hgo687:20211130215233j:plain

敗吐「おっと!」

ガキン

黄ドクロ「なっ…!?」

f:id:hgo687:20211130215314j:plain

ピシャ-ン!!

黄ドクロ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

敗吐「このサイキョーの俺が、その程度の攻撃に気づかないと思っていたッスか?w」

f:id:hgo687:20211130215538j:plain

黄ドクロ「くそっ、体力が…あと少ししかない…ッス。」

f:id:hgo687:20211130215647j:plain

侑「よーし、今だ!」

バシャァァァァァァァァ

f:id:hgo687:20211130215821j:plain

敗吐「おいお前、よくもやりやがったッスな!? この雷鳴斬刀の追撃はその傘でもガードできないのに、喧嘩を売るとどうなるかわかってるんッスか?w」

侑「ちっちっち、私がそんな軽率に行動するわけないじゃん。 こっちにも作戦があるんだYO!」

敗吐「へぇー、どんな作戦か見てみたいッスねw」

f:id:hgo687:20211130220119j:plain

黄ドクロ「ふん!」

ブン

f:id:hgo687:20211130220212j:plain

敗吐「おっと!」サッ

黄ドクロ「なっ…避けられた!?」

f:id:hgo687:20211130220309j:plain

侑「あ、ヤバ…。」

ドゴォ

f:id:hgo687:20211130220342j:plain

侑「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20211130220422j:plain

ドサッ

侑「あーあ、作戦失敗。 エリアの外に出ちゃったから、負けかぁ…。」

………。

侑「…って、あれ?負けてない?? もしかして、このドラム缶の上もエリア内って事なのかも…。」

f:id:hgo687:20211130220720j:plain

敗吐「テーンチョッチョッチョッチョ、なるほど…そういう事ッスか!w あの女の作戦は、俺があいつに気を取られている隙に黄ドクロに倒してもらう作戦ッスねw」

敗吐「そんな作戦が、このサイキョーの俺に通用するとでも思ったッスか???w」

黄ドクロ「駄目だ…。 今日の兄貴、尋常じゃなく強すぎるッス…。」

f:id:hgo687:20211130221055j:plain

侑「えいっ!」

バシャァァァァァァァァァァ

敗吐「おい、誰ッスか!w せっかく煽っているのに、水を差した奴は!?」

f:id:hgo687:20211130221733j:plain

侑「このドラム缶、遠距離武器だと凄くいいポジションかも!! これはもう勝ち確だね!」

f:id:hgo687:20211130221835j:plain

敗吐「おい待て、あそこでせこせことこっちに撃ってくる卑怯者がいるッスよ!w」

黄ドクロ「このままだと漁夫られる可能性があるッスね…。 兄貴、ここは一時休戦ッス!」

敗吐「そうッスね、俺達サイキョーコンビの力をあの女に見せつけてやろうッスwww」

f:id:hgo687:20211130222249j:plain

敗吐「突撃ー!!」

黄ドクロ「うおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

侑「来た!」

f:id:hgo687:20211130222406j:plain

ツルン

敗吐「…あっ。」

f:id:hgo687:20211130222452j:plain

ドタ…ドタ…

黄ドクロ「ちょっ、兄貴ィィィィィィィィ!?」

敗吐「スマンッス、ちょっと足が滑って…。」

f:id:hgo687:20211130222558j:plain

ヒュ-

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

黄ドクロ「兄貴のドアホー!!」

f:id:hgo687:20211130222827j:plain

侑「ええ…2人とも落下しちゃったよ…。」

敗吐、黄ドクロ、脱落…

f:id:hgo687:20211130222932j:plain

勝者、高咲侑!

 

Part2終わり。